« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/31

今年でチームを去る人たち(2006年10月末現在)

2006年10月10日 筒井壮選手(内野手)現役引退について

阪神タイガースは、6日筒井壮選手(32)が自らの申し出により現役を引退することになりましたことを、お知らせいたします。
<筒井壮選手コメント>
「期待されて阪神に入団したのですが、思い通りの結果が出せずじまいで本当に残念です。今後は何らかの形で、野球界のために役立てるよう頑張りたいと思います。」


2006年10月10日 萱島選手(内野手)現役引退について

阪神タイガースは、6日萱島大介選手(26)が自らの申し出により現役を引退することになりましたことを、お知らせいたします。
<萱島選手コメント>
「入団して4年間、自分の納得がいく結果が出せずに引退するのは残念です。周りの皆さんの支えでここまでできたことを感謝しています。」


2006年10月10日 来季の選手契約について

阪神タイガースは6日、石橋尚到選手(24)(内野手)、中林佑輔選手(23)(投手)に対して、来季の契約を結ばないことを伝えましたのでお知らせします。


2006年10月10日 来季のコーチ契約について

阪神タイガースは、水谷実雄ファーム育成チーフ兼打撃コーチ(58)、福田厚治ファームトレーニングコーチ(32)に対して、今季限りのコーチ契約であることを伝えましたのでお知らせします。


2006年10月11日 片岡選手(内野手)現役引退について

阪神タイガース片岡篤史選手(37)が今季限りで現役を引退することとなりましたので、お知らせいたします。本日11日練習前、片岡選手の引退表明会見が行われ、同席した牧田球団社長からも、これまでのタイガースへの貢献に対し感謝の言葉が伝えられました。
なお、片岡選手の引退表明を受け、明日10月12日(木)におこなわれます本拠地最終戦、対中日戦(甲子園)試合終了後にセレモニーの実施を予定しております。


2006年10月13日 町田選手(外野手)現役引退について

阪神タイガース町田公二郎選手(37)が今季限りで現役を引退することとなりましたので、お知らせいたします。また町田選手は来季からファームのコーチに就任することが内定いたしましたので、あわせてお知らせいたします。
本日13日、球団事務所でおこなわれました引退表明会見で町田選手は、広島カープそして阪神タイガースでの選手生活を支えてくれたファンへの感謝の言葉と、来季からのファームコーチ就任については「きびしさのあるコーチに」と意気込みを語りました。


2006年10月18日 来季のコーチ契約について

阪神タイガースは、福原峰夫内野守備・走塁コーチ(49)に対して、今季限りのコーチ契約であることを伝えましたのでお知らせします。


2006年10月18日 来季のコーチ契約について

阪神タイガースは、中尾孝義ファームバッテリーコーチ(50)に対して、今季限りのコーチ契約であることを伝えましたのでお知らせします。なお、中尾コーチは来季、編成部(イースタン調査担当)に転任の予定です。


2006年10月19日 来季の選手契約について

阪神タイガースは、クリス・オクスプリング選手(29)(投手)に対して、来季の契約を結ばないことを通告し、本日、セントラル野球連盟に対してウエイバーの公示申請を行いましたので、お知らせいたします。


2006年10月23日 来季の選手契約について

阪神タイガースは、シェーン・スペンサー選手(34)(外野手)に対して、来季の契約を結ばないことを通告し、本日、セントラル野球連盟に対してウエイバーの公示申請を行いましたので、お知らせいたします。


なんとなく、公式の「球団News & Topics」を見ていて、記事にしてみました。

選手では、投手が2人、内野手が4人、外野手が2人。

町田や中尾コーチは、球団に関係がありますが・・・。


Rolling Stones  Till The Next Goodbye 1974



| | コメント (22) | トラックバック (0)

2006/10/28

再びMr. Bean④




| | コメント (4) | トラックバック (0)

再びMr. Bean③





| | コメント (0) | トラックバック (0)

再びMr. Bean②



| | コメント (0) | トラックバック (0)

