« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/29

地球は、どれでしょう???

突然ですが、問題です。

地球は、どれでしょう?(画像をクリックすると拡大します)
Taiyokei01

ちょっとした仕事の事情で、彗星について調べていたのですが、なぞの彗星「シュワスマン・ワハマン第3彗星」という彗星が、地球に近づいているそうです。

で、国立天文台のHPを見たら、面白そうなソフト「4次元デジタル宇宙プロジェクト」というのを見つけました。

今さっき、ダウンロードしたばかりで、まだ使い方もよくわかりませんが、画像をアップしてみました。

■問題の答え(画像をクリックすると拡大します)

Taiyokei02

太陽や地球、その他の惑星は、拡大表示したものみたいです。


ちょっと小さくてわかりにくいですが、やっぱり「地球は、青かった」^^


| | コメント (21) | トラックバック (0)

2006/04/27

仕事が・・・・

おとといぐらいから、明日の会議のための資料づくりで、徹夜状態が続き、今日は、昼間あった公判の傍聴議事録を作らなければなりません(泣)

阪神、勝ったのにー。

誰かー

テケスタ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/04/25

国鉄分割「設計ミス」とJR尼崎脱線事故

JR尼崎脱線事故が発生してから、ちょうど1年がたちました。

4月19日の毎日新聞には、旧国鉄分割・民営化時の運輸相で、国鉄改革を推進した橋本龍太郎元首相のインタビューが掲載されていました。

実は、このインタビューをどのように受け取れば良いのか、よくわかりません。

しかし、正直なところ、やはり日本は首都圏中心で物事が進められ、決められていくという印象が残りました。

橋本元首相は、事故の原因について、

事故が起きた映像を見て、脳裏によぎったのは「(分割時に)会社の設計をミスったかな」と。JR西日本の新旧社長があいさつに来た際に、「何かやり方があったんじゃないかと、おれ、悩んでるんだけど」と率直に話しました。

と脱線事故についての考えを言っています。

そして、設計ミスについて、国鉄からJRに民営化するときに、

新会社にできるだけ借金を背負わせないよう、あらゆる資産の売却を進めた。しかし、首都圏を抱えるJR東日本だけに「看板会社」になってもらうということで事業用資産をある程度持たせた。
(中略)
いずれにしろ、JR西日本は本州3社の中で一番、特別な考慮を払う要素の少ない会社。収益性の高い資産も少なかった。

と語っています。

旧国鉄分割における「設計ミス」が脱線事故の原因であるとは、言い切れないところがあると考えますが、JR西日本が収益を上げることに向かわざるを得なかったということなのでしょうか。

個人的なことですが、仕事で東京に向かうとき、新幹線の切符を新大阪では、買わないようにしていました。

本当かどうかは知りませんが、新大阪で買う切符は、JR東海の売上になり、JR西日本の売上にならないと聞いたことがあったからです。

別に地元意識が強いからというわけではありませんが、何か不公平な制度と考えていたからです。


JR尼崎脱線事故の犠牲者の方々のご冥福を心からお祈りします。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/04/23

在阪オーケストラの統合

Asahi_20060404

少し乗り遅れ気味ですが、関経連の秋山会長が在阪オーケストラ統合の「提言」とやらをしたそうです。

昨日、投稿された方のコメントで、いろいろ調べてみたところ、この「提言」は、いろいろなブログで取り上げられていました。

在阪オーケストラの各楽団がどのような演奏をしていたのかを知らないのですが、ブログで言われていたことを自分なりに考えてみると、こういうことなのかもしれません。

ローリングストーンズ、レッド・ゼッペリン、ディープパープル、キング・クリムゾン。これらの4つのバンドに対して、統合しなさい、と。


関経連の秋山会長は、これに等しい感覚の持ち主なのかもしれません。


毎日新聞に載っていたオーケストラ統合提言に対するオピニオン

| | コメント (15) | トラックバック (1)

2006/04/20

「あとさき」を考えない関西の“官民”

4月5日の毎日新聞に作家の高村薫さんのオピニオンが掲載されていました。

“述・私の確言”という欄で『 関西経済地盤沈下の元凶 』というタイトルです。
高村薫さんの意見やオピニオンに注目しているので、目にとまったときは、大体読むようにしています。

