« 抜き打ちテスト | トップページ | 一世を風靡したコメディ番組 »

2006/10/13

有難う! 片岡篤史!!

2006年10月12日。
阪神タイガース公式サイト。スタメンに片岡の名前。

20061012_kataoka_01_1

試合終了まで片岡の名前は、スコアボードにあった。

20061012_kataoka_02_1


2003年、阪神が18年ぶりに優勝した「日刊ゲンダイ特別版」。
Kataoka_nikkangendai


2003年6月15日 甲子園で巨人相手にサヨナラヒット。

Kataoka_20030615_1


2003年9月15日。
片岡の同点ホームラン。片岡コールに手を挙げて応える。

Kataoka_20030915_1


そして、赤星の歓喜のサヨナラ!
八木、広澤、伊良部、沖原と片岡の面々。

20030915


華麗なる片岡のバッティング。

8_720
8_817
8_831


今シーズンの片岡のバッティング。

Kataoka01

そして、最後の打席で華麗に魅せた片岡のバット投げ。

20061012_kataoka

阪神タイガース公式サイトの掲示板で、元西宮っ子さんがアップされた引退セレモニーでの挨拶。
(元西宮っこさん、ありがとうございます)

■  片岡選手現役引退セレモニー&別れの挨拶 [元西宮っこ] さん 10月12日(木) 21時21分


花束贈呈

中日からは井上、福留、立浪選手、立浪選手とは抱き合って、そこから片岡選手

タイガースからは赤星、下柳、今岡選手

片岡選手のお子さん、二人、なかなか小さい方のお子さんがパパから離れようとしませんでした。

(片岡) 最初にこのような自分にこのような場を与えてくださった、阪神球団の皆様、岡田監督、コーチ、選手、そして中日球団の皆様、そして最後まで残ってくださった阪神ファンの皆様本当にありがとうございます。(深く一礼)

 日本ハムで10年、タイガースで5年、日本ハムでは土橋監督、大澤監督に使っていただき、野球人としての土台を作ることができました。

 タイガースに来てから思うような成績が残せず、何度も泣きながら・・・・・・球場を後にしたことがありました。高校時代に教わった気合いと根性を前面に出して闘ってきましたが、もう限界です。・・・・夢にみた甲子園で8歳から始まった自分の野球人生をこの夢の舞台で、そしてこれだけのファンの皆さんの前で終えることができた自分は幸せです。自分を生んでくれた両親、支えてくれた家族、そして素晴らしい先輩、素晴らしい友、素晴らしい人生を与えてくれた野球に感謝します。

 15年間本当にありがとうございました。


 スタンド全方向に向かって礼


 片岡コール


ベンチ前で全選手監督コーチと握手、

スタンド回りを回って挨拶

次に中日ドラゴンズの選手一人一人と握手

そしてタイガース選手、ドラゴンズ選手両方のチームの選手に片岡選手が胴上げされました。

***************************

片岡選手がタイムリーヒットを打った後、立浪選手が握手を求めて走り寄った姿、ああ、良いなぁ、男同士ってええなぁ、スポーツマンってええなぁと思いました。

思えば、いつもいつも試合前、ベンチに真っ先に姿が見えるのが片岡選手だったなぁと。

矢野選手涙で顔が真っ赤っかでした。

シモさん、多分、泣いたの初めて見たような気がする。

立浪選手、かなり涙でした。

 ドラゴンズの選手もタイガースの選手も両方のチームの選手に片岡選手が胴上げされたとき、ああ、甲子園だから・・・こんなことできるんやなぁとつくづくと思いました。

甲子園は、野球を目指した男の子にとって、最後の最後まで聖地。

そこにどのチームの選手だろうとバットとグローブとボールを持つ限り、どのプレイヤーにとっても等しく聖地なんだなぁと思った。

やっと・・・言える「ドラゴンズ優勝おめでとう」

今、札幌ドームでのヒルマン監督の胴上げ見ました。

なんか、こんな偶然ってあるやろか。偶然や・・・ないように思いました。

ヒルマン監督の涙って初めて見たような・・・

羨ましいけど、でも、日本ハムファイターズおめでとう!!

 片岡篤史選手、素晴らしい挨拶だった。

 タイガースに来てくれてありがとう。幕の引き方は立派でした。

 お疲れ様でした。そしてこれから大事なものを若手に教えていってください。



8_1013

ありがとう、片岡。

そして、今日の試合、最後まで片岡を使ってくれた岡田監督。
片岡に花を持たせてくれるような投球をしてくれた中日バッテリー。
ありがとうございました。


Kataoka_1

|

« 抜き打ちテスト | トップページ | 一世を風靡したコメディ番組 »

阪神タイガース」カテゴリの記事

コメント


さびしいですね


投稿: SP | 2006/10/13 01:13

SPさん、おはようございます^^

とりあえず、スポーツ紙4紙(報知除く)、買ってきました~~^^

また、今日から、気持ちを切り替えていきましょう!

昨日は、記事をアップできませんでしたが、北海道日本ハムの優勝も、感動でした。

早く、日本シリーズ、見たいですね^^

投稿: 新猛虎道 | 2006/10/13 09:01


もこみちさん、おはよう~^^


お言葉に甘えて

片岡選手のこと

記事に書かせていただきました~^^

新庄選手のラスト甲子園

見たかったな~(涙)

投稿: SP | 2006/10/13 09:42

to SPさん

SPさんとこ、おじゃましてきました~^^

甲子園での新庄の姿が見れないのは、残念です。

新庄に対する札幌ドームのファンの熱さは、すでに甲子園を超えている。

そう思いました^^;

投稿: 新猛虎道 | 2006/10/13 12:56

関東ではテレビ中継もなく、夜のスポーツニュースも日ハムの優勝で、片岡選手のことはほとんど報道されず....。
でも、新猛虎道さんのおかげで、とってもよくわかりました。
ありがとうございます。

引退セレモニーでの挨拶、すごくいいですね。素晴らしい挨拶だと思います。
片岡選手はプレッシャーや怪我と戦い、タイガースでの5年間は満足のいくものではなかったかもしれませんが、私たちファンは彼のことを絶対に忘れません。
今はお疲れ様と言いたいと思います。

投稿: 梅太郎 | 2006/10/13 18:04

引退する時には

もっと応援しといたらよかったんやろなー

なんて事を、しみじみ思いますねー


投稿: バース党万歳 | 2006/10/14 10:42


もこみちさん、ありゃまさんのところ

片岡選手の動画

アップしてはるよ~~~^^

投稿: SP | 2006/10/14 12:35

ゲンダイの片岡、若いねぇ、そんなに前と違うのにね。

やっぱりだいぶん苦労したんやなぁ、片岡。

けど、もう悩むことはないぞ、片岡。

第2の人生は、笑いながら余裕でこなしていってくれよ~。

PS
新猛虎道さん、広報マンのSPさんが先に書いてますが、引退セレモニーの映像、アップしました・・(笑) 早いなぁ・・YOUTUBEよりもSPさんが・・。

投稿: ありゃま | 2006/10/14 13:15

to 梅太郎さん

片岡が登録抹消されたのをみて、本当に終わったと思いました。
寂しくなりますが、これからは、野球を改めて勉強して、指導者として戻ってきてほしいと思います。


to バース党さん

昨日の甲子園は、気のせいか、いつもより応援の声が全体的に少し“太い”ような気がしました。
シーズン中とは違うファンが多かったような気がしました。


to SPさん

お知らせ、ありがとうございます^^


to ありゃまさん

SKY-AやGAORAなどの解説者は、「片岡は、よく練習をしている」と言っていました。
聞き逃しそうな一言ですが、そういう片岡の姿勢が好きでした。

投稿: | 2006/10/14 23:38


【秋華賞】


3連複 6.550円

とれました〜^^

投稿: SP | 2006/10/15 15:58

to SPさん

おめでとうございま~す^^

うらやましいですぅ^^;


投稿: 新猛虎道 | 2006/10/15 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有難う! 片岡篤史!!:

» 10月12日(木) 【阪神-中日】(甲子園)○5-1《阪神7勝14敗1分け》 [阪神守護天使・今日のおちちゃん]
♢甲子園今季最終戦。さようなら、片岡選手!↑6番サードでスタメン出場。2安打、1打点。現役最後の打席はレフト・立浪の頭上を越えるツーベースヒット! 【勝ち投手】安藤(10勝3敗0S)  ←2年連続2ケタ勝利! 【負け投手】マルティネス(6勝9敗0S)  【本塁打】森野9号ソロ(中日)♢引退セレモニーで花束贈呈役の同級生・立浪とともに号泣。 「怖かった阪神ファンがこうやって見送ってくれて、本当に有難い」 ♦プレーオフ第2ステージ第2戦/日本ハム1x-0ソフトバンク         日本... [続きを読む]

受信: 2006/10/13 01:41

» 安藤10勝目!片岡の引退試合を白星で飾る! [トラファン日記]
{/baseball/} 今日は甲子園球場で今月10日に優勝を決めた中日と対戦! 阪神の先発は安藤、中日の先発はマルティネス。 阪神のスターティングメンバーは1番から5番までは不動ですが、6番に片岡が入り、7番に鳥谷、8番にキャッチャーの浅井が入りました。守備はセカンドに関本が入り、サードに片岡が入りました。一方の中日は3番にレフトの立浪、4番にセンターのアレックス、6番にファーストの新井、... [続きを読む]

受信: 2006/10/13 10:37

« 抜き打ちテスト | トップページ | 一世を風靡したコメディ番組 »