再びMr. Bean①

楽しんでください^^




| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/10/25

Big Mama Thornton

アレサ・フランクリンといえば、映画『Blues Brothers』。
大きな体を揺らし、ハスキーなボイスでのシャウト。


ちなみに、エプロン姿でだんな役をしている黒人は、Matthew Murphyという、これまたすごいギタリストです。


アレサ・フランクリンぐらいの迫力のある女性ミュージシャンは、おらんやろ。そう思っていました。

しかし、もっとすごい女性ミュージシャンがいました。

久しぶりにYoutubeを楽しんでいて、見つかったのが、Big Mama Thorntonという女性でした。

Big Mama Thornton

エルヴィス・プレスリーの「Hound Dog」、ジャニス・ジョプリンの「Ball N' Chain」は、元々この人のカヴァーである。巨体を揺らしながら、男勝りの歌唱を披露――まさに、黒人女性シンガーの黄金律を行くビッグ・ママ・ソーントン。その名に偽りはない。
彼女が活躍したのは主に50年代。ジョニー・オーティス楽団をバックに歌った前述の「Hound Dog」(53年)のヒットで、一躍ブルース界のスターとなった。迫力満点のシャウト唱法が看板だが、押しまくるだけではなく繊細な感情表現にも長けているのが魅力。
60~70年代の作品にも良いものが多い。

「Hound Dog」は、この方の曲をカバーしていたというのも驚きですが、なによりも、この歌いっぷりは、すごい。

Hound dog


Down Home Shakedown

僕としては、こちらのリンク先のビデオの方が、インパクトがありました。
貼り付けできないのが、残念ですが^^;

Big Mama Thornton!!
最高です!!!

(SPさんのおもろいコメントが期待できそうですねえ^^)

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2006/10/19

The Free

フリー

フリー70'sを代表するブリティッシュ・ロック・バンド、フリー。
ハード・ロックの礎を築きあげた偉大なるグループだ。
また、山内テツ(72年に加入、その後フェイセズにも参加)という日本人ベーシストを擁したことでも知られている。
69年、アルバム『Tons Of Sobs』にてシーンに登場。
そして70年発表の3rd『Fire And Water』、ならびにシングル「All Right Now」が大ヒットを記録し、爆発的な成功を手中に収めた。
彼らの音楽性は一貫していた。
ブルースをベースにしたニュータイプのヘヴィ・ロックを鳴らす、という点で。
はっきり言って、それ以上でも以下でもない。
ただのブルージーなハード・ロックである。
それは73年の解散まで、まったく不変であった。やったもん勝ちってことか。


ポール・ロジャースのボーカルは、なかなかいいです^^


しかし、このビデオ探し出すのは、苦労しました。
Youtubeで「Free」で検索すると、4万件ぐらいヒットします。それを延々と、検索結果をチェックし続けるということをしていました。

Bad Companyも聴かなアカンなあ^^;

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006/10/15

一世を風靡したコメディ番組

登場する人物像ですが、おわかりでしょうか??

生年月日は1956年9月15日。

職業は事務員で鉛筆削りとクリップ数えとお茶汲みが仕事。

袖やすそ元がいずれも短めでやや体に合わない茶色のジャケット・ズボンを着用しており決して下品ではないが、どこか間の抜けたキャラクターを演出している。

ジェットコースターなどの絶叫マシーンが大好きだが大抵眠ってしまう。

大人でありながら、子供のように負けず嫌い、自己中心的で、また破天荒・独創的なアイディアマンでもある。

愛車のミニクーパーには自前の南京錠でセキュリティーを固め、運転は極めて達者である。

友人は熊のぬいぐるみのテディ。


太字の部分がヒントです^^

てか、答えは、ビデオを見ると分かるんですが^^;



子供のころ、海水パンツに着替えるとき、こういうのをよくやりました^^;


セリフも少なくて、仕草や表情で楽しめるので、おススメです。

他にも、たくさんアップされていました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006/10/13

有難う! 片岡篤史!!