読んだあとの感想は、「なるほどなあ」というものでした。

今回のオピニオンは、関西経済人や自治体の凋落ぶりを『「あとさき」考えぬ官民』という見出しで書かれています。

経済分野においては、関西の経済人の凋落ぶりを示唆し、自治体に対しては、「彼らが築いた借金の山を見よ」と切り捨てています。

そういえば、明治から戦前には「大大阪」を築き上げたり、戦後には復興に尽力した、器の大きな人物が関西にいましたが、今はどうでしょう。

関経連なんて、日本経団連の地方支部みたいに見えてしまいます。

『「あとさき」考えぬ官民』最後は、こう締めくくられています。

「あとさき」を考えて投資をし、儲けるときは儲け、借りた金は返す。これが商いの商いたる所以であったとすれば、そんな矜持が跡形もないいま、関西経済の復権は望み薄である。とすれば、いまやどこよりもお上べったりの大阪は、まず商都の名を返上し、そこから出直すべきだろう。

まさに、そのとおりだと思いました。


会社や役所のおエライさんの下で、不条理な要求ばかりされながらも頑張っている人がいることは事実ですし、高村さんも、そういう人たちのことをむしろ応援しているでしょう。

しかしながら、トップがしょぼいと、頑張っても報われないことも事実です。

あ~あ。

寒い話題になってしもた~(汗)

記事のソースが見つからないので、記事を読みたい方はこちらをどうぞ

PS:
インターネットは、オピニオンリーダーの署名記事を読めないところが難儀やなあ。

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2006/04/17

『俗物図鑑』もTVドラマ化、お願いします

深キョン刑事 さらにお嬢様♪

デイリースポーツonline
Fugokeiji_3  女優の深田恭子(23)が主演するテレビ朝日、ABC系ドラマ「富豪刑事デラックス」(21日スタート、毎週金曜後9・00)の収録をこのほど、京都で行った。

 刑事にして超大富豪の孫娘という役柄。この日は淡い茶色のジャケットに、色とりどりの花模様がデザインされた同色のスカート、同じく花模様がデザインされたスカーフという、春らしい“お嬢様ファッション”で登場し、刑事という役柄ながら“富豪ぶり”を見せつけた。

 05年1月から放送された前作の続編。「今回は春の暖かい時期なので、前回以上にドレスもたくさん着ます。お嬢様ぶりもさらにデラックスになりました」と、深キョンスマイルでバージョンアップした富豪ぶりをPRした。

五重の塔をバックに、笑顔も春らしい?深田恭子


普段、全くTVドラマを見ません。

前回、TVドラマを見たのはいつかと記憶を掘り起こしてみたところ、15年前ぐらいにやっていた連続ドラマの『法医学教室の事件簿』でした。

なぜ、この番組を見たかというと、名取裕子が出ていたからです。
なぜ、名取裕子が出ていたから見たのかというと、名取裕子が好きな女優のひとりだからです。
なぜ、名取裕子が好きかというと・・・・。

ともかく、久しぶりにTVドラマを見ようと思いました。

『富豪刑事』は、いわずと知れた筒井康隆の小説をTVドラマ化したものです。
今年の1月から3月にかけて、すでに放送されたようですが、TVドラマを注目していなかったこともあり、知りませんでした。

原作がどんな風にドラマ化されたのか、とても興味があります。

個人的には、『俗物図鑑』をTVドラマでやって欲しいと思います。

たぶん、できんやろけど。


| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006/04/16

WBCトロフィー

今日は、寒かったのですが、天気が良かったので、甲子園球場にWBCトロフィーを見に行ってきました。

Wbc01

WBCのトロフィー。ガラスケースの中に飾られて、キラキラと輝いています。
丸いボールに反射している中に、新猛虎道が紛れ込んでいます。

Wbc02

そして、WBCの金メダルです。
せっかく撮った写真ですが、手元がブレてしまいました。

白い横長のボードにかすかですが、「藤川球児選手・久保田智之選手金メダル」と書かれているのが読み取れるでしょうか。

WBCのトロフィーは、甲子園球場の外のライト側にある「阪神タイガース史料館」で展示されていました。
試合が始まる10分前ぐらいから、並び始めましたが、トロフィーをひと目見ようと、すでにたくさんの人が並んでいました。
タイガースのジャージを着ている人も見かけましたが、普通の服装の人もおり、僕の横には女性の方が一人で見に来ていたようでした。

展示会場への入場は、規制されていて、なかなか前に進みません。
拡声器を使った係員は「写真撮影をされている方がいます。入場までしばらくお待ちください」と案内をしていました。

ようやく入り口付近まで来たころには、午後2時35分ごろでした。

並んでいるとき、ライトスタンドからは攻撃時の応援が聞こえ、濱中の応援歌の途中で、一瞬歓声が静まりかけ、その後に大歓声が響きわたりました。
何が起こったのかは、すぐにわかり、並んでいる人の間から、「ホームランや!」という声があちこちで聞こえてきました。

展示会場の入り口まで来ると、中には一列になって順番に入場できるようにしていました。

入場してWBCトロフィーの前に来て、とりあえず携帯のカメラと普通のカメラ(フィルム)で撮影。
しかし、係員から「撮影が終わられたら、お進みください」との声。

その間、約30秒ほど。
WBCの初代世界チャンピオンという感慨に浸る間もなく、とっとと追い出されてしまいました。

結局、両方のカメラで撮影した枚数は、5~6枚程度に終わりました。

トロフィー、メダル、ユニフォーム、写真パネル2枚が展示してあったのは、わかりましたが、他に何があったのかわかりませんでした。

その後は、ツタのさむい景色を見ながら甲子園球場をぐるりと回り、大阪に向かいました。

もう少し、ゆっくり見たかったな~(ガックシ・・・)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006/04/15

上方浮世絵

もう1年以上前のことですが、『上方浮世絵の世界』という本を買って、斜め読みしました。

浮世絵は、日本の文化として今でも国内で注目されています。
僕も、春画から興味を持ちましたが、その多くは江戸浮世絵です。
そんななかで「上方浮世絵」という響きに新鮮さを感じてこの本を買ってみました。

上方浮世絵は、Osaka Printsと呼ばれて海外でも注目されているそうです。
(ちなみに、googleで、osaka printsを検索すると45万件以上ヒットします)

上方浮世絵の特徴は、役者絵が中心で、女形の役者を美化せずに写実的に描くところだそうです。

昨年、大阪歴史博物館で「日英交流 大坂歌舞伎展 -上方役者絵と都市文化-」が開かれました。
この展示は、the British Museum(大英博物館)でも、「Kabuki heros on the Osaka stage」として開催されたようです。

0005

これは、江戸時代の上方浮世絵師、長谷川貞信が描いた、にわか花魁の図。大坂歌舞伎展で販売されていた図録に掲載されていたものです。

吉原の花魁に扮して、豪華な衣装で「にわか」を演じているのは、大坂の町人の「男性」。
役者絵ではありませんが、女装した男性として写実的に描いているところがよくわかります。

上方浮世絵には、長谷川貞信のほかに、流光斎や松光斎、芦国、北洲、芦ゆき、よし国がおり、時代を遡れば、西川祐信、大岡春ト、耳鳥斎や翠釜亭などがいます。

『上方浮世絵の世界』の中には、五代目長谷川貞信さんと著者の対談があります。

この五代目は、江戸時代から父子相伝で受け継がれている方で、なんと女性であり、今も日本画を描いているようなのです。

昨年、歌舞伎役者の中村鴈治郎が230年ぶりに、上方歌舞伎の祖といわれる四代目坂田藤十郎を襲名しました。

今も大阪(上方)には、長谷川貞信という浮世絵師がいるのであれば、襲名の模様や坂田藤十郎としての役者姿を浮世絵として残しておいてもよかったのでは、と思いました。



■今日の阪神タイガース

7対0でタイガースが勝利(^^)

◇井川、通算1000奪三振を達成!
◇初回に5連打で3点。4回にシーツが3ラン、6回に金本がタイムリー!!!

