« 20年の年月 | トップページ | 東京五輪の招致 »

2006/03/06

アカデミー賞

今日は、アカデミー賞がありました。

これまでアカデミー賞をあまり注目したことはなかったのですが、今回は、『パラダイス・ナウ』というパレスチナ人が制作した映画がアカデミー賞の外国語映画部門にノミネートされたと聞いて、注目しました。

そしてもうひとつ、スティーブン・スピルバーグが1972年のミュンヘン・オリンピック事件を描いた『ミュンヘン』という映画が最優秀作品賞にノミネートされていました。

最初にお断りさせていただきますが、『パラダイス・ナウ』は、日本では公開されていませんので、観たこともありません。
それどころか、アカデミー賞にノミネートされた作品も全部観ていません。
ですので、アカデミー賞とはあまり関係なく、それでもメディアの報道から感じたことにシロウトながら切り込んでいきたいと思います。

『パラダイス・ナウ』は、ゴールデン・グローブ賞で最優秀外国語作品賞を受賞するなど、複数の国際映画賞を受賞した優れた作品だそうです。
イスラエル人のウリ・アブネリ氏が『パラダイス・ナウ』と『ミュンヘン』を評しているページがありました。

この作品評を読んで『パラダイス・ナウ』を見てみたいと考えるようになりました。

パラダイス・ナウでニュース検索したところ出てきたのが、次の記事でした。

                    ◇

自爆テロ描く候補作に賛否 米アカデミー賞朝日新聞 2006年03月04日20時04分

 5日に発表される米アカデミー賞で、外国語映画部門の受賞候補作となっているパレスチナ系監督の作品「パラダイス・ナウ」について、作品を批判している人々が3日、自爆テロ決行にいたる若者の心理を描いた内容は「テロの恐ろしさを十分に伝えていない」として候補からおろすよう求める要請文を、賞の事務局に提出した。

 事務局の映画芸術科学アカデミーは「内容が気にくわない人がいるからといって取り下げることはない」と話している。

 事務局によると、「イスラエル計画」という団体が要請文を届けた。インターネットのホームページによると、映画について「大量殺害を正当化している」と批判。テロで16歳の高校生の息子を失ったというイスラエル人の母親が署名を呼びかけている。米メディアは3万6000人分の署名が集まったと伝えた。

 映画は2人のパレスチナ人の若者が、テルアビブで自爆テロを決行するにいたる心の葛藤(かっとう)や悩みを描いた。支持する人々の間では、「希望のない人生がいかに希望のない行為につながっているかを描いている」として、候補を取り下げないよう事務局に求める署名を、別に展開している。

 今年のアカデミー賞には、ミュンヘン五輪でイスラエル選手団を襲ったパレスチナゲリラに対し、報復に出る秘密工作員たちを描いた「ミュンヘン」(スピルバーグ監督)も作品賞などに候補入りしており、中東問題がハリウッドに持ち込まれた形だ。

                    ◇

結局、「パラダイス・ナウ」と「ミュンヘン」は、アカデミー賞では何も受賞しませんでした。

アカデミー賞の主催者は、パレスチナとイスラエルの関係を描いた「パラダイス・ナウ」「ミュンヘン」ともに選ぶことを避けたように見えます。

この二つの映画のどちらかを表彰すると、影響力の大きいアメリカのユダヤ人社会から反発され、アメリカ国内の社会問題に発展しかねないと考えた印象があります。

スティーブン・スピルバーグの『ミュンヘン』は、すでに日本で公開されており、調べてみたら公式サイトも立ち上がっていました。

一方の『パラダイス・ナウ』は、日本で公開されるという話もあるようですが、どうなるかわかりません。

イスラエルとパレスチナ。どちらにも言い分があるとぐらいしか言えませんが、それならば両方の考えを理解できるように、『パラダイス・ナウ』も日本で公開すべきではないでしょうか。



<リンク>
イスラエル、カナファーニー暗殺を初めて認める ミュンヘン事件真相も

「自爆」をテーマにしたパレスチナ監督作品、全米で公開

映画:スピルバーグ新作「ミュンヘン」&ドバイ映画祭

映画:「ミュンヘン」by スピルバーグ

映画『ミュンヘン』雑感

Paradise Now - Photo Gallery

Yahooのムービーサイト「ミュンヘン」

PS:
どのリンクか忘れましたが、「ミュンヘン」に対しては、イスラエル国内からも非難が上がっているそうです。

|

« 20年の年月 | トップページ | 東京五輪の招致 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

2000年前はオラの土地だったべー

お前たちは出てけ


なーんて

急に言われたらどうしますか


そんな信じられない事を起こした動機は

何なのでしょうか


それが人を救うはずの宗教であるのなら

なんという事なのでしょう。

宗教の恐ろしさは、

本来そうであろうはずの神の意思とは関係なく

一部の人間が欲望や恨みの為に利用してしまうことにあるのではないでしょうか

それにしても中東が平和になるのはいつの日なのでしょうか悲しい事です


投稿: バース党万歳 | 2006/03/07 07:10


もこみちさまって

阪神では、誰のファンなんですか〜〜??^^


投稿: SP | 2006/03/07 20:31

人類滅亡

そのうち人類は滅亡するやろな。

世界中どこにでも大小の差はあれ、いろんな紛争があるもんな。 人間の(チバ、シガ、サガ)か。

あんな志を同じくするはずの者が集まった、某公式ファンサイトでも、絶えず小競り合いがあるんやもんなぁ。

元々どこかで基本的にいがみ合うように作られてるんとちゃうか。

きっとそのうち宇宙人が攻めてきて、チキュウジンワルイヤツって絶滅させられると思うな。

その瞬間に初めて世界はひとつになれるはず、全人類の共通の強大な敵が現れたとき。

そのときではすでに遅しですけど。

(せっかくの力作ですが、重いテーマはマジで書けまへん、すんまへん)

投稿: | 2006/03/08 02:44

>バース党さん
コメント、ありがとうございます。
石油の利権問題が見え隠れする中東の紛争には、宗教が巧みに組み込まれ、利用されている。
そんな印象を拭いきれません。
犠牲になるのはいつも一般の人々ですが、後ろで糸を引いているのは誰なのか?
そういう考えを巡らせながら、中東の問題を見ています。

>SPさん
金本に惚れ込んでいます。
若手では、入団当初はそうでもなかったんですが、だんだん鳥谷への期待が大きくなってきました。
生え抜きとかそういうのは抜きにして、阪神で野球をすることを選んだ人を見守るというスタンスです。
ダリル・メイだけは、例外ですが^^

>ありゃまさん
中東問題を少しでも理解したいのに、映画を観る機会どころか、映画の存在を封印したり、公平な視点にかけた報道があると感じて、書いてみました。

僕は、自爆「テロ」を理解したいというわけではありません。
ただ、テロという表現は、ある一方から視点で、自爆する側からするとテロという表現は当てはまらないのかもしれません。
中東問題は、すでにどちらかが「良い」「悪い」という括りで考えるようなテーマではなくなってきているのでは、と感じています。

白黒をつけるような議論は、わかりやすい反面、短絡的な結論を導きやすいという危険もあるように思います。

そういう危険を自分自身に言い聞かせたかったと考え、取り上げてみました。

投稿: 新猛虎道 | 2006/03/08 06:54


金本アニキのファンなんですネ☆ ^ ^

サワヤカも、アニキは

大好き&尊敬してます

鳥谷君ともども、

一緒に応援していきましょうネ ^ ^


投稿: サワヤカプリンセス | 2006/03/08 11:35


金本アニキのファンなんですネ☆ ^ ^

サワヤカも、アニキは

大好き&尊敬してます

鳥谷君ともども、

一緒に応援していきましょうネ ^ ^


投稿: サワヤカプリンセス | 2006/03/08 11:36


今日のオープン戦、日ハムに負けてましたネ〜(^_^;

VTRとってくるの忘れたから

夜に、ケーブルTVで、

何がいけなかったのか

検証してみようかナ〜


投稿: サワヤカプリンセス | 2006/03/08 18:08

今、ちょうど日ハム戦を見ています。

公式のテーブルスコアみましたが、

これから問題の4回が始まります。

投稿: 新猛虎道 | 2006/03/08 23:56


甲子園でも、イナバウアー??(^_^;

能見投手のアクシデント発生 & 不器用な井川ちゃん、急遽マウンドへ

仕方ないですよネ(;^_^

と、思うのですが、いかがでしょうか??

投稿: SP | 2006/03/09 00:39

すんまへん^^;

能見のアクシデントまで見てたんですが、
井川のピッチングが始まろうとした、
その時に、
実家から、迷惑メールの設定の仕方を教えてくれ、
との電話が・・・・。

結局、見過ごしてもた(汗)。

投稿: 新猛虎道 | 2006/03/09 00:59


阪神公式より

RE:ラジオでは [ナウクン] さん 3月8日(水) 18時55分 [218.185.139.84.eo.eaccess.ne.jp]

キャッチボールちょい程度の準備での急遽登板だった、
と言ってましたね。
(解説では、普通は、こういう時のために若手が準備してる
はずなんだけど、と言ってましたが)

本人は「中継ぎの方の大変さが分かりました」、
と前向きに大人コメントをしていた、とか。

能見投手は病院で検査したところ骨に異常なし、今のところ開幕に
間に合うかどうか少し心配、という状況だそうです。


井川ちゃんを、途中から投げさす意味が

わたしにはわかりません(^_^;


投稿: SP | 2006/03/09 01:37

オープン戦なので、勝ち負けや役割にそれほど
こだわる必要はないのかなと思いますが、

準備不足で登板して、フォームを崩したり、
肩に負担がかからなければ、
いいのかな、とも思います。

投稿: 新猛虎道 | 2006/03/09 02:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカデミー賞:

« 20年の年月 | トップページ | 東京五輪の招致 »