2006年10月12日。
阪神タイガース公式サイト。スタメンに片岡の名前。

20061012_kataoka_01_1

試合終了まで片岡の名前は、スコアボードにあった。

20061012_kataoka_02_1


2003年、阪神が18年ぶりに優勝した「日刊ゲンダイ特別版」。
Kataoka_nikkangendai


2003年6月15日 甲子園で巨人相手にサヨナラヒット。

Kataoka_20030615_1


2003年9月15日。
片岡の同点ホームラン。片岡コールに手を挙げて応える。

Kataoka_20030915_1


そして、赤星の歓喜のサヨナラ!
八木、広澤、伊良部、沖原と片岡の面々。

20030915


華麗なる片岡のバッティング。

8_720
8_817
8_831


今シーズンの片岡のバッティング。

Kataoka01

そして、最後の打席で華麗に魅せた片岡のバット投げ。

20061012_kataoka

阪神タイガース公式サイトの掲示板で、元西宮っ子さんがアップされた引退セレモニーでの挨拶。
(元西宮っこさん、ありがとうございます)

■  片岡選手現役引退セレモニー&別れの挨拶 [元西宮っこ] さん 10月12日(木) 21時21分


花束贈呈

中日からは井上、福留、立浪選手、立浪選手とは抱き合って、そこから片岡選手

タイガースからは赤星、下柳、今岡選手

片岡選手のお子さん、二人、なかなか小さい方のお子さんがパパから離れようとしませんでした。

(片岡) 最初にこのような自分にこのような場を与えてくださった、阪神球団の皆様、岡田監督、コーチ、選手、そして中日球団の皆様、そして最後まで残ってくださった阪神ファンの皆様本当にありがとうございます。(深く一礼)

 日本ハムで10年、タイガースで5年、日本ハムでは土橋監督、大澤監督に使っていただき、野球人としての土台を作ることができました。

 タイガースに来てから思うような成績が残せず、何度も泣きながら・・・・・・球場を後にしたことがありました。高校時代に教わった気合いと根性を前面に出して闘ってきましたが、もう限界です。・・・・夢にみた甲子園で8歳から始まった自分の野球人生をこの夢の舞台で、そしてこれだけのファンの皆さんの前で終えることができた自分は幸せです。自分を生んでくれた両親、支えてくれた家族、そして素晴らしい先輩、素晴らしい友、素晴らしい人生を与えてくれた野球に感謝します。

 15年間本当にありがとうございました。


 スタンド全方向に向かって礼


 片岡コール


ベンチ前で全選手監督コーチと握手、

スタンド回りを回って挨拶

次に中日ドラゴンズの選手一人一人と握手

そしてタイガース選手、ドラゴンズ選手両方のチームの選手に片岡選手が胴上げされました。

***************************

片岡選手がタイムリーヒットを打った後、立浪選手が握手を求めて走り寄った姿、ああ、良いなぁ、男同士ってええなぁ、スポーツマンってええなぁと思いました。

思えば、いつもいつも試合前、ベンチに真っ先に姿が見えるのが片岡選手だったなぁと。

矢野選手涙で顔が真っ赤っかでした。

シモさん、多分、泣いたの初めて見たような気がする。

立浪選手、かなり涙でした。

 ドラゴンズの選手もタイガースの選手も両方のチームの選手に片岡選手が胴上げされたとき、ああ、甲子園だから・・・こんなことできるんやなぁとつくづくと思いました。

甲子園は、野球を目指した男の子にとって、最後の最後まで聖地。

そこにどのチームの選手だろうとバットとグローブとボールを持つ限り、どのプレイヤーにとっても等しく聖地なんだなぁと思った。

やっと・・・言える「ドラゴンズ優勝おめでとう」

今、札幌ドームでのヒルマン監督の胴上げ見ました。

なんか、こんな偶然ってあるやろか。偶然や・・・ないように思いました。

ヒルマン監督の涙って初めて見たような・・・

羨ましいけど、でも、日本ハムファイターズおめでとう!!

 片岡篤史選手、素晴らしい挨拶だった。

 タイガースに来てくれてありがとう。幕の引き方は立派でした。

 お疲れ様でした。そしてこれから大事なものを若手に教えていってください。



8_1013

ありがとう、片岡。

そして、今日の試合、最後まで片岡を使ってくれた岡田監督。
片岡に花を持たせてくれるような投球をしてくれた中日バッテリー。
ありがとうございました。


Kataoka_1

| | コメント (11) | トラックバック (2)

2006/10/10

抜き打ちテスト

秋の夜長。

遊びとでも、言いましょうか。

眠れない夜にどうぞ^^

抜き打ちテスト

(Wikiより)

ある先生は、学生に抜き打ちテストを行うために、次のことを公言した。

「来週の月曜日から金曜日のうち、いずれかの日に抜き打ちテストを行う。」 (抜き打ちテストだから、テストが行われる日は事前には予測できない。)

これを聞いた学生は次のように推論した。

まず、金曜日に抜き打ちテストがあると仮定する。 すると、月曜日から木曜日まで抜き打ちテストがないことになる。 そして、金曜の朝の時点で、今日が抜き打ちテストの日だと予測できてしまう。 これは、抜き打ちテストであるということに矛盾する。 よって、金曜日には抜き打ちテストがないことが分かる。

次に、木曜日に抜き打ちテストがあると仮定する。 すると、月曜日から水曜日まで抜き打ちテストがないことになる。 そして、木曜の朝の時点で、木曜日か金曜日に抜き打ちテストがあることになるが、金曜日には抜き打ちテストがないことが分かっているので、今日が抜き打ちテストの日だと予測できてしまう。 これは、抜き打ちテストであるということに矛盾する。 よって、木曜日には抜き打ちテストがないことが分かる。

同様に考えていくと、水曜日、火曜日、月曜日にも抜き打ちテストがないことが分かる。 したがって、先生は抜き打ちテストを行うことができない。

そして抜き打ちテストが発表された一週間が始まった。

学生の予想通り木曜まで抜き打ちテストはなかった。

しかし、金曜日になって先生が「では今から抜き打ちテストを行う。」と宣言したのである。

すかさず学生が反論した。

「抜き打ちテストは不可能です。昨日まで抜き打ちテストがなかった時点で、今日テストがあることは予測されます。このことは先生が公言した抜き打ちテストであることに反します。」

すると先生はこう言ったのである。

「君は今日抜き打ちテストが行われないと思っていた。ならば抜き打ちテストは成立しているじゃないか! 」

学生は「??? 」

面白い文章かな、と思ってアップしてみました^^;

先生と学生。どちらに軍配が上がるのでしょうか??

リンク先に、少し解説が載っています。


もうひとつ疑問として、もし、月曜に「抜き打ちテスト」があったとしたら?

同じように、火曜、水曜、木曜に「抜き打ちテスト」があったとしたら??


学生と先生は、どんなやり取りをするのでしょうか??



ちょっと、追加しました~^^;
上の記事とは、なんの関連もありません^^;

| | コメント (18) | トラックバック (1)

2006/10/09

朗報を待つ!

阪神ため息の延長10回 絶望的な黒星

阪神はここまでか。切れそうになっても何とか持ちこたえてきた逆転優勝への細い糸は、もう持ちそうにない。1-1の延長10回、久保田が連打を浴びて失点を重ねると、甲子園は「終戦ムード」のため息に包まれた。
中日が昼間の試合で勝っていた。負ければ優勝マジックは一気に「2」。絶対に星を落とせない岡田監督は、2試合連続で完投勝利中のエース井川に中4日でマウンドを託した。7回からは4日前に先発したばかりの安藤を救援に送り、8回途中から「JFK」を投入。その最後の「K」でつまずいた。

打線も毎回走者を出したが13残塁の拙攻で1点止まり。7回の同点に追いついてなおも1死二塁で、三飛に終わった主砲の金本が、珍しくバットとヘルメットを地面にたたきつけて悔しがった姿が、打線の閉塞(へいそく)感を象徴していた。
中日が9、10日の試合に連勝すれば、12日の最後の直接対決を待たずして優勝が決まる。「こっちは(その間試合が)ないし」とお手上げな表情の岡田監督。虎はどうすることもできなくなった。
(了)

[ 共同通信社 2006年10月8日 22:56 ]

まだ、ペナントは、
終わっていない

The Rolling Stones Sympathy for the Devil

朗報を待つ!

