« The Free | トップページ | 再びMr. Bean① »

2006/10/25

Big Mama Thornton

アレサ・フランクリンといえば、映画『Blues Brothers』。
大きな体を揺らし、ハスキーなボイスでのシャウト。


ちなみに、エプロン姿でだんな役をしている黒人は、Matthew Murphyという、これまたすごいギタリストです。


アレサ・フランクリンぐらいの迫力のある女性ミュージシャンは、おらんやろ。そう思っていました。

しかし、もっとすごい女性ミュージシャンがいました。

久しぶりにYoutubeを楽しんでいて、見つかったのが、Big Mama Thorntonという女性でした。

Big Mama Thornton

エルヴィス・プレスリーの「Hound Dog」、ジャニス・ジョプリンの「Ball N' Chain」は、元々この人のカヴァーである。巨体を揺らしながら、男勝りの歌唱を披露――まさに、黒人女性シンガーの黄金律を行くビッグ・ママ・ソーントン。その名に偽りはない。
彼女が活躍したのは主に50年代。ジョニー・オーティス楽団をバックに歌った前述の「Hound Dog」(53年)のヒットで、一躍ブルース界のスターとなった。迫力満点のシャウト唱法が看板だが、押しまくるだけではなく繊細な感情表現にも長けているのが魅力。
60~70年代の作品にも良いものが多い。

「Hound Dog」は、この方の曲をカバーしていたというのも驚きですが、なによりも、この歌いっぷりは、すごい。

Hound dog


Down Home Shakedown

僕としては、こちらのリンク先のビデオの方が、インパクトがありました。
貼り付けできないのが、残念ですが^^;

Big Mama Thornton!!
最高です!!!

(SPさんのおもろいコメントが期待できそうですねえ^^)

|

« The Free | トップページ | 再びMr. Bean① »

音楽」カテゴリの記事

コメント

マット”Guitar”マーフィー渋いっす
10年くらい前に出したソロアルバムのジャケ写で
ブルースブラザースのTシャツ着ていたのには
いろんな意味で泣かされましたw
70年代のジェームス・コットンのバックで弾いてるときが一番好きです
このバンドが、映画のB.B.バンドに与えた影響はかなり大きいと思っております

投稿: ochichan | 2006/10/25 00:49

おちちゃん、こんばんは。
マット”Guitar”マーフィー、いいっすよね。
僕は、1963年にフランスで録音された『Memphis Slim with Matthew Murphy』というCDを6、7年前ぐらい前(?)に買いました。
マット・マーフィーは、そんなに昔から聴いていませんが、このCDを聴いて、その演奏にやられてしまいました。

マット・マーフィーを知らなかった頃、ブルースブラザースでは、オーティス・レディングのバックだった、Booker T. and the MGsのメンバーだった、スティーブ・クロッパーとドナルド・ダック・ダウンに注目していました。

投稿: 新猛虎道 | 2006/10/25 01:14

渋いな~~、やっぱり新猛虎道さんの紹介してくれるブルース系のYOUTUBE、いいわ~~。

ブルースって、ほんとにロックやらフォークやらの素なんやな~って思いますね。

ビッグママソーントン。 名前だけは知ってたけど、見たらそのまんま、肝っ玉母さんやな~(笑)

ハーモニカの順番待ちをしてる4人の男達が、なんかカワイかった・・(笑)

投稿: ありゃま | 2006/10/25 02:15

to ありゃまさん

リンク先、見ていただけましたか^^

僕は、もろブルースという音楽に、思わずニヤけてしまったのですが、それよぢも、この“ビッグママ”が4人を仕切っているのを見て吹き出してしまいました^^;

このハーモニカの奏者のなかには、ジョン・リー・フッカーという愛すべきブルースマンもいます。

ちなみに、「Hound Dog」でほっそりとした体型のギタリストは、8月のはじめごろの記事のBuddy Guyです^^

なんか、きゃしゃに見えてしまいますねえ^^;

投稿: 新猛虎道 | 2006/10/25 02:54


もこみちさん、おはよう〜♪^^

おちちゃん、きてはるやん、ええな〜^^

もこみちさんの、ブルース講座

またまた、楽しませていただきました^^

しかし、上には上がいるもんですね〜

アレサ・フランクリン、たいがい、スゴイですよ

そやのに、Big Mama Thornton

こんな人が、いてはったんですね

なんか、ゴムまりみたいですね(^.^ ;

全身が、リズム感ってかんじで

音楽をするために、生まれてきた

そんなふうに思えました☆


ハーモニカの演奏、メチャ、カッコいいですね〜

YouTube  このへんの動画の宝庫ですネ

もこみちさんの、楽しそうにしてる姿が

浮かんできますヨ〜^^

投稿: SP | 2006/10/25 08:42

to SPさん

やめてくだちゃぁい、講座なんて^^;
単に、偶然見つけただけなんですぅ^^;

>なんか、ゴムまりみたいですね(^.^ ;

このコメント、おもろかったです^^
いわれて見れば、跳ねてるみたいですねー

SPさんの観察力に一本とられました~^^

この動画は、僕にとっては、最高レベルの掘り出し物です。
何回、見ても飽きがきませんねえ^^

投稿: 新猛虎道 | 2006/10/25 22:46

ジョン・リー、ハープまったく吹けてませんやん・・・
癒されました(笑)
ダック・ダンとS・クロッパーは、『サタデー・ナイト・ライブ』のB・Bバンド結成にあたって、J・ベルーシの家に招待されたとか。
そこでベルーシが気をきかせたつもりで、O・レディングのレコードをかけたら、
オーティスの死後、2人は一切彼のレコードを聴かないことにしていたので、
困ってしまったらしいですね。


投稿: ochichan | 2006/10/26 03:35


もこみちさん、もうじき始まるヨ〜 ^ ^


今日は、ちゃんと、野球、見れますか〜??

おちちゃん、音楽、詳しそうですね

みなさん、多彩な趣味 もってはりますね〜 ^ ^

投稿: SP | 2006/10/26 16:43

あ~~おちちゃん2回も来てる・・(笑)

ふ~~ん、新猛虎道さんとウマが合いそうですね~。

だいたい趣味が解っちゃうよね。

オフ会、来ませんか? 来て欲しいなぁ・・。

投稿: ありゃま | 2006/10/26 23:06

to ochichan

O・レディングのLPを何枚か持っています。
二人は、飛行機事故で亡くなったO・レディングを心から愛していたとライナー・ノーツか、何かで読んだことがあります。
あまりにも突然で、悲しい出来事を受け入れられなかったのでしょう。
O・レディングのビデオもYoutubeにアップされていました。
Try A Little Tendernessが多いようですよ^^


to SPさん

新庄の姿が最後かと思うと、寂しくなりました。
最後の打席を見ながら、北海道日本ハムのファンには失礼かもしれませんが、甲子園で見せた数々のプレーのなかでも、敬遠球を打ったシーンを思い出しました。
いつまでたっても、「阪神の新庄」という思いは抜けませんでした^^;
しかし、北海道日本ハムが魅力的なのは、やはり地元に根付き、熱い応援があるからでしょうか。
第2戦のナゴドは、チラチラと試合を見ていましたが、ドラの負けが濃厚になったとき、ファンが帰っていく様子を見て唖然としてました。


to ありゃまさん

おちちゃんのブログで「音楽の趣味がまたベリーナイスです!」と書かれて紹介してもらっているのですが、こうやってお話すると、おちちゃんにすごく恐縮してしまいます^^;

投稿: 新猛虎道 | 2006/10/27 00:59


もこみちさん、spは、新庄選手が

槙原投手から、敬遠球打った試合

観にいってたんですよ〜

↑ちょっと自慢^^

阪神の新庄という思いは、おんなじです

なんか、北海道の人にとられたみたいで

焼きもちやいてしまいそうです(;^_^

中日ファンって、現実主義者ですね

私たち、阪神ファンは、

最後の最後まで、奇跡を信じますもんね〜^^

投稿: SP | 2006/10/27 01:12

to SPさん

いいなあ、うらやましいですぅ^^
あの試合、僕はテレビで見てましたが、鳥肌立ちましたもんねえ。
新庄がインタビューで、「この仲間たちと野球ができないと思うと涙が出てきた」と言っていたのが、印象に残りました。

あ。GAORAで特番が始まりました^^

投稿: 新猛虎道 | 2006/10/27 01:31


もこみちさん、

今夜

熱血! タイガース党


片岡選手、生出演しますよ〜 ^ ^


投稿: SP | 2006/10/27 13:33

to SPさん

こんばんは^^
熱血タイガース党の片岡の件、ありがとうございます。

8時20分ぐらいから見れました^^;

片岡って、ええやつですねえ。

インタビューの中で、PLで連覇したことを聞かれ、それを自慢するわけでもなく、優勝の陰に負けを喫した高校球児がたくさんいることをしっかり感じ取っているような受け答えをしていたように思いました。

解説では、福本っさんの「たこやき」に変わる片岡語録が出てくるのか!?
番組の最後は、そんな雰囲気満載でしたね。

片岡の解説、楽しみになりました^^

投稿: 新猛虎道 | 2006/10/27 21:07


もこみちさん、ゴメンね〜

ゆうべ、お知らせしてたら、ビデオにとれたのにね(^_^;

日ハム優勝のほうに いってて

すっかり忘れてました(すみません(^_^;)

でも、片岡選手、トーク バッチシみたいですし

解説書として、期待 大 ですね^^

でも、どこの解説者かな〜??

(NHK ?? 関西テレ??)

投稿: SP | 2006/10/27 23:28

片岡、解説者になるんやんねぇ?

あのぶんやと、やっぱりサンTVやろかねぇ。

ああ、あとABCか。

上手いことしゃべれるかな?

広沢が抜けたから、NHKにも売り込んだらええと思うよな。

関テレは止めた方がええと思う・・・(笑)

投稿: ありゃま | 2006/10/28 00:05

to SPさん

そんな、ゴメンなんていわないでくださいよ~^^
金曜の夜8時は「熱血タイガース党」と決めているので、全然(o^-')bです。

ちょっと仕事でバタバタしてたので、チャンネルを回し損ねてしまいました^^;


to ありゃまさん

今日のサンテレビでは、まだ少し遠慮があったのでしょうか。
来年は、どんどん片岡節を出していってくれそうな気がしました。
てか、片岡節がどんなものなのか、よくわかりませんが・・・(^^;

NHKだと、いいですねえ。

投稿: 新猛虎道 | 2006/10/28 01:08

こんばんは~

遅レス:Blues Brothers

デートで観ました!
私は沸き立つような気分でサイコーだったのですが
相手は「なんだかね~」みたいな感想で
一事が万事ということだったのでしょう、ご縁がありませんでした ははは.....

サントラのLP買っちゃったし(ありゃまさんではないがプレイヤーが必要ですね)
後年ビデオも入手しましたよ

一緒にするなと怒られそうですが
「Big Mama Thornton」
和田アキ子もこういうのを歌い目指してたんじゃなかったでしたっけ?

投稿: 老婆心 | 2006/10/28 20:04

to 老婆心さん

すみません。コメントに気づいてませんでした。
Blues Brothers、デートで観られたんですか??
このあたりの音楽は、とくに女性の場合は、好き嫌いが分かれそうです。

僕も、LPを買いました。
家で聴いていたとき、最初、母親は「なに、この音楽!?」と全く興味を示しませんでしたね~^^;

和田アキ子については、ちょっとコメントを控えさせていただきますぅ(^^;

投稿: 新猛虎道 | 2006/10/28 22:08

僕も大好きです。マイクを3つ持ってうなっていたのを見た時は衝撃でした。ある番組の企画でエルビスとの共演の話がもちあがったそうですが、エルビスが断られたそうです。とても彼女の歌声には勝てないと思ったのではないのでしょうか。。。ジャニスジョプリンも彼女をリスペクトしていたそうですね。

投稿: ポルカ | 2008/04/05 16:23

変な日本語使ってしまいましたすいません。エルビスが断わったそうです。

投稿: ポルカ | 2008/04/05 16:28

ポルカさん、コメントありがとうございます。
僕は、Youtubeで、ビッグママのことを知ったので、エルビスが共演を断ったという話や、ジャニス・ジョプリンがリスペクトしていることは、とても興味深かったです。

この体型とこの歌声に、エルビスが共演しても、ビデオでギターを弾いているバディ・ガイのように、影が薄くなってしまうかも、なんて思いました。

ブルースは、レコードで聴くことが多かったのですが、インターネットのおかげで、レコードでは計り知れない演奏の様子が見れるようになりましたね。

インターネットに改めて感謝!です(^^)

投稿: 新猛虎道 | 2008/04/06 20:37

ビッグママが爆発するマディーウォーターズインガンスモークブルースライブ、は見ましたか?僕はタワーレコードのブルースコーナーで男達と混ざってシャウトする晩年のビッグママの歌声に感動してその場から動けなくなった程です。ツアー中のバスの中で酒をラッパ飲みする所、インタビュー映像まで見れます。これは必見!

投稿: ポルカ | 2008/04/08 20:51

ポルカさま

お返事が遅くなり、すみませんでした。
実は、教えていただいたビデオは、見たことがなく、Tower Recordに探しに行ってからお返事しようと考えてました。
が、なかなか行く機会がなくて、まだ見たことがありません(^^;

ということで、すっかり遅くなってしまいました。
ごめんなさいm(_ _)m

今度、探しに行ってきます(^^;

投稿: 新猛虎道 | 2008/05/14 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Big Mama Thornton:

« The Free | トップページ | 再びMr. Bean① »