« W杯 髪の毛一本の可能性でもしがみつく | トップページ | 日本代表ジーコ監督 退任会見全文(3/3) »

2006/06/23

日本の2006W杯が終わって

ブラジル戦後 ジーコ監督会見

2006FIFAワールドカップ・グループリーグ第3戦
2006年06月23日



■オーストラリアとの1-3の試合が痛かった



――引き分け1回で勝ち点1。その原因は日本の選手か、それとも監督か?


監督が試合に勝つわけでも、負けるわけでもない。選手が試合に勝つわけでも、負けるわけでもない。チームだ。
今日ブラジルに負けたために敗退したのではなく、オーストラリア戦の最後の8分間で敗退へ向かっていた。クロアチア戦、ブラジル戦によって敗退したわけではない。オーストラリアとの1-3の試合が痛かった。それでも選手は全力を尽くそうとした。選手は素晴らしい闘志を見せたが、グループリーグで敗退することになった。



――ブラジルについては


すでに決勝トーナメント進出を決めていて、落ち着いていた。交代策も冷静だった。ブラジルは速く、日本はマークに苦しんだ。ブラジルが能力を発揮したときはすごかった。ロナウドが私のチームにいればいいなと思う。それだけ彼は相手チームとの違いを作り出すことができる。
ブラジルにとって仕事は簡単だったと思う。われわれは2点差をつけてブラジルに勝たなければならず、必死に戦わなければならなかった。リードを守って後半に入れたら、もっといい形で試合をできたと思う。しかし、ブラジルには前半の終わりに同点ゴールが生まれ、彼らは冷静になることができた。



――効果的なプレーをしたとは言えない中村を最後まで残したのはなぜか? また、日本らしいパスサッカーを見せることができなかった理由は


中村は素晴らしい選手で、日本に喜びをもたらす選手だ。しかし、ベストでなければ交代させないといけない。だが、高原がけがをしたので中村を代えられなかった。(中村は)ワールドカップ(W杯)では残念ながら実力を発揮できなかった。
パスについては、たくさんミスをしていた。選手がやる気になり過ぎたのが原因かもしれない。あせりもあったのだろうか。



■日本はまだ世界のトップに達していない



――監督の今後は


日本との契約はW杯で終わる。2カ月前に日本サッカー協会と話をして、W杯までだと説明した。日本はアジアカップを控えていて8月に試合があるので、すぐに(新しい監督とチーム作りに)取り掛からないといけない。
これまで私を信頼してくれて感謝している。いい仕事をした。日本は、これからも成長し、よりいいチームになっていかないといけない。日本はプロになって10年余り。相手からも注意を引くチームになった。でもまだ欠点もある。ここ(W杯)に来るまでは困難な道のりだった。でもW杯の出場は自ら勝ち取ったもの。私自身は全力を尽くした気がしている。

今後についてだが、欧州に行くかもしれないが、サッカーの監督をこれからも続けていく。偉大な監督というのはいつも小さなクラブから小さなスタートをしている。私のキャリアは日本からだった。W杯に出ていなければ成果にはならなかった。
今回(のW杯)は、チームがまだ成熟しておらず、後半まで(いい試合運びが)続かなかった。オーストラリア戦もそうだった。80分過ぎまで勝っていて、最後の8分間で敗れた。日本は前進しなければならない。世界チャンピオンからスタートするわけではないのだ。

われわれには夢がある。信頼もある。そこには可能性もある。でもW杯では負けた。それに対して満足しろとは言えない。日本はまだトップフォームに達していない。世界のトップにはまだ達していないのだ。しかし私は楽観主義者で、日本のサッカーに対しては楽観的だ。今回はある試合での、ある出来事が起きて敗退となった。



――日本はアジアカップで優勝するなどアジアでは力を見せた。世界との大きな差は具体的には何か?