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006/10/04

うふふ~♪ 阪神、4対0で勝利!!!

阪神、勝ったぁ!!!

2006年10月3日(火) 対ヤクルト 20回戦 神宮

阪神 0 0 0 0 0 3 0 0 1 4 10 0
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0

ヤクルト打線をわずか3安打に抑えた井川の好投が光りました!

Igawa_20061003

ラジオで聞いた、井川のインタビュー。
張りのある声で生き生きとしていましたね。
あと6試合のうち、どの試合で登板するのか。
次の試合にも、大いに期待できるものと思います。

そして。

気になるセ・リーグの追加日程

セ・リーグは3日、雨天中止となり未発表だった3試合の追加日程を次の通り発表した。
▽10月12日(木)阪神-中日(18時・甲子園) ヤクルト-横浜(18時20分・神宮)
▽10月13日(金)ヤクルト-横浜(18時20分・神宮)
(了)

[ 共同通信社 2006年10月3日 15:55 ]


日(曜日) 対戦カード(結果) 開始時間 球場
1日(日) - 中止 vs. 中日 14:00 甲子園
3日(火) 4 - 0 結果 vs. ヤクルト 18:20 神宮
4日(水) -   vs. ヤクルト 18:20 神宮
5日(木) -   vs. ヤクルト 18:20 神宮
7日(土) -   vs. 巨人 18:00 甲子園
8日(日) -   vs. 巨人 18:00 甲子園
12日(木) -   vs. ドラ 18:00 甲子園
14日(土) -   vs. 広島 18:00 広島



とにかく、勝ち続けるしかない!!!

阪神、明日も頼むぞ!!!

| | コメント (151) | トラックバック (0)

2006/10/03

Grease

今日は、懐かしい映画音楽を^^






いやあ、懐かしいですねえ。

ジョン・トラボルタの歩き方や、くしを2本持って髪の毛をすかしたり、ジッポ・ライターの火がでかくなるようにオイルを多い目にいれたりしてる友人がいました。
ジョン・トラボルタは、このイメージが強すぎて、この前、ケーブルテレビでやっていた「Battlefield Earth」の悪役がジョン・トラボルタだと思いませんでした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/10/01

終わるには、まだ早い!

今日は、負けました。

タイトルが気にいりませんが、sports naviの記事。

阪神の前に「マサの壁」 ミスミス連勝ストップ

首位中日を2ゲーム差に追い上げた前夜の興奮がうそのように、ロッカールームに引き揚げていく阪神ナインの表情は沈んでいた。山本昌に屈辱のノーヒットノーランを喫した翌日から、阪神が積み重ねてきた白星は9つで止まった。
前夜の投手戦は中日がミスで落としたが、この日の福原とベテラン左腕の投げ合いは、逆に阪神側のミスが命取りとなった。岡田監督は「やられた感じはしない。5回も7回もつまらんミスからや。1、2点差で後半の勝負をしていたら…」と悔しさを通り越してうすら笑いを浮かべた。
5回の福留の勝ち越し二塁打は、福原が2死二塁から井端に与えたストレートの四球がきっかけ。1-2の7回に井端に浴びた致命的な2点中前打は、福原が先頭の谷繁を四球で歩かせ、矢野と福原のバント処理の失敗で無死満塁と傷口を広げた結果だった。
阪神が残り7試合を全勝しても、試合数が多い中日は7勝5敗で阪神の勝率を上回って優勝できる。連覇は極めて厳しくなったが、選手会長の赤星は言った。「中日が今から全部負ける可能性だってある」。そう考えて再び連勝の道に戻らないと、虎は完全に息絶えてしまう。
(了)

[ 共同通信社 2006年9月30日 18:51 ]

今日は、今日で、もうお終い。

少なくとも、流れが全てドラにいってしまったとは、思えないです。

明日には、明日の試合がある。



阪神よ!

よみがえれ!!!

終わるには、まだ早い!


| | コメント (41) | トラックバック (4)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »