« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

サンバからサンタナまで

リオのカーニバル、佳境に=精鋭サンバチームが競演

20060227-04289461-jijp-int-view-001  【サンパウロ26日時事】ブラジル・リオデジャネイロ市中心部のサンボドロモ(サンバ競技場)で26日夜、カーニバルのメーンイベントである精鋭チームによるサンバの競技パレードが始まった。今年の出場チームは14チーム。1チームは数千人で構成され、28日明け方までの2日間で行進の華麗さや色とりどりの衣装、山車の出来栄えを競う。
 リオ観光当局は、カーニバル期間中の内外からの観光客を約70万人、経済効果を約600億円と見込んでいる。 
(時事通信) - 2月27日13時0分更新

















CAR-RIO3 一度は、行ってみたいリオのカーニバル。

豪華絢爛な衣装あり、











rio003 リオの海岸で見かけるトップレスあり。










carnival_sight4 こういうシチュエーションも、いいですねぇ^^;






















ここまでいきませんが、サンバショーが楽しめるレストランが大阪の心斎橋あります

実は、もう、3、4回ぐらい行きました。
ブラジル料理をいただき、ブラジルから来ているサンバチーム「エスコーラ・デ・サンバ・ブラジル」によるショーでは、肌もあらわなスタイル抜群のダンサーたちと一緒に踊って楽しみました^^

女性のお客さんもおられました。

そしてショーの最後には、本場のサンバ音楽が流れてきます。
音楽は、ドラムの重厚で粘っこいリズムに歌のみでシンプルですが、レストランの人によるとブラジルの人なら誰でも歌える心の歌なのだと聞きました。

ダンサーたちは文字通りの豪華絢爛な衣装で登場してきて、あのステップを踏みながら腰を振って踊ります。
日本にいながらにして本格的なサンバショーを味わえる数少ないスポットだと思います。


santana ブラジルといえばサンバのほかにも、ボサノバで『イパネマの娘』が有名ですが、忘れてはならないのはサンタナの『BLACK MAGIC WOMAN』。

あの出だしの艶かしいギターのフレーズは、ギター小僧であれば誰もが挑戦したフレーズのひとつだと思います。

海外のサイトですが、ARTIST directでCDのプレビューが聴くことができます。

また、ここのサイトでは、QUICK TIMEで聴くことができます。MIDIですが、なかなかの出来栄えだと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/02/27

50億円の広告費

<資生堂>新ヘアケア商品「ツバキ」 広告費50億円投入

 資生堂は27日、新しいヘアケア商品「ツバキ」を3月下旬に発売すると発表した。
 「ツバキ」は、シャンプーなど3品目5品種で、椿(つばき)から抽出したオイルを配合。広告モデルには仲間由紀恵さんや竹内結子さんらテレビなどで活躍する6人の女優を起用、同社最大級の50億円の広告費を投入するなど力を入れており、業界4位のヘアケア市場で売り上げトップを目指す。【熊谷泰】
(毎日新聞) - 2月27日18時18分更新

6人の女優を起用して、50億円の広告費投入ですか。

女優には、ずいぶん気前のいい会社ですねー。

僕は、「サッパリ、スッキリ、爽快感」のサンスター・トニックシャンプーを愛用してますが、

コーナンで詰め替え用でわずか300~400円ぐらいでしたかね。

この「ツバキ」は、いくらなのか知りませんが、

女優には気前よくお金を使い、一般の女性からはしっかりお金をいただく。

椿から抽出したオイルが髪に、どれほどの効果があるのか、

記事では書いてくれなかったようですね。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/02/26

フォアグラって旨いんですか?

<フォアグラ>輸入停止 七面鳥の鳥インフル感染で

 農林水産省は24日、フランスで七面鳥が鳥インフルエンザに感染したとの連絡を受けたことから、同国産の家禽(かきん)肉と、フォアグラ(ガチョウの肝臓)など家禽の臓器の輸入を停止した。フランス料理の高級食材であるフォアグラの輸入が止まるため、フランス料理店などが影響を受けるとみられる。
 同省によると、フランスから05年に輸入された家禽の臓器は377トンで、その大半がフォアグラ。日本が輸入しているフォアグラの半分程度はフランスからだという。同国からの家禽肉の輸入は1510トン。
(毎日新聞) - 2月25日3時8分更新

フォアグラって、どんな味でしたっけ?^^; 美味しいんですか?^^;

普段、食べ慣れていない、ちゅうか食べた記憶もないもんで、ピンときません^^;

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006/02/24

多角的な視点で物事を観察する

「一見、普通のことに思える事象も、

角度や視点を変えてみてみると、

新たな発見がある」

この言葉を初めて口にしたのは、僕が初めてではありませんが、誰が最初に言ったのかは知りません。

しかし、この言葉は真理なのか???

一度検証してみる必要があるかもしれません。

ただのシロウトでしかない僕でも、テクノロジーが発達した現代においては、検証する方法がありそうです。


normal トリノ五輪で見事金メダルをとった

荒川選手の演技の様子を捉えた写真。

ファイナルの演技ではありませんが、

これだけ見ても、「うぉーーー、すっげーーーー!」と

驚嘆してしまいます。

この写真を今回のテーマでもある

「多角的な視点」で見てみると、どうなるのか???

勝手にやってみました^^;(THE GIMPよ、ありが投!)







rotate ただ単に写真を逆さまにしただけですが、
後ろの黒っぽい背景と荒川選手の
衣装のコントラストから、
この人は、上半身と下半身が別々なのではないか、
という印象すら与えてくれます。

初めてこの写真を見た人は、
体をノコギリで二つに切ってしまう手品を題材にした
ドリフの大爆笑のコントを連想してしまうぐらい、
衝撃的なショットと言えるかもしれません。

世界に冠たる金メダリストの演技を
お笑いに喩えることは、少々不謹慎かもしれませんので、
先に謝っておきます。

ごめんなさい^^;






rotate02 続いての写真。

特に何てこともないように見えますが、
よく観察してみると、おかしなことに気がつきます。

荒川選手の右下。

二人の女性が起用にも横になって
椅子に座っています。















normal02 そうです。

実は、上の写真は、左回りに90度回転させたもので、
右の写真が本当のショットです。

スケート靴を履いて、
ツルッツルの氷の上でどうすれば、
このような動きができるのか。

そして、この後、どのような演技がなされたのか。

荒川選手のすごさを思い知らされました。

3つ目は、少し趣向を変えて、動的な事象のワンシーンをみてみます。

氷上でクルクル回るスピンは、

観ている人の目も回らせ、吐き気・・、もとい、うっとりさせるような素晴らしい演技です。

このスピンの瞬間にズームインして、見てみましょう。

normal03










およそ、一般の人には到底できないポーズが明らかになりました。

このスピンの点数が何点なのかはわかりませんが、
スピンの難しさの本質を理解できるショットと言えそうです。













normal04最後は、安藤選手。

ライブで見ていた僕は、まったく気がつかなかったのですが・・・・・。

スポーツナビによると、
安藤選手は競技終了後に
「4回転をやって力尽きました。でもすっきりしました」と
“晴れやかに語った”そうですが、
この表情が全てを物語っているようです。

ショートプログラムの前。

マスコミに「ミキティ」と散々持ち上げられ、勝手に煽られ、日本テレビの記者の不躾な質問に泣かされ、そしてメダルがなくなった時点で無残にも主役から降板させられた18歳の高校生。

18歳なので少し幼いところもあるようですが、マスコミの非情とも言うべきメディア・スクラムに安藤選手が押しつぶされたひとりのような気がします。

僕は、フィギュアスケートを楽しむ感性を持ち合わせていないので、誰のファンでもありません。
誰のファンでもありませんが、今回のマスコミの騒ぎようは、「ちょっと、やり過ぎー」と言いたくなりました。

 

この表情を撮影したカメラマンは、そうした思いやりのかけらも見られない日本のメディアに対する怒りをこの表情により伝えたかったのかもしれません。


ありゃま。

また、今回も最後は、ムキになってしまった・・・。

最初は、ギャグ系でいこうと思っていたんですが・・・^^;;;

で、結論。

荒川選手の金メダルは、別に多角的な視点で観察しなくても「スゴイ!!!」と。

安藤選手、バンクーバー目指して、ガンバレ!

個人的には、4位に入賞した村主選手にもメダルをとってほしかったです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/02/22

ABCは説明責任を果たしたか

神戸新聞 朝日放送元部長を再逮捕 偽造文書で融資金詐取2006/02/22 16:48

 朝日放送(大阪市)からイベント制作を委託されたとする書類を偽造し、銀行から約3000万円の融資を引き出したとして、大阪府警捜査2課は22日、詐欺と有印私文書偽造、同行使の容疑で、元朝日放送部長で番組制作会社「エービーシープランニング」(同市西区)社長桃谷健容疑者(74)を再逮捕した。

 調べでは、桃谷容疑者は昨年4月ごろ、朝日放送がイベント制作を委託し、契約代金を支払うなどとする覚書数通を偽造して都市銀行に提出、約3000万円の融資を引き出した疑い。容疑を認めているという。

ABC WEBNEWS <大阪>3000万円詐取 朝日放送元部長を再逮捕 (2/22 19:22)
朝日放送からイベントの制作を依頼されたと偽り、銀行からの融資3000万円をだまし取ったとして、朝日放送の元部長で、イベント会社社長の桃谷健容疑者(74)が再逮捕されました。

去年4月、プロ野球の公式戦に関するイベントの制作を依頼されたとするにせの文書を作り、銀行に提出して、金をだまし取った疑いが持たれています。桃谷容疑者は、契約書を偽造した有印私文書偽造容疑で、先月逮捕されていて、2件とも容疑を認めています。




■日刊スポーツ ジャニーズ利用した朝日放送元部長逮捕

 朝日放送(大阪市)から委託されたと偽り、ジャニーズ事務所のタレントを使ったイベントを開催するとの虚偽の契約書を作成したとして、大阪府警捜査2課は19日、有印私文書偽造容疑で、元朝日放送部長で大阪市西区の番組制作会社「エービーシープランニング」社長桃谷健容疑者(74)を逮捕した。容疑を認めているという。

 調べでは、桃谷容疑者は04年12月から05年2月までの間、ジャニーズ事務所の所属タレントを起用した野球大会を大阪ドームで行うなどと偽り、制作委託費は朝日放送が支払うとした虚偽の契約書5通を作成した疑い。

 イベントを共催することになっていた大阪市北区の企画会社がこの契約書でイベント開催費用として約4億円の融資を受け、桃谷容疑者がそこから制作費の前払い金を受け取っていた。桃谷容疑者の会社は資金繰りに窮していたという。

 偽造の契約書は03年1月から05年2月ごろまでに100通近くあったといい、府警は架空の企画で融資を受けた経緯を調べる。朝日放送が昨年6月、有印私文書偽造容疑で府警に告訴していた。

 エービーシープランニングは朝日放送のグループ会社。桃谷容疑者は91年に営業推進部長を最後に朝日放送を退職、同社社長に就任した。

[2006/1/19/20:21]

74歳で罪を犯して、逮捕とはねー。

朝日放送といえば、大証二部上場の大企業。

グループ会社の不祥事ですから、もう少し説明責任を果たしてほしいですねー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

チーム青森のゲームが見たい

capt チーム青森がスイスに負けてしまう、もうトリノ五輪でカーリングにチーム青森の選手たちを応援できなくて、とても寂しい気分になっています。

これまで野球をはじめ、いろいろなスポーツを観てきました。

自分のことで言えば、地方大会でベンチ(補欠のことですが)ながら代打で出場した最後の夏、阪神なら和田さんの引退や星野さんの引退と同じぐらい、これほど寂しい気分になったことは、あまりありません。

小野寺さん、林さん、目黒さん、本橋さん、それに出番が少なかった寺田さんたちがプレーするところが見たくて仕方がありません。
そして、いま、彼女たちがどうしているのか、どういう気持ちでいるのかも、とても気になっています。




oly_full どうして、こんな気分になっているのか。

スイスに負けてから、ずっとそのことばかり考えてました。

確かに、派手さもなく、普通のどこでも見かけるような彼女たち ― オリンピックに出場している彼女たちが普通であるわけはないのですが ― に親しみを感じたことが大きな原因ですが、そう感じさせたものは何なのだろうかと。

そして、たぶん競技をしているときに彼女たちの「生の声」が聞こえていたからではないかと考えるようになりました。


oly_full 残されたいくつかのストーンを見ながら、「こっちにいったほうがいいと思う」という何気ない会話や、次に投げるストーンの位置を指示したり、ストーンが滑っている間に、「ライン、いいよー」とか「スイープ、スイープ」「ウォー! ウォー!」という声が聞こえてくる。







20060219_841_450 そして、ストーンがうまくいったときや失敗したときには、表情やしぐさだけでなく、声も聞こえてきます。

野球をはじめ、いろいろなスポーツがありますが、選手たちが次にどのようなプレーを考え、しゃべっていることが聞こえてくる競技は、そんなに多くはありません。












20060219_827_450 もうひとつは、カーリングという競技は、状況があまりにもはっきりしているということがあると思います。

投げ終わったストーンの位置に対して、次に投げなければならないストーンの選択肢はほぼ決まっています。
氷の上を滑らせるということと、投げるときのほんのわずかな力加減で投げたストーンが行き過ぎてしまったり、はじき出される相手のストーンの勢いでハウスの中から狙ったストーンが出てしまったりすることがわかっています。

ストーンを投げる彼女たちが賭ける願いや思いが「声」と「はっきりした状況」、そして小林さんの解説が自分を2時間以上の競技に集中させてくれたのだと思います。







r3216658478 また、もうひとつは、チームワークが求められる競技ということでしょうか。

控えも含めて5人がメンバーとならなければならないカーリング。

野球と比べることは、カーリングの本質にそぐわないかもしれませんが、それぞれの役割をこなせるか。自分のチームの他のメンバーを助けたり、ミスを取り返すために、全力を尽くす、そのことをお互いがわかりあっているところに、うたれるところがあったのかもしれません。



oly_full















r667515088こういった気心がわかりあった人間関係がいまの自分にあるかと考えると、あまり自信がありません。

たぶん、チーム青森のような仲間がうらやましいのだと思います。







r1433919390 そしてチーム青森がオリンピックで目指したものが、カーリングを多くの人に知ってもらいたいという、素朴でも大きな目標があったからだと思います。

日本では、フィギュアやジャンプ、スピードスケートに比べると、どうしてもマイナーな競技に見られがちですが、自分たちが楽しくて面白くて仕方がないカーリングを知ってほしいという願いは、多くの人に伝わったような気がします。




チーム青森の活躍にトリノで取材しているマスコミ各社は、あわてふためいたようです。
予選突破だけでなくメダルを希望する論調がはびこってきたのは、前回大会で金メダルをとったイギリスに勝ってからです。
トリノ五輪でカーリングを取材しつづけてきたのは、時事通信と共同通信ぐらいで、スポーツ紙の手のひらを返したような持ち上げ方には、どうしても納得できません。

そういう自分も、トリノ五輪でカーリングを見始めたのは、ノルウェー戦あたりからなので、あまり大きなことは言えませんが・・・。

TKY200602070428 しかし、チーム青森の地元の北海道や青森で五輪前から彼女たちを紹介してきた記者が、トリノだけを取材し、“一夜漬け”で記事を書いている記者のことをどのように感じているのか、聞いてみたい。







小野寺さんや林さんは、今回のオリンピックでひと区切りとしたいそうです。

個人的には、次のバンクーバー大会でもう一度同じメンバーのチーム青森が見たいという願いはあります。
しかし、15年にわたる競技生活を送ってきた彼女たちがどういう思いでいたのかも知らなくて、トリノ五輪で初めてチーム青森を知ったような僕には、そういう勝手なことは言えません。

本当に寂しいなあ。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/02/21

嫁さんを殴るだんな

つい先ほど、家の前でやっていた若い夫婦喧嘩を止めにいってきました。
夫婦喧嘩というよりも、だんなが嫁さんに一方的に殴る蹴るの暴行を加えていたので、我慢できずに止めに入ったのでした。

最初は、夫婦喧嘩とは思いませんでした。外で自転車が倒れる音がしたあと、男のどなり声が聞こえ、「ガキのクセしてなめとんのか!」と言っていました。

道路を挟んだ向かい側の歩道は、180センチほどの幅があります。せまくはないのですが、夜中になると酔っ払いが大声で叫んだりすることもあり、自転車で通りがかった若者と酔っ払いが接触したのかと思いました。

「また、喧嘩か」と思い、窓から見ていると、若い男が女性を殴り、膝蹴りを入れています。

いてもたっても居られなくなり、止めにいかなければと思いました。

ただ急に近づくのはマズイと思い、玄関のドアを開けて様子を見ていました。
若い男は、ちょっとヤンキー系でした。
こちらに気がついたのか、男が「なに、見とんねん!」と怒鳴りました。

僕は、ゆっくり二人の方に近づき、できるだけ落ち着いた声で「怪我したら、あかんやろ。やめときいや」と静かに言いました。
すると、男は「おれら、夫婦や! この近くに住んどるんや! 寝てるとこ、迷惑かけてごめんな」と、さも苛立った様子で言ってきました。

にわかには信じられなかったのですが、様子を見ていると、どうやら本当に夫婦のようでした。
ヤンキー系の男は、「人に迷惑かけてるやろ! さっさと家に帰ってこんかい!」と怒鳴り、女性の髪をつかんで引き連れていこうとします。
すると、女性は「帰りたくない」と反抗すると、男は、「お前、なめとんのか!」といって、また女性を殴り、膝蹴りを入れていました。

あまりの暴力に体を割って止めにかかろうとしましたが、なんとか気持ちを抑え、ゆっくりと男に近寄り、「怪我したら、どうすんねん。やめとけって」と最初と同じようにできるだけ抑えた声でその男に向かって言いました。

すると、男は「おれら、夫婦や! お前、関係ないやろ!」といって、睨みながら顔を近づけてきました。

僕が「そうや、関係ないけどな。関係ないけど、怪我したらどうすんねん。あぶないやろ」と言うと、男は「警察呼ぶんやったら、呼べや!」と言い返します。

警察沙汰になって、一番困るのが誰なのか、その男はわかっていないと考え、「警察なんか、呼ぶ気ないから。それより怪我したら、どうすんのや」とその男に言いました。

その後は、男が女性を殴ったり、お腹を蹴ったりする度に、僕は同じことを言い、男も同じことを言っていました。

女性は、本当に帰りたくないのか、ダダをこねているのか、わかりませんでした。
ただ、しょっちゅう男に殴られているようなことを少し口走っていたようです。

女性が何かをしゃべると、男は、また殴り始めます。しまいには、羽交い絞めにして女性をアスファルトにねじ伏せようとし始めました。

僕は、あわてて「やめとけって。ほんまに怪我したら、どうすんねん。あぶないから、やめとけって」と言いました。

男が「警察呼ぶんやったら、警察呼べや!」と言いました。

僕が「ほんまに呼んでええんか」というと「おう、呼べや!」と男が言いました。

その時、僕は、携帯電話を持っていませんでした。

これ以上殴ったり蹴ったりしてると、女性が本当に怪我をしてしまうと思いました。

周りのマンションの窓を見上げながら、大声で「誰か、警察呼んでくれ!!!」と叫びました。

男は「やっぱり警察呼ぶんかい。お前、関係ないやろ」と今度は、こっちに向かってきました。

僕は「怪我したら、あぶないやろ」を繰り返しました。

それから、男は警察が来ると感じたのでしょう。女性も警察に来られては困ると考えたのか、「帰る」と言いだしました。

男は、「迷惑かけて、ごめんな」と言い、女性も渋々転がっていた自転車を起こして、帰り始めました。

僕は、自分の家に戻り、様子を見ていました。途中、男が自転車を蹴飛ばしたりして、苛立っていましたが、どうやら家に帰りそうな雰囲気でした。

しばらくすると、サイレンが聞こえはじめ、2台のパトカーがやってきました。誰かが、警察を呼んでくれたのでした。

パトカーは、夫婦が喧嘩していたところに止まりましたが、僕は出て行きませんでした。

自分の家に戻って、ようやく落ち着いてから、あの夫婦が家に帰ってどうなるのか、気になりだしました。

あの女性は、助けてほしいと思っていたのでしょうか。

女性が殴られないように助けるために、力づくで止めに入ればよかったのでしょうか。

それとも警察が来るまで、その場に夫婦を引き止めておけばよかったのでしょうか。

二人がなぜ喧嘩することになったのか、その理由も知らずに・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/02/20

ローリング・ストーンズ

ストーンズの無料コンサートに120万人=ブラジル・リオ

rollingstones01 【リオデジャネイロ18日】伝説的なロックバンド、ローリング・ストーンズは18日夜、ブラジル・リオデジャネイロのコパカバーナ海岸で無料のコンサートを開催。120万人以上のファンが集まるという空前絶後の巨大コンサートとなった。
 ボーカルのミック・ジャガーが「ハロー、ブラジル!」と叫んでコンサートの幕が開いた。ストーンズは、往年の大ヒットナンバーの「サティスファクション」、「ホンキー・トンク・ウィメン」など20曲以上を演奏し、会場は熱狂に包まれた。
 今回のコンサートは、リオデジャネイロ市と携帯電話会社2社が主催。コパカバーナの海岸には幅60メートル、高さ24メートルの特設ステージが設けられた。周囲のホテルのバルコニーや沖合に停泊した船でもファンがストーンズの演奏に酔い痴れた。



rollingstones02  ミック・ジャガーはコンサート前、アルゼンチン紙とのインタビューで、「観客が100万人を下回れば、コンサートは失敗」と語っていたが、それをはるかに上回り、ロックコンサートとしては史上最大規模となった。
 ファンは18日朝から場所取りのために会場に集まり、市当局は警官約3000人、消防士・救急隊員約500人を動員して警戒に当たったが、事故はなかったという。
(時事通信) - 2月19日16時0分更新



              ◇              ◇


このオジサンたちは、60過ぎてるのに、元気ですねー。

rollingstoneslogoストーンズのトレードマーク















rollingstones03 ストーンズ・ファン










mickjagger この顔が好きか、嫌いか?

