« ジョージ・アリアス | トップページ | 「4月は何だったんだ?」 »

2006/07/01

アメリカの敵

イラクの米兵5人、市民一家4人を殺害?…米軍が捜査


【カイロ=柳沢亨之】イラク駐留米軍は30日、バグダッド南郊マフムディーヤでイラク市民一家4人を殺害した疑いで、複数の米兵に対する捜査を始めた、と発表した。

AP通信は米軍当局者の話として、この米兵らは、4人のうち若い女性1人をレイプし、殺害した上、残り3人も殺害した疑いが持たれている、と伝えた。イラク国民と政府の反発は必至だ。

同通信によると、事件が起きたのは今年3月。関与したとみられる米陸軍の下級兵士5人は既に米軍に拘束され、うち1人は犯行を自供した。米兵らは殺害した女性の遺体を焼いた疑いもあるという。イスラム教で遺体を火葬することは固く禁じられている。
(読売新聞) - 7月1日1時24分更新




<イラク>米兵が女性に乱暴…一家4人殺害か 駐留軍が捜査


【ワシントン吉田弘之】バグダッド南方のマハムディヤで米兵5人が若いイラク人女性をレイプし、女性と家族3人の一家計4人を殺害した疑いが強まり、イラク駐留米軍が捜査に乗り出した。AP通信が30日報じた。イラクでは昨年11月に米海兵隊員らがイラク西部ハディサで民間人24人を殺害するなどの疑惑が相次いで発生し、米軍当局が捜査している。

駐留米軍は事件の発生時期など詳細は公表していないが、同通信によると、米兵らはレイプした末に殺害した女性の遺体を焼いたという。容疑が持たれている米兵は第502歩兵連隊に所属。兵士のうち1人が容疑を認めて逮捕され、4人が身柄拘束され取り調べを受けている。

駐留米軍によると、同連隊の兵士2人が今月中旬にイラク中部ユスフィヤ近郊でイラク武装勢力に拉致され、惨殺された。今回のレイプ・殺害事件との関係はないと見られるが、殺害された同僚兵士の遺体が発見されたことが発端となって事件が表面化した。
(毎日新聞) - 7月1日1時25分更新




アメリカが本当のテロとの戦いをするならば、

アメリカは、敵を間違えている。

アメリカの敵である本当のテロリストは、

こういう自国の兵士ですよ。

そんな気がします。

|

« ジョージ・アリアス | トップページ | 「4月は何だったんだ?」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

痛ましい事件ですねぇ。 悲しい。

沖縄でもまだたまにありますよねぇ、女学生や少女を襲う米兵。

昔、本土決戦を前に沖縄に連合軍(米)が上陸した時、多くの婦女子はがけから身を投げて自殺しました。

こういう顛末、いやもっとひどい事が予想できたからです。

アメリカの記録映像にも写っていましたね。

ほんとに痛ましい事件や。

投稿: ありゃま | 2006/07/01 13:29

結局、テロとの戦いという似非大儀を掲げているから、低レベルの兵士がこういうおぞましい行動をするのだと思います。


投稿: 新猛虎道 | 2006/07/01 14:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの敵:

« ジョージ・アリアス | トップページ | 「4月は何だったんだ?」 »