« 地球は、どれでしょう??? | トップページ | キース・リチャーズ »

2006/05/02

「体罰は教育だ」 by 戸塚宏

「体罰は教育だ」戸塚校長が刑務所から出所
朝日新聞 2006年04月29日12時08分

 愛知県美浜町の戸塚ヨットスクールで80年代初め、訓練生4人が死亡するなどした事件で、傷害致死や監禁致死罪などに問われ、懲役6年の実刑判決を受けた戸塚宏校長(65)が29日朝、刑期を終えて、静岡刑務所を出所した。戸塚校長は記者会見で「体罰は教育だ。正しい教育論がないから教育荒廃が起こる」と持論を展開。再びスクールで指導することや、再審請求する考えのあることを明らかにした。

 戸塚校長は午前9時すぎに、支援者らの出迎えを受けて出所し、その後、JR静岡駅の駅ビルで弁護士とともに記者会見した。

Totukahiroshi_1  戸塚校長は判決について「二審の判決は私がやってきたことを簡単に否定したので、罪を認めることはできない」と述べ、再審請求の意向を示した。遺族に対しては「4人を悼む気持ちはずっと裁判の中でも言ってきた。刑期は果たしたし、反対者は次にやることを邪魔しないでほしい」と語った。スクールを続ける考えを示すとともに、「今後は教育の分野に進みたい」とも話した。

 今後の教育方針について「子どもへの態度は昔も今も変わっていない。体罰のこつは『進歩、進歩』と考えながらやることだ。それがなくなるとだめだ」と話した。






Wikipediaより(抜粋)

戸塚 宏(とつか ひろし、1940年9月6日 - )は、各種学校経営者。戸塚ヨットスクール校長。

愛知県生まれ。名古屋市立菊里高校、名古屋大学工学部機械工学科卒。在学中にヨットに出会う。

1975年、沖縄海洋博覧会記念太平洋横断レースで抜群の記録を残し、一躍注目される。太平洋シングルハンド横断の世界記録41日を作る(「太平洋一直線」オーシャンライフ社)。

1976年、株式会社戸塚ヨットスクール開校。「スパルタの海」で紹介されている体罰肯定のヨット訓練で不登校児を中心にした情緒障害児の治療に当たるものの、指導者らの過度の訓練で死亡者を出し、1983年6月18日、コーチと共に監禁致死罪で逮捕される。


名古屋大学工学部卒とは、知らんかった。

体罰は、行き過ぎるのはダメだと思いますが、時には必要な場合もあるのでは。

世の中には、「人を殺してみたかった」とか、「以前、母親を殺した感覚が欲しかった」などという、人でなしが増えてきていますからねー。

なんでも、画一的にしか考えられない社会のほうが、ある意味、恐いです。

|

« 地球は、どれでしょう??? | トップページ | キース・リチャーズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

このおっちゃん、まだおったんや。 刑務所におったんやねぇ。 そりゃそうやわなぁ。

ま、新猛虎道さんの言うこともわかりますが、一人死なせたとかとちゃうからなぁ。

情緒不安の子供にもいろいろなタイプがあると思うし、なんでもかんでもスパルタっていうのもどうかな。

確かに世間の反応、マスコミの取り上げ方、批評家の論理もおかしなところがいっぱいです。

ただ、厳しくするのはいいとして、ケアはぜったい必要。 死なせるというのはあまりにも不注意過ぎる。 それも4人も。

このおっちゃん自体が、おかしな人間の一種なんやろねぇ。

最近認知症など介護を要するような施設において、介護者が患者を殺してしまう、それもイライラがつのってみたいな感じで殺してしまうというような例が見られるけど、

こういう人の面倒をみるとかいう方は、余程の覚悟と、しっかりと冷静に判断できる能力が必要だと思い知らされますねぇ。

難しい問題です。

投稿: ありゃま | 2006/05/02 01:17

>ありゃまさん

僕は、戸塚氏を認めるつもりは、ありません。
4人が死んだのは「体罰」ではなく、「暴力」だと思うからです。

「体罰」と「暴力」のどこが違うか、うまく説明できませんが、少なくとも、僕は、小学校、中学校、高校で先生から「体罰」を受けてきました。

親や先生から、叩かれたり、つねられたり、殴られて歯がかけたり、口の中が切れて血だらけになったことがあります。

「体罰」を受けたのには、それなりの理由があるわけで、自習の時間に教室内で野球をしていたり、未成年ではやってはいけないことをしたり、うそをついたり、などなど。

「体罰」を受ければ、確かに痛いし、腹も立ちます。
しかし、「体罰」によって、「痛み」を知ることができたと思います。

僕は、スポーツをやっていた関係もあり、高校ぐらいまでは、相当の腕力がありました。

その腕力では、ちょっと小突いても、普通の人にはかなり痛いし、怪我させるかもしれない、と親から言われたことがあります。

それを言われたときに、「痛み」というもの気がつきました。

やっぱり「体罰」を受けていたことが僕にとっては、プラスになっているように思います。


投稿: 新猛虎道 | 2006/05/02 01:40

戸塚氏の教育論そのものは、

すごーく理解できます。

そして石原慎太郎氏が戸塚氏を支持する会の会長というのも納得です。

ただ、新聞やマスコミの一般論と違う視点から見ると

この人の犯した罪はとてつもなく大きい。
犯したミスというべきか。

なぜなら、この事件を契機に日本の教育から体罰はまたたく間に消え去り、
教師と言う重しはなくなり
そして日本の公教育はヒステリックなバカ親と共に崩壊してしまった。

と僕はそう考えます。

ただ、この時期に出所してきたのは
これもまたこの人の天命であるかと思います。

この人が反省をもとに、やり残した事を通じて
でもいいから、
今後の日本の教育のあり方について
社会が再び問題提起される事を望みます。

やりすぎはだめですが

それにしても
教師による体罰という痛みをしらない世代は
簡単に人を殺すような気がしてなりません。


今日もテレビで放送していましたが

実の母を殺した快感がわすれらない犯人に

姉妹を殺されたお父さんの悔しさ

そして、平気で犯人を弁護する弁護士・・・

戸塚氏は、出所した日本の教育現場や社会が、あまりにも変わっているのにびっくりされているような気もします

投稿: バース党万歳 | 2006/05/02 01:54

>バース党さん

人を死なせたことで、体罰=暴力という構図を作り上げたのが、戸塚ヨットスクール。

その画一的な固定観念が世の中に広がりはじめてから、教育の荒廃が始まったような気がします。
(実は、そんなにはっきりとは知らないのですが^^;)

ミナミの姉妹のニュースは、本当にやり切れないですよ。

再犯した犯人に、精神鑑定なんてする必要があるのか?

父親の叫びを聞くのは、つらかったです。

投稿: 新猛虎道 | 2006/05/02 02:15

新猛虎道さん、実はわしも体罰容認派、というか大歓迎なんですよ。

古いからね、けっこう。 わしもよう殴られたなぁ、悪いことようけしたからなぁ。

公式なんかでは、わしヒツジやけどね、たぶん実際を知ったらみんなビックリすると思う。

ウチの子、みんな素直でいい子ですよ、オヤジが恐いからねぇ。

やっぱり子供は悪いことした時に怒る、言うても聞かんかったら、どつく。

ただ、それをするには叱る側に愛情が必要なんですよね。 殴るにしても最初はパーで、それで利くのもおれば利かんのもおるんで、そんときゃグーでとなるんやけど、感情で怒ったらあきませんね。

相手(子供)にそれが伝わっちゃう。 子供もバカじゃない。

おやじは子供には怖れられ、かつ愛され、しかも尊敬されなきゃならん。
大変な役どころやと思いますねぇ。

だいたいケンカするにしても、手加減無しの思いっきりやれば、例え素手でも打ち所が悪ければ死なす可能性はある。

人の痛みの解る人間に育てなあかんですね。

今、教育の場では体罰うんぬん以前に、子供に対して逆に恐怖を感じている先生すら居るんじゃないかと思います。

頼りないんですよ。 子供にナメられたら最後、先生なんてでけんと思うんやけどなぁ。

こないだの塾の先生、女の子を刺し殺したヤツ。 ビックリしました。 なんと弱いヤツが先生やってるもんやって。

そうですね、先生が自由に体罰でも使えるような、平和な世の中がええんですけどねぇ。

情報が錯綜し過ぎてるんですかねぇ。


あと、この戸塚のおっちゃんがまたスクールやったとして、子供を入れる親はいるんでしょうか? おったらどういう考えで入れるんか、聞いてみたいです。

自分の子供に教科書に載ってる事以外の事、人の痛みも含めて、教えるのは親しかないと思うんやけど。

親はどんどん子供をどつかんなあかんよ。
もちろん愛情を持ってね。

投稿: ありゃま | 2006/05/02 02:42

最近は、愛情のある「体罰」すら受けていない大人も増えてきているようです。

「体罰」の「痛み」を知らない大人は、手加減というものを知らないということも考えられそうです。

手加減を知らないということは、「思いやり」が無いということにもつながると思います。

これは、想像力の欠如という思考停止の状態でしかないような気がします。

最近は、「思いやり」という言葉も聞かれなくなりました。

いい言葉だと思うんですがねー

投稿: 新猛虎道 | 2006/05/02 03:43

ワロス曲線http://blog.livedoor.jp/vamos/archives/50234968.html

中国史
http://blog.livedoor.jp/vamos/archives/50249233.html#comments


このブログ結構おもしろいですよー

投稿: バース党万歳 | 2006/05/02 13:57


もこみちさま☆

髪の毛、フッ で

横になびく漫才師の人・・・


ア〜〜〜、名前がでてこない

誰やったっけ〜〜


似てませんかーー?? ^ ^


投稿: SP | 2006/05/02 17:00

>バース党さん

リンク先、読ませてもらいましたー^^

僕は、為替のことがあまり詳しくないのですが、ワロス曲線が意味しているところで、笑ってしまいました。

もうひとつの中国史の方は、つい先日、別のブログで見ていて、韓国って、すげえところやなー、と。

この方のブログは、文章が面白いですねー

投稿: 新猛虎道 | 2006/05/02 23:58

>SPさん

いてた、いてた!

それに、似てる、似てる^^

でも、名前、出てきませんわ。

投稿: 新猛虎道 | 2006/05/02 23:59

このブログの人の旅行記みたいなのも
すごく面白いですよー

つわりでおえおえって割には

すっごいパワフルで^^


投稿: バース党万歳 | 2006/05/03 01:26

女性の方やったんですか!?

記事だけ見てたんで、気がつきませんでした。

今度、ゆっくり読んでみます^^

投稿: 新猛虎道 | 2006/05/03 02:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「体罰は教育だ」 by 戸塚宏:

» 戸塚校長 徳育 を語る [王様の耳はロバの耳]
GW 第四日目の昨日2日昼 この日は店が休み 昼前後から激しく雨が降り出し雷も鳴った 自宅でテレビ朝日を見るとも無く見ていると大和田獏さん司会の番組に戸塚ヨットスクール校長の戸塚氏が出演した 出所後も「体罰は教育である」と言ってはばからないと戸塚氏に対しもう一方のゲストと大和田氏がかみ合わぬ議論を繰り返す  {/hiyoko_cloud/} 爺は覚えているけど1980年代に戸塚ヨットスクールで箸にも棒にも掛からない馬鹿な若者を預かっ�... [続きを読む]

受信: 2006/05/03 11:07

» 体罰と学校教育 [りゅうちゃんミストラル]
戸塚ヨットスクールの戸塚宏校長がこのところテレビに出ている。どうやらこの方は体罰を肯定したいらしい。そこで今回は学校教育と体罰について考えてみたい。学校教育法によると、体罰は禁止されている。まずは条文を読んでみよう。<第11条>(懲戒)★★★校長及び教...... [続きを読む]

受信: 2006/05/12 18:07

« 地球は、どれでしょう??? | トップページ | キース・リチャーズ »