大きく意見が分かれそうですが・・・。


















僕は、ビートルズよりもローリング・ストーンズです。

PS;
カーリング女子がイギリスに勝って、大喜びしてました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/02/18

世論調査に「つっ込み」を入れろ!

週末は田舎で…都市部の50代、半数近くが希望

 内閣府が18日発表した「都市と農山漁村の共生・対流に関する世論調査」によると、都市部の住民で「週末は田舎の農村漁村で過ごしたい」と答えた人は、団塊の世代の50歳代が最も多く、45・5%に上った。また50歳代のうちの28・5%が田舎での定住を望んでいた。

 内閣府は「2007年から定年を迎える団塊世代は、田舎への関心が高い。こうした人々のための施策を検討する必要がある」と分析している。

 都市住民で週末の田舎暮らしをのぞむ人は37・6%で、年齢別でみると50歳代に続いて、60歳代が41・4%、40歳代が36・2%と、多かった。
 田舎での定住を希望する人は20・6%で、年齢別では20歳代が30・3%と、最多だった。定住希望者に定住のために何が必要か、複数回答で聞いたところ、「医療機関の整備」が43・8%、「安価な家屋、土地」が43・3%だった。

 受け入れる側の農村漁村では、都市住民の定住について、65・7%が「良い」と回答し、歓迎している。ただ、定住する際の問題点(複数回答)として「仕事がない」(54%)、「受け入れ支援体制の未整備」(30・9%)などを指摘している。

 調査は昨年11月24日から12月4日まで全国の20歳以上の男女3000人を対象に実施した。回収率は58・2%。
(読売新聞) - 2月18日20時45分更新

                ◇                  ◇

この調査をよく見ると、つっ込みどころ満載です。

18日発表だというので、内閣府のホームページを見てみましたが、詳しい情報が載ってないので、思いっきりつっ込ませてもらいます。

まず、タイトルから。
「都市と農山漁村の共生・対流に関する世論調査」となっているのに、調査対象が「全国の20歳以上の男女3000人を対象に実施」

全国を対象としながら「都市」と「農山漁村」を分けている、その区別の仕方を聞いてみたいところです。

まー、百歩譲って、調査対象は、都市と農山漁村の人たちが半々としてきます。

調査のサンプル数をみると、3000人を対象にして回収率が58.2%。調査のサンプル数は、3000人×58.2%=1746人。

都市と農山漁村が半々とすれば、都市の人=873人、農山漁村の人=873人

記事の集計結果を見てみると、20歳代、40歳代、50歳代、60歳代でそれぞれの割合を出しています。

つまり、30歳代の割合は示されていませんが、世代別の集計として、①20歳代、②30歳代、③40歳代、④50歳代、⑤60歳代となります。

都市の人、
農山漁村の人、それぞれのサンプル数「873人」を少なくとも5つの世代で分ける

       873人÷5世代=174.6人

という計算ができそうです。

そうすると、

            都市の人    農山漁村の人
①20歳代     174.6人
     174.6人
②30歳代     174.6人     174.6人
③40歳代     174.6人     174.6人
④50歳代     174.6人     174.6人
⑤60歳代     174.6人     174.6人
  小計        873人
       873人
サンプル総数         1756人


ちなみに70歳代も含めて集計しているとすると、6つの世代に分かれます。

同じように計算式は、
873人÷6世代=145.5人となります。

そうすると、
           都市の人    農山漁村の人
①20歳代     145.5人
     145.5人
②30歳代     145.5人     145.5人 
③40歳代     145.5人     145.5人 
④50歳代     145.5人     145.5人 
⑤60歳代     145.5人     145.5人 
⑥70歳代     145.5人     145.5人
  小計        873人       873人
サンプル総数         1756人

                ◇                  ◇

何が言いたいのかというと、都市に住み50歳代という調査対象の人が、

わずか174.6人というサンプル数で、読売新聞の記事の見出しのように、
「週末は田舎で…都市部の50代、半数近くが希望」

と結論づけて欲しくないということです。

また、“都市部の住民で「週末は田舎の農村漁村で過ごしたい」と答えた人は、団塊の世代の50歳代が最も多く、45・5%に上った”の45.5%を、実数に置き直してみると174.6人の中の79.443人です。

70歳代を含めた実数にすると、もっと酷い、たった145.5人中の66.2025人。

内閣府がやった調査という割には、あまりにも “ お粗末 ” 。

もっと困るというか「ええ加減にしてくれや~~~」と言いたくなるのは、

内閣府が

「2007年から定年を迎える団塊世代は、田舎への関心が高い。こうした人々のための施策を検討する必要がある」

と分析していること。

さらに、

“定住希望者に定住のために何が必要か、複数回答で聞いたところ、「医療機関の整備」が43・8%、「安価な家屋、土地」が43・3%だった。”

医療機関の整備はいいとしても、「安価な家屋、土地」って田舎を何やと思うてるでしょうねー。

粗末な統計調査で、つまらん施策の方向性を決められたら、ホンマにワヤですわ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

米国産牛肉、食べますか?

検査官を複数に増員…脊柱混入で米農務省が再発防止策

 【ワシントン=広瀬英治】日本に輸出された米国産牛肉にBSE(牛海綿状脳症)対策で除去が義務付けられている脊柱(背骨)が混入、日本が再び米国産牛肉の輸入を停止している問題で、マイク・ジョハンズ米農務長官は17日朝(日本時間同日夜)、原因調査と15の再発防止策をまとめた報告書を発表した。

 再発防止策では、米国内の食肉加工施設ごとに1人ずつ配置されている検査官を複数に増員することや、検査官への再研修の徹底などを明記した。検査官向けに貿易相手国別の輸入条件を明示した資料を整備するなど、これまで表明していなかった新たな対策も加えた。同長官は記者会見で、「日本政府が求めれば、事前査察を受け入れる用意がある」と表明した。

 背骨付きの牛肉が混入した原因の調査では、<1>ニューヨーク州の業者が日本に出荷した製品にはオハイオ州の業者から仕入れた臓物などの「雑肉」も含まれていたが、オハイオ州の業者は雑肉を出荷する資格がなかった<2>出荷された雑肉の中には、対日輸出許可を受ける前に処理したものが含まれていた――などの新事実も報告された。

 米政府は、報告書で示した再発防止策で米国産牛肉の安全性は保証できるとして、今後、日本に早期輸入再開を強く求める見通しだ。しかし、日本国内には米国のミスへの批判が強く、輸入再開の時期や条件を巡る日米の交渉は難航も予想される。
(読売新聞) - 2月17日23時24分更新


脊柱(背骨)が混入していたのに、アメリカ政府は「雑肉」と言っていますが、雑肉って何なんでしょうか???

こうやって意味不明な言葉を持ち出し、論点をすりかえようとするところが、アメリカ政府らしい。

対日輸出許可を受ける前に処理したものが含まれているというのも、ええ加減な話。

BSニュースでは、シーファー駐日米大使が米国産牛肉の輸入再開に「日本人は、自信を持っていい」と意味不明な発言。

こういうアメリカ政府“お得意”のつじつま合わせやごまかしに乗っかって、米国産牛肉の輸入再開を言い出しそうなのが社団法人日本フードサービス協会

以前、読売新聞の<主張・提言>で掲載されたものを見つけました。

その中から抜粋すると、

「輸入牛肉は安価で安定的な量が確保できる。なかでも米国産は焼肉、ステーキ、牛丼などの主要食材として外食産業では幅広く利用されている。ところが、2月には国民食とも言われ親しまれてきた牛丼が姿を消した。焼き肉用の肉や牛タンもいずれ在庫が切れる。」

僕は、年に2回ぐらいしか牛丼を食べてなかったので、たかが牛丼ごときを国民食とは呼んでほしくないが

本当に牛丼が好きな人なら、多少値段が上がっても、
吉野家や松屋で普通に食べますよ。

「日米双方の政府は、互いのメンツに固執することなく、生活者の視点をもって、再開に向けての条件を冷静にかつ真剣に話し合ってもらいたい。」

これは、言い換えが必要でしょう。

「日米双方の政府は、互いのメンツに固執することなく、日本フードサービス協会の会員企業を助けるという視点をもって、再開に向けての条件を冷静にかつ真剣に話し合ってもらいたい。」

恩着せがましい主張も大概にしてほしいですわ。


| | コメント (13) | トラックバック (1)

2006/02/14

動物学のススメ

panda01












なるほどー


panda02


























正面から見ると、なかなかの迫力!

pig01













へえーーーー

tigers01













むむっ!

tigers02















やはり、終わってからのフォローが大切なようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

クロスカントリー

トリノ五輪。なんやかんや言っても、やはり気になります。
昨日は、ほとんどNHKのBSに釘付けでした。

日曜日から月曜日にかけては、クロスカントリーのパシュートという新競技を見ていました。
最初にクラシカルで走行し、スキーを履き替えてフリーで走行するというもので、距離は、男子が15キロずつ、女子が7.5キロずつです。

ランキング上位の選手を先頭に、全員一斉にスタート。なかなか迫力があります。

pursuit02 女子は、エストニアのスミグン選手、男子は、ロシアのデメンティエフ選手が優勝しました。

中でも、男子は、銀メダルになったゼッケン4のノルウェーのエスティル選手がすごかった。
エスティル選手は、ゼッケンナンバーが示すとおり、ランキングでは4位にあたる選手みたいですが、クラシカルのスタートで転倒し、スキーも足から外れてしまうというトラブル。
スキーを付け直したものの結局、ドンジリからのスタートとなりました。

ランキングの高い選手がこけてしまうとは、やっぱりオリンピックは何が起こるかわからないなあ、などと少し気の毒に思いながら見ていました。

ところが、レースが進むにつれ、エスティル選手は、いつのまにか上位グループに入っていました。

pursuit01 そして最後には、猛烈な追い上げで2位に食い込むという結果になったのです。

あとから放送で聞いたところによると、クラシカルから履き替えたスキーも折れてしまうというトラブルがあったそうです。

いよいよ最後のゴールに差し掛かった約200メートルのストレート。
自分の国の選手を応援する大声援が錯綜する様子、その声援に後を押されるように選手たちが最後の力を振り絞って滑るシーンは、僕にとっては見ごたえ十分で、ずいぶん熱くさせられました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006/02/12

エイリアン4

今日、初めて見ましたが、

面白いというよりは、気色が悪かったー^^;

alien 怪物のようなエイリアンの子供といい、

宇宙船の窓に亀裂からできて開いた穴から、

その怪物の肉体が宇宙に搾り出されて様子。

シガニー・ウィーバーも、二役やったり、

エイリアンの渦に飲み込まれたりと、

相変わらずガンバってましたねー。


映画や俳優などを紹介している

IMDB(英語)というウェブサイトで、

ユーザーの評価(10ポイント)を調べてみたところ、

「Alien: Resurrection (1997)」は6.0ポイント。

Alien (1979)は8.4ポイント、Aliens (1986)は8.3ポイント、Alien³ (1992)は6.2ポイント、となっていました。

結構、ストーリー展開も、面白かったけどなー。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/10

年賀状

今年は、大分県の夫婦に1等から4等まですべての当選はがきが届いていたそうです。
日本郵政公社も「想定外のケースで、確率の計算は専門家に委ねるしかない」と大マジメに話したそうな。(中国新聞2月10日より)

他にも富山市の主婦に届いたお年玉付き年賀はがき18枚の中から、1等当選が2枚出て、主婦は、商品の中からハワイ旅行のペア券を二つ選んだそうです。
1等の当選割合は100万通に2本だそうですが、ここでも日本郵政公社の担当者から「法人や大口の購入者ならまだしも、一般人が1人で2枚当てるのはそうそうある話じゃない」(朝日新聞2月7日付より)

来年から、一人の市民には当選が集中しないような対策を考えそうな勢いです。

そして。

なんと! あの金正日はんも、新年を迎え、38カ国の大統領、首相、国王、党首などの指導者に年賀状を送ったとのこと(中央日報2月2日付)。
中国の胡錦濤さん、江沢民さん、キューバのカストロさん、ロシアのプーチンさん。
他にも、タイのタクシン首相、インドのシン首相、ベトナムのルオン大統領、デンマークのマルグレーテ女王、タイのプミポン国王、モナコのアルベール2世国王にも送ったそうです。

かの御国に年賀状を送るなんて風習があるとは、意外でした。

もしかして、ウチの総理にもコッソリ送ってたりして・・・・・

(んなことは、ないか^^;)



| | コメント (4) | トラックバック (0)

GIAPPONE

日本は32番目に入場=トリノ五輪開会式〔五輪関連〕

【トリノ9日時事】10日夜(日本時間11日未明)に行われるトリノ五輪の開会式で、日本は32番目に入場行進をすることになった。参加82カ国・地域のうち、先頭のギリシャに続き、イタリア語表記のアルファベット順に入場。日本(GIAPPONE)は33番目となっているが、21番目の韓国と22番目の北朝鮮選手団が合同で行進するため、32番目に登場する。

このほか、中国が19番目で、日本の前後はそれぞれドイツと英国。開催国のイタリアは最後の入場となる。 (了)

(時事通信) - 2月9日21時18分更新

               ◇                     ◇

イタリアでは、日本のことを「GIAPPONE」と表記するそうです。

知りませんでした

ということで、各国は、どのように表記するのか調べてみました。

例によって、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で「日本」を検索。

「日本」の項目を各言語で見てみようと考えたわけです。

早速、「日本」と入力してみたところ、

wikija_nihon ・・・・揉めてるようです。










揉めてる内容は、読んでないので、さて置き、「日本」の表記を言語ごとに調べてみました。
(ひょっとすると、文字化けするかも・・・)

Japan(英語、独語)
Japon(フランス語)
Japón(スペイン語)
일본(韓国語)
Japão(ポルトガル語)
など。

英語と独語は、表記が同じですが、たぶん発音が違うでしょうね。

一方、どこの国の言語かわからないですが、Japonia、Xapónなどもありました。

他にも、探してみたところ、જાપાન、जापान、იაპონია、ಜಪಾನ್、ஜப்பானなど。

左から右へ読むのもいくつかありました。

اليابان、יפן、יאַפּאַן、نیہون

(小さくて見にくいかと思い、文字を大きくしてあります)

アラブ系かなー。なんて、発音するんやろ????

最後に、中国語の「日本」(中文)を見つけて、ほっとしました。

で、

結論として、

何がいいたいかというと、

つまり、

世界は、広いなー、と。

そういうことでした^^;

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/02/08

「いただきます」って言ってますか? 「給食や外食では不要」ラジオで大論争

SPさんに紹介してもらったブログ経由で・・・。(SPさん、ありがと)

毎日新聞 2006年1月21日 東京朝刊(引用して、ちょっと要約しています)

 TBSラジオ「永六輔その新世界」(土曜朝8時半~、放送エリア・関東1都6県)で昨秋、「いただきます」を巡る話題が沸騰した。きっかけは「給食費を払っているから、子どもにいただきますと言わせないで、と学校に申し入れた母親がいた」という手紙だ。番組でのやり取りを参考に、改めて「いただきます」を考える。【文・遠藤和行、写真・米田堅持】

手紙は東京都内の男性から寄せられ、永六輔さん(72)が「びっくりする手紙です」と、次のように紹介した。

《ある小学校で母親が申し入れをしました。「給食の時間に、うちの子には『いただきます』と言わせないでほしい。給食費をちゃんと払っているんだから、言わなくていいではないか」と》

番組には数十通の反響があり、多くは申し入れに否定的だった。
母親のような考え方も、必ずしも珍しくないことを示す経験談があった。
「食堂で『いただきます』『ごちそうさま』と言ったら、隣のおばさんに『何で』と言われた。『作っている人に感謝している』と答えたら『お金を払っているのだから、店がお客に感謝すべきだ』と言われた」との内容だ。

              ◇                 ◇

ちなみに、永六輔さんは、学校給食で「いただきます」を言うことへの抵抗は、以前からあった。両手を合わせる姿が特定の宗教行為、つまり仏教に結びつかないか、という懸念という理由。でも「いただきます」という言葉は、宗教に関係していません。自然の世界と人間のお付き合いの問題です。

「お金を払っているから、いただきますと言わせないで」というのは、最近の話。
命でなく、お金に手を合わせちゃう。会社を売り買いするIT企業や投資ファンドにも共通点があると思います。
話の発端になった母親は、物事を売る、買うという観点で決めているのでしょう。
売り買いはビジネスですから、そこに「ありがとう」という言葉は入ってきません。「ありがとう」に準ずる「いただきます」も入ってこない。ただ、そういう母親がいることも、認めないといけないと思います。

