« 我ながらケチ臭い話 | トップページ | 映画『アメリ』とパリーグ開幕 »

2006/03/25

超難解な文章

ハイデガー著『存在と時間 上』(岩波文庫 訳:桑木 務)より

序説 存在の意味への問いの究明

第一章 存在の問いの必要、その問いの構造と優位

第一節 存在への問いを、はっきりと繰り返すことの必要

「形而上学」を再び肯定することが、
現代の進歩のしるしだと考えられているにもかかわらず、
右の存在への問いは、いま、忘れさられています。

※形而上学とは(wikiより)
形而上学(けいじじょうがく。独:Metaphysik, 英:Metaphysics)は哲学の一部門であり、物理学や心理学や脳の生物学といった自然諸科学に、あるいはまた神秘主義や宗教や精神的主題 (spiritual subjects) に関係付けられる。非哲学者への紹介のために形而上学を定義することは、非常に困難(notoriously)であるが、存在、実在、普遍、属性、関係、因果性、空間、時間、出来事……その他諸々の、他の諸概念が、まさにそれに基づくところの現実性の基礎的本性 (the basic nature of reality) に関する、最も根本的な概念や信念の研究として定められる。

形而上学を定義することの困難の一部は、何世紀も前にアリストテレスの編者によって、西洋の哲学者たちが最初にその名を受け取って以来、変化してきた非常に多くの領野の内にある。根源的に形而上学的と考えられなかった問題が、次々に形而上学に加えられてきた。何世紀にも渡って形而上学的と考えられていた他の問題は、概して現在、宗教哲学、心の哲学、知覚の哲学、言語哲学、科学哲学といった、その独特の分離した副次的主題(subheadings)へと追いやられている。形而上学の部分と、ある時代または別の時代に、考えられてきた全ての問題について考察するには、非常に長い時間が要求されるだろう。

核心的な形而上学的問題と呼ばれうるものは、常に形而上学的と考えられてきた、そして、形而上学的でないと考えられたことがない問題である。そのような問題はたいてい、一般に存在論の問題、「存在としての (qua) 存在の学」である。

別の哲学的伝統は、西洋の哲学的伝統におけるそれよりも、形而上学的問題の非常に困難な概念を持っている。例えば、道教、そして実際多くの東洋哲学はアリストテレス形而上学の最も基礎的な教義のいくつかを、完全に拒んでいる。今では、西洋哲学においてはもはやほとんど完全に内面化し、疑いの対象になることはほとんどないが、しかしヘーゲルの論理学 (Science of Logic) のように、アリストテレス形而上学の多くの反対者は西洋にも現れた。


すでに、この本を買ってから、4ヶ月たちましたが、一番最初の文章でつまづいています^^;







誰か、解説してくださーい^^;

|

« 我ながらケチ臭い話 | トップページ | 映画『アメリ』とパリーグ開幕 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント


もこみちさま☆


サワヤカは、競馬の哲学なら、わかるのですが・・・^^

今日は、バースさん、忙しいみたいですネー


投稿: SP | 2006/03/25 02:31

「競馬の哲学」
いいですねー。

なんか僕も、万馬券をとれるよう、
SPさんの馬券セオリーにあやかりたいです^^;

投稿: 新猛虎道 | 2006/03/25 02:47


もこみちさま☆

明るい本ってなーんだ?

^^

では〜♪^^


投稿: SP | 2006/03/25 09:23

明るい本?

しばらく、ずーっと考えていましたが、

雑誌の『太陽』?

