トップページ | “貧乏ヒマ無し”ってホンマやね »

2006/01/22

野球の道具

今日から、ココログでもブログはじめることになりました。
去年の10月から、他でもウェブログを書いていますが、気楽に何でも書いてみたいと思ってはじめました。

先日、淀屋橋にあるミズノ大阪店に行きました。かつて野球をしていたこともあり、タイガースの試合を見ていても、やはりグローブやバットに目がいってしまいます。

そこで、たまたま通りかかったので、ひょいと店に入りました。野球をしていたときは、ローリングスのグローブを使っていたので、ミズノにそれほど愛着があるわけではありません。ちなみにローリングスのサイトは、商品の入れ替え中だということでした(2006.1.22現在)。

最近のグローブは、色やデザインが以前と変わって「かっこええなあ」と思っていたので、どんなデザインがあって、いくらぐらいするのかを見に行ったというわけです。

外野をやっていたこともあり、硬式用外野手のグローブを手にとってみました。

SH_2gw28907_00_c2df

僕は、手を開くと親指から小指までが25センチあるので、飾ってあるグローブは小さく、窮屈なものばかりでしたが、やはり皮のにおいや手触りを楽しんでいると、欲しくなってしまいました。

その他、木製バットを握ってみたり、ボールをつかんだりしていると、久しぶりに野球をやっていたころを思い出しました。

野球をやっていた20年前は、練習がつらいと感じることが多く、しんどい練習をさせたり、ケツバットをする監督を殴る夢をみたことも1度や2度ではありません。

しかし、夢の中では、パンチに腰が入らない感覚があり、何回殴っても監督がすぐに立ち直ってくるので、夢から覚めると余計にストレスがたまりました。

商品の値段を見てみると、グローブは4万円、バットは1万2千円。

値札をじっくり見て、野球をやらせてくれた両親に改めて感謝したのでした。

|

トップページ | “貧乏ヒマ無し”ってホンマやね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野球の道具:

トップページ | “貧乏ヒマ無し”ってホンマやね »