僕は普段、家では言ったり言わなかったり。ましてや、他人には強制しません。絶対言わなきゃいけないとは思いません。

食べ物を大事にできているかどうか。言わないのが「ひどい」と反対することではない、と思います。

普通に会って「こんにちは」、別れるときに「さようなら」。何かの時に「ありがとうございます」「すみません」「ごめんなさい」という、普通の会話の中に「いただきます」は当然入ってくると思うんです。「みんなで言おう」というのはおかしい気がします。言っても言わなくても、大声でも小声でつぶやくだけでも、思うだけでも、いいことにしましょう。(引用と要約、終わり)

<感想>
うーむ。
確かに、「いただきます」と言うことは少ないが、良い言葉だと思うんですがねー。

ビジネスの売り買いで「ありがとう」という言葉が入らないというのは、僕の場合は、ちょっと違いますねー。

まー、人それぞれなのかもしれませんが、子供が素直な気持ちを持つように育てて欲しいと思いました。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

THE GIMP

すでに、知っている方からは「何をいまさら」と言われそうですが・・・。

自分で画像を加工したり、作ったりできれば、楽しいものです。
そういうソフトの代表的なものにadobeの「Photoshop」というものがありますが、これは2万5千円と結構高い。

デザインなどを仕事としている人なら、それでも仕方がありませんが、遊びで使うのにこれだけ出費するのは、なかなか勇気のいることです。

いろいろ調べてみたら、ありました。THE GIMPです。the_gimp

昨年12月に見つけたので、遅いほどですが、オープンソースのソフトで、誰でも無料でダウンロードできるというものです。

僕は、2.2.10のバージョンですが、今日みたところ、2.3.6が新しくリリースされたようです。












the_gimp_downloadpage THE GIMPは、windows、Mac OS Ⅹ、Linuxに対応しており、Gimp wiki(日本語ページ)からダウンロードできます。











the_gimp_downloadpage02













THE GIMPを使うとどんなことができるかというと、ロゴを作ったり、画像を好きなように加工したり、絵を描いたりすることができます。

このブログの右上にあるロゴは、これも青柳衡山フォントというフリーでダウンロードできるフォントを使って、THE GIMPで作ったものです。

                ◇                ◇

naomi_watts001 話題の映画「キング・コング」に出演しているナオミ・ワッツ。
(ナビオTOHOプレックスで2/10までだそうですが、今回も話題作すら観にいけなかった)























naomi_watts002 THE GIMPにあるフィルター機能を使って加工すると、こういうふうになります。




その他、画像にモザイクをかけたり、レイヤーを使って、2つの画像を合成する、などなど。

Photoshopと同等の機能を持っている、結構、すぐれものです。

画像でお遊びするには、お奨めできるフリーウェアです。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2006/02/05

箱庭

箱庭村民さんに勧めてもらったサイト「こ~こはど~この箱庭じゃ?」に行ってきました。

いや~、いろんなアイデアがあるもんです。

はじめはちょっと戸惑いましたが、物語の終わりで、画像が崩れていくところは、なかなかインパクトがありました。

あいかわらず余裕かましてた僕ですが、やっぱり最後は背筋をぞくぞくさせてしまいました。

                ◇             ◇

DaveighChase_01 この子は、デイヴィー・チェイスちゃん。




なんか、普通の女の子という感じですが・・・。












DaveighChase02

















DaveighChase03 あの『The Ring』でサマラ役を見事にこなしました。







The Ring 2』は、まだ見てませんが、期待してます。











こんな画像ばっかりなので、最後は、ちょっとお口直しに「ズームイン!!!」

microbikini01

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006/02/03

「水=通常性の研究」

kukinokenkyu 「水=通常性の研究」は、山本七平氏の著書『「空気」の研究』(文春文庫)の中にあるひとつの章です。

数年前の月刊誌『文藝春秋』で宮崎哲弥氏が紹介していたので読んでみました。

この本が発行された年は、1983年。その年以前に『諸君!』(文藝春秋)というオピニオン誌での連載を書籍化したものです。

内容は、盛り上がった「空気」に「水」を差すことで、現実に引き戻す。その「水」を通常性と捉え、「水」の作用について研究された論文のような内容です。

そして、本の主題である「空気」の作用の研究も記述されています。

1921年(大正10)に生まれた山本七平氏の思想は、キリスト教に根ざしているようです。

読み始めると、1回目は面白く読んだのですが、2回3回と読み返すうちに、だんだん胸焼けするような気持ちにさせられました。

その理由を自分なりに考えてみたところ、同じ命題を何度も繰り返していることや、日本人像をステレオタイプ化し、極端に卑下しているように感じられたからではないかと思います。

とりあえず、戦争に行き、負けた世代が残した遺産として受け入れることにします。

            ◇            ◇

この「空気」と「水」の関係がキャンプインしたばかりの阪神タイガースに再び訪れようとしています。

デイリースポーツonlineでは、村上ファンドが2月3日にも阪神電鉄の社長と会談するとの記事(おそらく共同通信の配信記事)が掲載されていました。

阪神ファンとしては、いよいよ今シーズンのチームづくりが始まるという空気のなか、冷や水をぶっかけられた心境になりました。

そして、この記事を読んだ第一印象は、「どうして、このタイミングなのか」ということでした。

思えば、昨年、村上ファンドの電鉄株取得が明るみになったのは、日本シリーズ前でした。
その時も、タイミングの悪さ(村上ファンドにとっては良いタイミング?)に憤慨しました。

タイガースを応援する立場の僕は、チーム全体への影響が最も気になるところです。

「監督に会わせろ」「選手と話し合いたい」といった現場への介入に等しい村上ファンドの茶番が再び世間をにぎわすのだろうか。

そう思い始めると、何か奥歯が痛くなるような、嫌な気分になってしまいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/02/01

メロメロパーク、登録しました

名前は、mokomokoです^^




| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »