« 東京五輪の招致 | トップページ | 医療的ケアという“難問” »

2006/03/10

ある体験レポートとの遭遇

ネットサーフィンをしていると、ふとしたことで思いも寄らないウェブサイトに遭遇してしまうことがあります。

時には、読むに耐えない中傷だらけのサイトに出くわすこともあれば、予想をはるかに上回る面白いコンテンツを発見してしまうことも。

中傷ばかりが書き連ねたサイトだと、いくら温和な性格の僕(誰も認めてくれたことはありませんが・・・)でも、まるで事故にでもあったように不愉快な気分になってしまいます。

でも、面白いサイトは、そのサイトのテーマがユダヤ教を語る崇高なものだったり、ハイデガーの「存在と時間」のように哲学を語る難解なものだったり、そしてちょっぴりエッチなものだったりすると、余計に腹の底から笑いが出てくるものです。

たとえ、それがネタとして作られたものであったとしても。

niftyのメンテナンスがようやく終わったばかりなので、こういうネタを取り上げるのもどうかと思いましたが、とりあえずアップしてみました。

このサイトのリンクを貼るのは、諸事情により残念ながら割愛させていただきますが、とにかく読む価値があると感じたのです。


report01

report02

写真①  写真②  写真③  写真④  写真⑤  写真⑥  写真⑦  写真⑧  写真⑨

|

« 東京五輪の招致 | トップページ | 医療的ケアという“難問” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント


<温和な性格の僕

もこみちさんって、そんなかんじですヨ^^

もう寝るから、また、あしたネ

おやすみ〜^^

投稿: SP | 2006/03/11 02:06

このテーマでブログを書くのに、徹夜してしまいました。

http://shinmoukodo.way-nifty.com/kakisute/2006/03/post_658a.html

ついさっき、神の河、一杯ひっかました。

これから寝ますー。zzzzzz

投稿: 新猛虎道 | 2006/03/11 06:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある体験レポートとの遭遇:

« 東京五輪の招致 | トップページ | 医療的ケアという“難問” »