うーん、全然思いつきません^^;

なんやろ。おせーて^^

投稿: 新猛虎道 | 2006/03/25 21:54

「超難解な文章」について

これは導入部分なので、
後の文章を読んで、
初めて意味が分かってくる文章です。

なので、諦めずに続きを
読んで欲しいと思います。

簡単に解説すると、
「形而上学」という学問の成立は
プラトン、アリストテレスといった
古代の哲学者(哲学の創始者)達が
最初に考えた学問でした。

だから、「形而上学」そのものは
「解決された学問である」、
「古い学問である」と考える人が
多いのです。
しかし、「存在と時間」が出版される
1800年代後半~1900年代前半に
おいて、「形而上学」をちゃんと
考えていなかったから、
今の哲学の最新の問題が
解けないのではないか?という
風潮が高まりました。

そのはしりがヘーゲルであったりします。
そして、ハイデガーは、
「形而上学」で最も考えることが困難な
「存在」について、
まだ誰も再考していなじゃないか!
と怒るのです。
で、存在という概念を
形而上学の立場から、
しっかりと考える必要があると
「存在と時間」を書いたのです。

意味としてはこんな程度です。

投稿: marcy1974 | 2006/03/25 22:58


もこみちさま☆

明るい本ってなーんだ?

答) 伝記→電気  

^^


しかし、このわたしの、たわいもない

軽い、無邪気ともいえる、アホなコメレスに比べ

marcy1974さまの、コメントの奥深いこと・・・ 


形而上学が、まずよくわからないSPでした〜(^.^ ;


 


投稿: SP | 2006/03/25 23:09

>marcy1974さま

はじめまして。
コメントと解説、ありがとうございました。

わかりました!
諦めずに、最後まで読んでみたいと思います。

でも、どうやら、僕は、ハイデガーを読む前に、
形而上学について、少し理解する必要がありそうです^^;

岩波文庫であるようなので、そちらも読んでみます^^;

投稿: 新猛虎道 | 2006/03/25 23:52

>SPさん

なるほど、伝記(電気)ですか。
またまた、やられてしまいましたね^^

ところで、電灯をつけるとき
「電気つけて~」
と言いませんか?

おかしな言い方かもしれないと、以前から気になっていました^^;


投稿: 新猛虎道 | 2006/03/25 23:56

どうも。早いレスにびっくりしています。
「存在と時間」を読もうとする
意気込みに、頭が下がります。

岩波文庫の「存在と時間」を
お持ちのようですが、
私は岩波文庫で挫折した者です。
値段は高いですが、
ちくま学芸文庫のほうを強く
お勧めします。

マルティン・ハイデッガー
(細谷貞雄 訳)
「存在と時間」上
ちくま学芸文庫
ISBN4-480-08137-2

それから、岩波文庫の
アリストテレス
「形而上学」上
ISBN4-00-336043-5
を読むのは
あまりお勧めできません。
翻訳した年代が古いのと、
研究者向けに書かれていて、
原著の忠実な翻訳に熱心で
一般の私どものような
素人が読むのは
大変な苦痛を伴います。

「存在と時間」を読むには、
取り合えず、
「形而上学」の意味を
無視して読み進めては
どうでしょうか。
私は本に出てきた知らない
用語に全て鉛筆で線を引いて、
意味が分からないまま
通読したあとに、
線の部分を見返しました。
「存在と時間」という本は、
その本自体が、
言葉に意味を与えながら
哲学の説明をする本です。
そういう意味では
丁寧で親切な本です。
ハイデッガーは、
必ず序節でこれから
言うことを要約して、
その後に、それぞれの
言葉の説明を各節で
行います。

83節(最終節)を読み終えた
そのときには、
「形而上学」の意味が
分かっているはずです。

まずは
騙されたと思って、
読み進んだほうがいいと
思います。

でわでは。

投稿: marcy1974 | 2006/03/26 02:06

>marcy1974さま

いろいろとアドバイスをいただき、ありがとうございます。

別の方へも書きましたが、

映画を観たり、パリーグの開幕を観たり、

仕事の合間に高校野球を観たりと

仕事をかなりさぼっていたこともあり、

新猛虎道は、尻に火がついている状態です^^;

ネットで調べてみたところ、どうもちくまの方が評判が良いみたいですね。

岩波は、挫折された方も多いみたいでした。

こういう書の類は、「岩波文庫」というイメージがあったので、買ってみたのですが・・・。

とりあえず、いっぺん本屋で立ち読みしてみようと思います。

また、報告させていただきます。

投稿: 新猛虎道 | 2006/03/28 03:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超難解な文章:

« 我ながらケチ臭い話 | トップページ | 映画『アメリ』とパリーグ開幕 »