« エイリアン4 | トップページ | 動物学のススメ »

2006/02/14

クロスカントリー

トリノ五輪。なんやかんや言っても、やはり気になります。
昨日は、ほとんどNHKのBSに釘付けでした。

日曜日から月曜日にかけては、クロスカントリーのパシュートという新競技を見ていました。
最初にクラシカルで走行し、スキーを履き替えてフリーで走行するというもので、距離は、男子が15キロずつ、女子が7.5キロずつです。

ランキング上位の選手を先頭に、全員一斉にスタート。なかなか迫力があります。

pursuit02 女子は、エストニアのスミグン選手、男子は、ロシアのデメンティエフ選手が優勝しました。

中でも、男子は、銀メダルになったゼッケン4のノルウェーのエスティル選手がすごかった。
エスティル選手は、ゼッケンナンバーが示すとおり、ランキングでは4位にあたる選手みたいですが、クラシカルのスタートで転倒し、スキーも足から外れてしまうというトラブル。
スキーを付け直したものの結局、ドンジリからのスタートとなりました。

ランキングの高い選手がこけてしまうとは、やっぱりオリンピックは何が起こるかわからないなあ、などと少し気の毒に思いながら見ていました。

ところが、レースが進むにつれ、エスティル選手は、いつのまにか上位グループに入っていました。

pursuit01 そして最後には、猛烈な追い上げで2位に食い込むという結果になったのです。

あとから放送で聞いたところによると、クラシカルから履き替えたスキーも折れてしまうというトラブルがあったそうです。

いよいよ最後のゴールに差し掛かった約200メートルのストレート。
自分の国の選手を応援する大声援が錯綜する様子、その声援に後を押されるように選手たちが最後の力を振り絞って滑るシーンは、僕にとっては見ごたえ十分で、ずいぶん熱くさせられました。

|

« エイリアン4 | トップページ | 動物学のススメ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

チョコ、送りましたヨ〜^^


投稿: SP | 2006/02/14 01:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロスカントリー:

» クロスカントリーのネタ [ネタ蔵スポーツ]
クロスカントリーのネタを追いかけるヨ! [続きを読む]

受信: 2006/02/14 04:19

« エイリアン4 | トップページ | 動物学のススメ »