まずプロフェッショナリズム。自分の欠点を、それも日常のレベルで知らないといけない。日本の選手は外国のリーグでたくさん使われているわけではないが、私は彼らを信頼しているから使っていた。しかし選手には(試合の)リズムが必要。そこは改善しないといけない。外国のクラブだけでなく、Jリーグでも自分のいるクラブでずっとプレーしないといけない。もっと大きな大会に出ることも必要だ。肉体的に強くならないといけない。オーストラリア戦、クロアチア戦を見れば分かる。彼らはボールを前に放り込み、体を使ったプレーをしている。日本はそこが問題だ。W杯においてはとてもフィジカルの強い選手を相手にしないといけない。



――今大会の問題は


今大会はたくさん問題があった。特に肉体的なコンディションだ。この4~5週間、ドイツに入って23人全員で練習をしたことはなかった。
オーストラリア戦では坪井を大事な場面で失った。(親善試合の)ドイツ戦でも高原に問題があった。中村もクロアチア戦で熱があった。選手はアスリートとしての能力を失った。このように、メンバー全員で練習できなかったのは問題だった。午後3時開始の試合が2試合あって、生理学的な部分も変えなければならなかった。食べ物も変えた。この数週間、日本は困難な状態にあった。


<了>


選手として、そして監督として、日本を導いてくれたジーコ監督には、心から感謝しています。

これからも指導者としてのジーコ監督を見守っていきたいと思います。

|

« W杯 髪の毛一本の可能性でもしがみつく | トップページ | 日本代表ジーコ監督 退任会見全文(3/3) »

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

マジックを使わなかったジーコ

マジックによって実力を勘違いしてしまってはいけないという

なにか一番大切な事を日本人に教えてくれた

そんな気がします

結局は

実力しか、わが身を救うものはないのだと言うごく当たり前のことがわかってよかったと思います。

投稿: バース党万歳 | 2006/06/24 01:25

今回の日本代表の戦いぶりは、日本のサッカーの弱点が出たのでしょう。
大会が始まる前に、各チームの身長を比べてみましたが、どのチームも驚くほど大きく、DFあたりは185センチから190センチが目立ちました。

その中で、ブラジルのDFのロベルト・カルロスが168センチ。
それでも、ロベカルは、相手の攻撃を読む嗅覚に優れていたように思いました。

メキシコは、どちらかというと、体格的に大きくはありませんでしたが、ドリブルやパス回しによる攻撃など、バラエティに富んでいたように思います。

日本は、平均身長が178センチだったと思いますが、セットプレーやコーナーキックでは、ゴール前にボールあげる「分かりやすい攻撃」が目立ったような気がします。

早いパス回しは、直前のドイツで見事に決まったことがありましたが、大会に入って相手にディフェンスを固められると、パスのコースがなくなってしまった。
相手にすればコースも読みやすく、無理やりパスしても、結局パスが通らずボールのキープ率が極端に少なかったように見えました。

個人技が劣っていたのか、それとも自信がなかったのか、ドリブルで相手を切り崩すような攻撃が少なかったように見えました。

一方で、ブラジルは、ドリブルによる突破(つまり個人技)を仕掛けたり、セットプレーも高さからの攻撃だけでなく、上背のあるディフェンスの足周りを突いたり、攻撃のパスのタイミングや方向にチーム全体の意思が統一されているように見えました。

オーストラリアは、文字通り「体を張ったサッカー」で、多少のファールもいとわないという、荒っぽいサッカーという印象でした。
それでも、ブラジルは、それを切り崩して2対0で勝っています。

インタビューを読んでいると、日本の実力、つまり弱点を克服するポイントを全て見極めているように感じました。

投稿: 新猛虎道 | 2006/06/24 02:27

もこみちさま☆

金本兄貴

実は 石井投手

メチャ 苦手なんですよネ(苦笑)

投稿: SP | 2006/06/24 19:59


もlこみちさま☆

なんで、ヤクルトとやると

こうなるんでしょうか??(^_^;

悔しいですー


先発から、途中で、中継ぎって

むずかしいのかなー


それに、オカボンと審判の

仁義なき戦い

勃発??

投稿: SP | 2006/06/24 20:19

>SPさん

コメントありがとうございます。

今日もヤクルトに負けましたかー

ちょうど暑い季節が始まった頃なので、投手陣にはきついところがあると思います。

金本は、結果が出ていないようですが、金本知憲公式サイトでは、「必ず巻き返す」と言っています。

期待しましょう。

投稿: 新猛虎道 | 2006/06/24 22:21

コメントで、テストしてみたのですが、

HTMLのタグが使えるみたいです。

知りませんでしたー^^

投稿: 新猛虎道 | 2006/06/24 22:31

ま、今はファンも辛抱のしどころ

というやつですねぇ・・(笑)

ニッポンサポーターの落ち込みように比べたら・・・・天国でしょう。

投稿: ありゃま | 2006/06/25 00:01


もこみちさま☆

誤審は迷惑


こうかな〜〜??


投稿: SP | 2006/06/25 00:34


もこみちさま☆


できた☆^^

これで、また、遊べるニャ〜〜〜^^


投稿: SP | 2006/06/25 00:35


もこみちさま☆


楽天の福盛和男さんのブログ


メチャ、おもしろいですー^^

でも、ベイスターズにいてた時の記憶

ないんです

こんな、イケメンだったなんて^^


投稿: SP | 2006/06/25 00:44

>ありゃまさん

阪神ファンは、えげつないところもありますからねー^^;

僕もそうですが、プレー内容や采配で選手や監督を批判するようなことは、なかなか言えません。

野球は、不確実性の高いスポーツだと思うからです。


それでも、実力のある選手がプロとしてのプレーができていないと思ったら、テレビの前では、「なんちゅうエラーしとんねん!」「なにを考えて、打席に入っとるんや!」と、さんざん文句を垂れるときがあります^^;

それでも、ミスをすると「もー、頼むから、そうゆうミスはせんといてくれー」と言っていますぅ

投稿: 新猛虎道 | 2006/06/25 00:55

>SPさん

楽しんではりますねー^^

ちなみに、リンクはるときのタグは、

<a href=“URL(リンク先のアドレス)”>タイトルやコメント</a>

にするといけるみたいです。

(リンク先のアドレス)以外は、半角文字です^^

投稿: 新猛虎道 | 2006/06/25 01:01


もこみちさま☆

川淵キャプテン、オフサイド


スゴイ人らしいですが

実現するのかな??^^;


投稿: SP | 2006/06/25 09:22

>SPさん

まだ、ジーコ監督が日本からいなくなることが寂しくて、次の監督人事にまで関心がいっていないです。

それとオシム氏、全く知りませんでした^^;

普段、サッカーを見ていないことが、バレバレですね^^;


オシム語録を読んで、勉強してみたいと思います。


投稿: 新猛虎道 | 2006/06/25 12:47

しかし監督って外国の人でないとアカンのかなぁ。

それだけ日本は後進国って事なんやろねぇ、サッカーにおいては。

でも今年はWBCで世界一になったんですよねぇ、なんかずっと前の事みたいやね。


WCの録画放送見たけど、メキシコ負けちゃったみたいで、残念です。

でもあのアルゼンチンを相手に、まったく引けをとってなかったねぇ、いやあすごい試合でした。

投稿: ありゃま | 2006/06/25 14:29


もこみちさま☆

井川ちゃんは、重馬場上手(^^)
(ナリタ&バランスだよ)

雨を味方に

がんばれ〜〜〜♪

投稿: SP | 2006/06/25 18:18


もこみちさま☆

やっぱり、アニキが

牽引者 ですネ^^


投稿: SP | 2006/06/25 20:03

http://gerberatetra04.blog50.fc2.com/blog-entry-161.html

ゼットンさんに記事復活してもらいました

おもしろい感想をお待ちしてます^^

投稿: バース党万歳 | 2006/06/25 23:08


もこみちさま☆

今日は、井川ちゃんが、1点で

ふんばったのが、勝因ですよね☆

岡田監督は、もっと、ここ という時に

前面に出て、指示すればいいと思います

矢野さんも、リクエストしてたし^^

それにしても、サンスポがソースですが

阪神って、赤星選手以外は、サインでしか

盗塁してはいけないそうです

ちょっとびっくりしました

走ってはいけない時以外は

規制しないで、足の速い人は

盗塁したらいいのに

と思うのですが

素人のあさはかな考えでしょうか??

投稿: SP | 2006/06/25 23:38

>ありゃまさん

日本には、まだ世界レベルのサッカーを知っているという指導者がいないのかもしれません。

トルシエ、ジーコ、そしてオシムと続いていきそうですが、内容の是非はともかく、外国人の監督は、サッカーを雄弁に語る人が多いと思います。

マスコミの質問と外国人の監督との間にある、サッカー観の違いは、勉強になります。

メキシコとアルゼンチンの試合、面白かったです。

さっきまでイングランドとエクアドルを見てましたが、イングランドのサッカーは少し単調な感じがしました。

投稿: 新猛虎道 | 2006/06/26 02:38

>SPさん

岡田監督は、赤星以外の盗塁をあまり信頼していないのかもしれません。

僕は、盗塁は、怪我の危険が大きいプレーだと思っています。

セカンドでクロスプレーになり、相手の野手と接触しやすいこともあります。
それと意外に思われるかもしれませんが、ホームベース以外のベースは、足の怪我を誘発しやすいんです。

見た目は、単なる白いベースなんですけれど、ベースの表面は意外に固く、踏みどころがまずかったりすると、簡単に捻挫してしまいます。

それに固定されているベースに、勢いあまったスライディングで足から突っ込むと足首や関節がかなり衝撃を受けてしまいます。

赤星も、盗塁を決めたあとに両膝に両手をやって、下を向いているときがありますが、大体ベースに勢いあまって突っ込んでいるときです。
たぶん、足への衝撃が強く、痛かったのではないかと僕は見ています。

盗塁は、そういうプレーなので、岡田監督は、そういう点も考慮しているのかもしれません。

投稿: 新猛虎道 | 2006/06/26 03:01

>バース党さん

これから、見に行きます~^^

投稿: 新猛虎道 | 2006/06/26 03:02


もこみちさま☆

おはようございます^^

ご親切&丁寧な解答、ありがとうございました☆

よそのチームは、よく走るのになーって

思ってたんですが、そういう危険を伴うのであれば

阪神の選手って、器用なタイプの人、多くないので(??)

納得しました(^.^ ;

これからも、わからないこと

質問しますが、よろしくおねがいいたします^^


投稿: SP | 2006/06/26 06:51


もこみちさま☆

オーストラリア、がんばってますね

勝ったりなんかしたら

スゴイことなんでしょうか??


ジェフ、見てるかな〜^^


投稿: SP | 2006/06/27 01:13

>SPさん

イタリアとオーストラリア、見てましたー^^

最後は、劇的なPK戦でイタリアが勝利。

退場があり、一人少ないにもかかわらず、

オーストラリアの攻撃に耐えていたイタリアは、

やっぱり強いなぁ、と思いました。

投稿: 新猛虎道 | 2006/06/27 02:03

さすがトッティー、中田を屈服させた王様の貫禄かなー、あんまり好きじゃありませんが・・
デルピエロに決めて欲しかったー
それにしてもべッカムといい、神の申し子達は
ええ仕事しますよねー。
まるで、ええ仕事するように筋書きができているかのよう。インザーギを普通に温存できるなら日本に貸してくれーって感じですよね。
今回のベスト8どことやっても勝てないですよね。強杉

投稿: バース党万歳 | 2006/06/27 03:06

バース党さん

今日は、“荒れた”と言われているポルトガルとオランダ、イタリアとオーストラリアの両方を見ましたが、コンタクトの激しさといい、パフォーマンスといい、勝負にかける執念といい、世界のレベルの高さをひしひしと感じてしまいました。

日本のマスコミは、相変わらず感情論でW杯の日本の敗戦を語っているようですが、予選リーグで日本が見せたパフォーマンスが果たして世界に通用するのか。

オランダやポルトガルのようなチームと張り合うだけの肉体と精神を持ち合わせているのか。

ジーコ監督の退任インタビューをアップしながら、そのあたりを考えさせられました。

投稿: 新猛虎道 | 2006/06/27 03:32


おはようございます^^

イタリア、強いですねー

やっぱり、世界の壁は、メチャメチャ高いですね

どこが優勝するんでしょうか??

面白くなってきました^^

投稿: SP | 2006/06/27 07:48


もこみちさん、質問です

 SPは、秀太選手を応援してるのですが

何故、秀太選手は、あんなにバッティングがダメなのでしょうか??

体も大きいのに、なんでなんでしょうか??

おしえてください

投稿: SP | 2006/06/27 07:57

>SPさん

秀太は、僕も好きな選手のひとりです。

以前に比べてバッティングで出るチャンスが少なくなってしまいましたね。

最近、ホームランを打ったなあと思って、公式のチームデータを見てみたら、2004年のことでした。
秀太のバッティングが悪いとは思いませんが、パンチ力があればいいのになあ、と感じたことがあります。

ところで、最近、秀太と千葉ロッテの西岡が、よく似てるなー、と思っています。

投稿: 新猛虎道 | 2006/06/27 23:40


秀太と千葉ロッテの西岡選手

似てるのは、当たり前です

だって、どっちも、イケメンですからねー^^


SPは、去年の日本シリーズから

西岡選手のファンになりました^^


でも、人柄的には、今江選手に

癒されてます^^


投稿: SP | 2006/06/27 23:44

その今江ですが、イチローに似てませんか?

イチローがくだけたような、そんな風にいつも見ています^^;

ファンの方、すいませんm(_ _)m

投稿: 新猛虎道 | 2006/06/28 00:08


夫婦ブログになってる〜^^


右端の写真は、

似てなくもない?? かも(^.^ ;


サッカー、見てはりますか?

ブラジルは、多分、勝つでしょ? ^^

スペイン×フランス は

早起きして、見ようかな〜(^.^ ;


投稿: SP | 2006/06/28 00:37

>SPさん

今江のブログ、見ましたが、すごい文章の量ですねー

マメな性格の二人なんでしょうか。


ブラジル、勝ちましたね。

アナウンサーは、ガーナが押し気味と言っていましたが、結構、余裕で守っていたような気がしました。

やっぱり、ブラジルは、強いなー、と思いました。

投稿: 新猛虎道 | 2006/06/28 02:00

ブラジル・・・つよい。

ガーナ応援したのになぁ。

残念。

オーストラリアも惜しかったですねぇ。

もうちょっとで延長やったのに。

あんなん審判のフエひとつですやん。

どうせPKなら、PK合戦のが面白いのいねぇ。

空気ヨメ、審判。

応援チーム全滅ですわぁ、しゃあないなぁ。

ブラジルと対戦するトコでも応援しよう。

投稿: ありゃま | 2006/06/28 02:37

ブラジルの対戦相手、フランスになりましたねー

ブラジル対フランス。

1998年のフランス大会決勝の再現です。

あのときは、フランスが勝ったわけですが、今回は、どうなるのか。

また、楽しみが増えてしまって、どんどん寝不足状態が続いてしまいます^^;

投稿: 新猛虎道 | 2006/06/28 05:57


もこみちさん お薦めの対戦カードは

どれですか〜?? ^.^


バースさんとこで・・・ (クスッ)

投稿: SP | 2006/06/28 10:12

ありゃ~~~、無敵艦隊、負けちゃったんですかぁ。

無敵ちゃうやん 一応ツッコんどこ。

フランス、なんやかんや言うて、勝ち残りますねぇ。

わしあんまりフランス好きちゃうんですが。

ブラジルも強過ぎて応援なんかしにくい。

しかし新猛虎道さん、リアルタイムで観てるんですか、すごいなぁ。

阪神戦観てる最中に居眠りしてまいますよ・・(笑)

投稿: ありゃま | 2006/06/28 12:58


やった〜〜〜♪


アニキ、ホームラン出ましたねー ^.^


シーツ選手、大丈夫でしょうか??


投稿: SP | 2006/06/28 18:44

>SPさん

どれも、面白そうなのです。
各チームの色を勝手に決め付けて、注目点を考えてみました^^;

①ドイツ対アルゼンチン
ドイツの高さに、アルゼンチンの華麗な攻撃に注目ですかねぇ^^;

②イタリア対ウクライナ
イタリアとシェフチェンコの決定力をイタリアがどう守るか? そんなところでしょうか^^;

③ブラジル対フランス
1998年フランス大会で決勝であたって両チーム。ブラジル、リベンジなるか?
フランス・ジダンの組み立ては、今でも通用するのか?
どうでしょうか^^;


④イングランド対ポルトガル
ポルトガルがオランダ戦のような闘志で、イングランドに立ち向かえるか? ポルトガルのデコの欠場は痛いかもしれません。
そして、ベッカムはシュートを決め、
木彫りのように固そうなヴィクトリアの胸、
じゃなかった、ゴールネットを揺らすことができるのか?

楽しみですね~~^^;

投稿: 新猛虎道 | 2006/06/28 23:27

>ありゃまさん

日本対ブラジルの試合から、W杯をほとんどライブで見てますが、さすがに疲れています^^;

1点先取したとき、スペイン勝つかな~、などと思いましたが、残念でした。

スペインて、割と小柄なチームなので、日本とどこが違うのかな~、などと思っていましたが、なんかよくわかりませんでした^^;


投稿: 新猛虎道 | 2006/06/28 23:33


胸にこだわる?? もこみちさんの注目度解説

参考にさせていただきます^^


どれも、おなか一杯になる

好ゲーム  に なりそうですねー^^

投稿: SP | 2006/06/28 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の2006W杯が終わって:

« W杯 髪の毛一本の可能性でもしがみつく | トップページ | 日本代表ジーコ監督 退任会見全文(3/3) »