ヒーローインタビューで場内に音声が流れなかった時の阪神ファンの怒号は、すごかったー

そらそうよ。その場にいてたら僕も怒鳴り散らしとったやろなー^^;


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/04/13

サントリーの「ビミョ~な言い回し」

サントリー「ジョッキ生」一部製品の自主回収についてのお詫びとお知らせ

お詫びとお知らせ

お客様各位

平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

さてこのたび、弊社が製造・販売しておりますサントリー「ジョッキ生」の3月下旬・武蔵野ビール工場製造分の一部に、香り・味のバラツキが大きい製品があったことが判明いたしました。ここにお知らせするとともに自主回収させて頂きます。

尚、当該製品を飲用されても健康には全く影響なく、食品衛生法上も問題あるものでもございません。
また下記対象製品以外の製造分については、全く問題ありません。

お客様のお手元に対象製品がございましたら、誠にお手数ではございますが、下記の要領にてお送り頂きますようお願いいたします。
このたびはお客様、お取引先様に大変ご迷惑をお掛けしますことを深くお詫び申し上げます。何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2006年4月12日

サントリー株式会社


「『ジョッキ生』は、不味い!!!」っちゅうクレームが殺到したんやろな~(たぶん)




| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/04/11

ダチョウ肉は旨いらしい!?

ダチョウの卵100個焼ける 神戸市の牧場
朝日新聞 2006年04月11日20時49分

 11日午後3時半ごろ、神戸市西区神出町宝勢のダチョウ牧場「オーストリッチ神戸」付近から出火、鉄骨プレハブ平屋建ての事務所と、卵の孵化(ふか)に使っていたコンテナ2棟の計約100平方メートルが焼けた。けが人はなかったが、ダチョウの卵約100個とヒナ1羽が焼けた。

 県警の調べでは、コンテナの中で電熱器を使って卵を人工孵化させていたといい、出火原因を調べている。同牧場は約1300平方メートルの敷地で約400羽のダチョウを飼育、ダチョウ肉を販売するなどしているという。

                 ◇                        ◇

日本でダチョウが飼育され、販売されていたなんて知りませんでしたが、どうやらダチョウの肉は美味いらしい。

ダチョウ王国というサイトによると、フィレステーキやら、ソーセージやら、いろいろ食べ方があって、ダチョウの刺身、ダチョウの親子丼までありました。

Dachonosashimi
ダチョウの刺身は、もうひとつ食べたいと思いませんが、


Dachounotataki
ダチョウのタタキは、なんとなく美味そうに見えます。


ただ、その前に、「ダチョウ」から連想するのがこれでして・・・

Dachoclub


Dachou

よく見ると、肥後の顔って、ダチョウと似てませんかねー



なので、美味いと言われても、なかなか食べる気には、なれないと思いますぅ。


誰か、ダチョウを食べた方、本当のことを教えてくださ~い^^;

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2006/04/10

金本知憲 連続フルイニング出場記録を更新

今日は、仕事があったため、阪神対横浜の試合をリアルタイムで見ることができず、先ほどGAORAの再放送を見ました。

自分としては、何の先入観も持たずに世界記録達成を見たかったため、帰宅した6時半ごろから再放送が始まる時間まで、インターネットも、スポーツニュースも、全てシャットアウトしていました。

再放送まで待ってるの、辛かった~

試合は、10対5で阪神タイガースが勝利。

しかし、金本がいつも言っているように、フルイニング出場の記録更新はひとつの通過点でしかないでしょう。

これからも、応援するぞ~~~!

Kanemoto

(しょぼい絵やな~~~~)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006/04/08

黄砂

今日は、一日中、風がスゴイのと、黄砂の影響か、視界が悪かったですね~

(Wikipedia「黄砂」より)
黄砂(こうさ、Yellow sand)とは中国大陸の砂漠の砂が砂嵐によって上空に巻き上げられ、偏西風に乗って飛来し、地上に降り注ぐ現象のことである。気象庁によると大陸性の土壌粒子によって視程が10km以下になる現象と定義されている。主な発生源としては、東から黄土高原、ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠がある。
また黄砂は、大気汚染物質などと一緒に大気中に長くとどまり、周辺の雲の色を茶色く変色させ、農作物への被害が指摘されている褐色雲をつくる事もある。

日本では、夏以外に観測されるが、特に春先(3月から5月)によく観測される。西日本や日本海側で観測されることが多い。大量の場合は視界が悪くなったり洗濯物が汚れたりといった被害も発生する。気候によっては冬場でも発生し、これが雪に混じると積雪が黄色く見えることもある。近年その発生が増加傾向にある。中国での過剰な放牧や耕地拡大などがその増加の原因の一つとの説もあり、環境問題としてとらえられる場合もある。 日本では、2000年から2002年の黄砂観測日数が50日前後となり、平年を大幅に上回った。

中国や韓国でも観測される。資料がないため確認はできないが、北朝鮮やロシアでも観測されるものと思われる。中国では特に東部で観測され、都市部では、最近の経済発展による大気汚染との相乗効果で、視程がかなり悪くなることがある。

黄砂の量は、発生地の天候に左右される。発生地で降水量が多いとその後の黄砂は減り、逆に降水量が少ないと、黄砂が増える。

http://www.data.kishou.go.jp/obs-env/hp/4-4kosa.html

中国に本腰で対策してもらわんとなー。



■今日の阪神タイガース

5対2でタイガースが勝利

◇金本が903試合連続フルイニング出場!
◇今岡が2本のホームランを含む4打数3安打で復調!
◇安藤が完投を逃すも9奪三振!


明日は、いよいよ世界記録の更新です!!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/04/06

今日の阪神戦

今日の試合も見れなかったのですが、阪神が14安打、広島が9安打で、延長12回、2対2の引き分けだとか。

試合経過を見ると、今岡のところで打線が切れている印象がありますが、どうだったのでしょうか???

今岡の昨日(4月5日現在)までの打撃成績は、16打数で3安打。打率1割8分8厘の打点3。

今日が4タコなので、20打数3安打ですか。

打つほうがどうも波にのれないようですねー

体調が悪いということなら、しばらく休む、ということが必要なのかもしれません。



体は鉄人、心は偉人! 金本、信頼関係構築

 9日の横浜戦でフルイニング連続試合出場の世界記録を更新する阪神・金本が5日の広島戦で、同級生・下柳の通算500試合登板での勝利を今季2号本塁打を含む3安打で祝福した。

 この2人、他球団から移籍してきたこと、年を食っている(失礼)こと以外にも共通点がある。トレーナーやスコアラー、打撃投手やブルペン捕手といった裏方さんを大事にする点だ。

 ある遠征先でのこと。現場関係者がワケもわからず高級クラブに入ってウン十万円也の請求書を突きつけられた。悩んだあげく、携帯で「助けてくれ」と呼び出したのが金本と下柳。しばらくして店に現れた2人は、座るなり1杯だけ飲んで、キャッシュで全額払ったという。

 以前は裏方さんの集まり、飲み会があると付き合っていたが、「昔のように死ぬぐらい飲むことができる年ではなくなったからな」とグラウンド外での体力の衰えは隠せない。そんな時も「『ボクはいけないけど、これだけあれば飲めるやろ』と軍資金を出してくれるんですよ」と関係者は証言する。

 そんな裏方さんの中でも、金本が最も信頼をよせる1人が、ベテランの杉田トレーナーだ。「試合中だけでいいから痛みを感じないようなマッサージをお願いします、とか、いろいろボクのワガママを聞いてもらってますんでね」と金本。「モミの杉田」といわれる技術力にほれ込んで、オヤジと呼び親しんでいる。

 そのオヤジが来年2月、60歳で定年を迎える。それを知ったアニキはあせった。「ボクらが現役を辞めるまで絶対にトレーナーを辞めないでくださいよ」と懇願。「会社が給料を払わんというなら、ボクと矢野、下柳がお金を出し合って雇いますから。個人トレーナーとしてチームに残ってください」。下柳、矢野も「そろそろのんびりしたいわ」とリタイアに傾く杉田トレーナーを必死で慰留している。

 「ワシも金本、下柳、矢野の3人に言われたときはホンマ涙が出るぐらいうれしかったわ。あいつらは一流プレーヤーなのに偉そうにしない。そのハートが好きなんや」(杉田トレーナー)

 5日の広島戦で、フルイニング連続試合出場を900の大台に乗せた金本。「900は節目じゃない。オレの節目は904。きょうは下柳のためにも(活躍できて)よかった」とサラリ。男っ気満開のアニキが、その節目を迎える日まで、あと3日だ
(夕刊フジ) - 4月6日17時1分更新


ガンバレー、金本ー!!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

Blues Piano 1

ブルースピアノをマスターしたいなあ、と思っています。

すでに購入してから、だいぶん経ったCD付のブルースピアノの教則本。

Barrelhouseboogiepiano

なぜか、こういうボロボロになったアップライトピアノと酒場に憧れています^^;

Bluesnorekishi

19世紀末からのブルース音楽の歴史を調べた本(愛読書のひとつです)

Rolanddegitalpiano

“音づくりを可能にするピアノ・カスタマイズ機能”(ローランド)
アップライトの音色が作れます。

デジタルピアノは、ローランドかカワイが鍵盤のタッチがホンモノに近いです。
(ヤマハ、カシオは、イマイチ)

いろいろ好きなピアニストがいますが、

Albert_ammons

ええ顔してますねー^^

やっぱり、アルバート・アモンズの「Boogie Woogie Stomp」が最高です(^^)

Boogie Woogie Stomp (たぶん 連弾)

Boogie Woogie Stomp (ソロ その1)
(リンク先は、同じです。previewの中からクリックすると別ウィンドウで視聴できます)

Boogie Woogie Stomp (ソロ その2 サビの部分)



PS:
今日は、飲みに行ってしまい、野球見れなかったー

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/04/04

今日のおやつ(新猛虎道編)

Shinmoukodonote04




おやつの後は、パソコンばかり打っている指をほぐす運動。



Shinmoukodonote05



全然、美しくありませんが・・・^^;

Shinmoukodonote03

プププ! 変な手相。


ちなみに3番目の写真は、偶然にも実物大よりもちょっとだけ小さめになりました。


そういえば、先ほどの冬のシーズン。手袋を買おうとしましたが、小さいのばっかりで苦労しました。

試着しようとすると、手袋が破れそうになるんです。

女性の手は、「白魚のような手」と言いますが、この手は、何に例えられるでしょうか?

全然、関係ありませんが、今日は、鰹のたたきをいただきましたー







| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006/04/03

ベルギービール

4月に入り、まだ肌寒い気候ですが、これから暖かくなると、飲みたくなるのが冷えたビールです。

自称ビール党ですが、普段はもっぱら発泡酒ばかり飲んでいます。

Hoegaarden そんな中、1997年にインテックス大阪で開かれた食博覧会で、出会ったのがベルギービールの「ヒューガルデン」です。

それまで外国のビールといえば、アメリカやドイツのものしか飲んだことがなく、国産ビールに舌が慣れていたこともあり、あまり好きになれませんでした。

「ヒューガルデン」は、少しフルーティーな感じがしますが、コクもあり、色もきれいで、とても美味しく思いました。

少々値段が高く、阪神百貨店ぐらいでしか見たことがありませんでしたが、先日、近所に輸入ビールを扱っている店を発見し、ヒューガルデンを売っていることを知り、感動のあまり買ってしまいました。

さっきまで、JSPORTSでライブでやっていた、サイクルロードレースのツール・ド・フランドル(ベルギー)を見ていて、ヒューガルデンを飲みたくなりました。

食博の時に知ったのですが、ベルギーといえば、ワッフルを思い出しますが、料理も結構美味しいものが多いそうです。

今日は、キムチをアテに、ダイエーで売っていた韓国の発泡酒「バーゲンブロー」(ロング缶で140円そこそこ)でしたが^^;

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006/04/01

こんなの初めてみたわ!

阪神公式の掲示板。アクセスが集中したのか、理由はわかりませんが、えらいものを目撃してしまいました。

証拠(?)として画像にしました^^;
(正確を期すために、画像と画像のつなぎをダブらせていますー)

Tigers01

Tigers02


Tigers03


Tigers04


Tigers05


と、ここまでは、いつもの画面ですが・・・・・

その後がスゴイ!!!


Tigers06


Tigers07


Tigers08

いやあ、去年までは、スレッドやレスが右側にずれたり、画面の色が変わることがありましたが、こんなのは、初めてでした。

なんか、シーズンが始まったなあ、としみじみ。

記念に残そうと思いました~~~^^;

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »