« WBC その7  | トップページ | 代表を集める理由がない »

2006/03/21

WBC 最終章 日本、世界チャンピオンに

王監督、世界一の胴上げ イチロー、松坂ら活躍 WBC
朝日新聞 2006年03月21日15時48分

wbc01  「王ジャパン」が勝った。アマ最強キューバを倒し、日本がワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の初代王者だ。九回二死、大塚がグリエルを空振りの三振。イチロー、上原が、ナインがマウンドの付近に集まって抱き合う。王監督の胴上げだ。1度、2度、3度。王監督が宙に舞った。

 日本は1回に4点を先制した。満塁から多村の死球で押し出しの1点。二死後、小笠原の四球で押し出しの2点目。続く今江の中前打で2点を加えた。

 五回はイチローの二塁打から好機をつかみ、2点を加えた。1点差とされた直後の9回にはイチローの右前打、福留の左前打など4点を奪って突き放した。

 日本の先発、松坂は1回、先頭打者本塁打を浴びた。しかし、2回からは立ち直った。5回からは渡辺俊―藤田―大塚とつないでキューバの反撃をかわした。


wbc03  日本は2次リーグは米国と韓国に敗れて1勝2敗、敗退を覚悟したが、優勝候補筆頭の米国の敗戦で辛うじて準決勝に進んだ。一度あきらめた日本に守るものはない。準決勝では韓国に「3度目の正直」で快勝。その勢いを保ち、栄冠をつかんだ。(共同)

     ◇

 〈日本代表・王貞治監督の話〉 たくさんの人たちに支えられ金メダルを取ることができてうれしい。こんな素晴らしい気分を味わえて言うことはない。(日本代表は)初めてだったけど、こんなにプレッシャーが大きいと思っていなかった。野球はスポーツの中でも最高のもの。それを選手たちがいい形で世界中にアピールしてくれた。(共同)





このチームでの最後の試合は、見事でした。
そして勝ち得た世界チャンピオンの栄誉に心から敬意を表します。

誇りをありがとう。王ジャパン!



追伸ですが・・・・。

<カーリング>小野寺選手、幼なじみと結婚へ

 トリノ五輪カーリング女子で7位に入賞し、カーリング人気に火をつけた「チーム青森」の主将、小野寺歩選手(27)が結婚することになった。青森市内で21日に開かれた五輪の市民報告会で明らかにした。相手は故郷の北海道北見市の幼なじみという。今後はコーチに就任する可能性もあるが、チーム青森での活動は続けるという。【喜浦遊】
(毎日新聞) - 3月21日20時56分更新

こちらは、おめでたい話ですね。
小野寺選手、おめでとう。

|

« WBC その7  | トップページ | 代表を集める理由がない »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

いやーー

すごいおもしろかったですねー

健闘した韓国民も喜んでいるかと思って

隣国の朝鮮日報のサイトを

どれどれと見に行くと

決勝戦を「気の抜けたビールのよう」とか失礼な事を言ってましたが

たとえ自国のチームが負けても

めったな事を言うと大変恥ずかしいということがよくわかりますね。

「ビールのない焼き肉屋」ぐらいにしとくべきですよねー^^


投稿: バース党万歳 | 2006/03/21 23:07

一度はあきらめた。
その後メキシコの奇跡。
それがとうとう最高の形で終わった。
自分はそうだったな。
日本は強かった。韓国もキューバも手ごわかった。
本当にこれで野球が大きくなりますように。

投稿: 箱庭村民 | 2006/03/21 23:09

わし、イチローって今までちょっと誤解してた。

シャンパンかけの時の、あんな素のイチロー、初めて見た。

でもこれって以前バース党さんがどこかで言ってたような・・・・。

とにかくイチローの本当に少しでも気づいた事は良かったよ。

おめでとう、イチロー。
おめでとう、チームジャパン。

君らは日本人の誇りだよ。

それと、小野寺さんも密かに(笑)おめでとう。

PS
ああ、公式で頑張って運動会に参加したもんで、指が・・・

ばね指。

投稿: ありゃま | 2006/03/21 23:14

>バース党さん
朝鮮日報、見てきました。

準決勝で負けた腹いせなのでしょうか。

違った意味で読みごたえのある作文でした^^;


投稿: 新猛虎道 | 2006/03/21 23:57

>箱庭村民さん

お久しぶりです。

世界チャンピオンに相応しい、そんな野球界になってほしいですね。

これからプロ野球が始まりますが、王ジャパンの監督、

コーチ、選手たちから学んでいってほしいです。

投稿: 新猛虎道 | 2006/03/22 00:04

>ありゃまさん

イチローも、また日本の野球を引っ張ってきた人物のひとりなんだと、改めて痛感しました。

イチローは、マリナーズというチームをどのように鼓舞していくのか、そういう面でメジャーリーグの動きにも関心が湧いてきました。

もちろん、藤川や久保田が経験したことを今シーズンの阪神タイガースの試合の中で見ていきたいと考えています。

メジャーリーグからは、金本がフルイニング出場記録を更新するという点に大いに注目してほしいです。

投稿: 新猛虎道 | 2006/03/22 00:11

欲を言えば---

1日帰国を延ばしてもう少し
あのチームでゆっくりさせてあげたかった。

ディズニーランドに行ってはしゃぐ
選手の顔みたかった。

ペナント開幕に向けて準備せなあかん
けど、取り残されたイチローと大塚も
きっと心の中で寂しいでしょう。

せめて1日ゆっくりさせてあげたかったナ。
もうすぐ帰国のようですが。

投稿: しんちゃん | 2006/03/22 18:22

こんばんは。

イチローは、ほんと寂しそうでしたね。

あの、イチローがこのチームで大リーグを戦いたいといったことが全てなのかもしれません。

次もまた、いいチームを作って、より発展した日本の野球を見せてほしいと思います。


投稿: 新猛虎道 | 2006/03/22 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBC 最終章 日本、世界チャンピオンに:

« WBC その7  | トップページ | 代表を集める理由がない »