« 今年でチームを去る人たち(2006年10月末現在) | トップページ | The Faces キース・リチャーズと共演した日本人 »

2006/11/05

Booker T &The MG´s

Booker T &The MG´s

世界No.1バック・バンド=ブッカー・T.&ザ・MGズのキャリアは<STAX>レーベルのお抱えバンドとしてスタートした。
ここからリリースされた 600を裕に越える楽曲群のバックで演奏するうちに、彼らは今日のクラシック・ソウル・ミュージックのベーシックを築き上げたのである。
そのシンプルでストレートなギター捌きやムダのないドラミングは「(シッティン・オン・) ザ・ドック・オブ・ザ・ベイ」と永遠の名曲「グリーン・オニオン」などに如実に表れている。
71年に誕生した傑作『メルティング・ポット』を始め、70年代に出したレコードはアシッドジャズの20年ぐらい先をいく先鋭的な名盤揃いだ。
ドラマー=アル・ジャクソンの死を乗り越えて、ブッカー・T.ジョーンズ、スティーヴ・クロッパー、ドナルド・ダック・ダンの3人は、現在も威厳を損なうことなく並外れて精力的な活動を続けている。


Green Onion


サムアンドデイブの曲は、映画『Blues Brothers』でもチラッと出てきます。

Sam & Dave HOLD ON, I´M COMIN´


オーティス・レディングは、僕が初めて買ったソウル、リズムアンドブルースのレコード。ローリング・ストーンズのメンバーが、自分達の「サティスファクションよりも、いい!!!」といっていたと、何かで読んだことがあります。

Otis Redding Satisfaction


「トライ・ア・リトル・テンダネス」は、学生時代にコピーでやりました。

Otis Redding  Try a little tenderness


そして、オーティス・レディングといえば、「ドック・オブ・ザ・ベイ」。
このビデオは、飛行機の事故でオーティス・レディングがこの世を去ってから、弔意を込めて作られたものだと思われます。この頃は、前のトライ・ア・リトル・テンダネス」とは違い、歌い方がソフトになりました。
オーティス・レディングは、喉を痛め、前の2曲のような力強いボーカルから、聴かせるボーカルに自然となったと言われています。

Otis Redding Sitting On The Dock Of Bay


なんで、いいミュージシャンは、
早く死んでしまうのかにゃ~

|

« 今年でチームを去る人たち(2006年10月末現在) | トップページ | The Faces キース・リチャーズと共演した日本人 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

おお、MG´s!
スタックスってfuckin'最高ですよね
バーケイズにルーファス・トーマスにアルバート・キングに・・・
みんな死んでしまいましたなぁ・・・
あ、サムが来日するらしいですね


投稿: ochichan | 2006/11/05 01:22

to ochichan

こんばんは。
実は、自分が見聞きした、うろ覚えのことしか、書いてませんので、メチャ、恥ずかしいです(^^;

>バーケイズにルーファス・トーマスにアルバート・キングに

アルバート・キングは、いろんなブルース・ミュージシャンが入ったCDでちょこっと聴いたことがありますが、バーケイズとルーファス・トーマスは、知らなかったりします^^;

もっともっと、ルーツをさかのぼっていきたいですぅ^^;

投稿: 新猛虎道 | 2006/11/05 01:39

A・キングは一番好き!といってもいいくらい大好きなんです
あの声、あのギター・・・なにもかもが最高です
MG´s→バーケイズがスタックス時代、彼のバックバンドでした
(アルバムのプロデュースはだいたいダック・ダンです)
バーケイズは飛行機事故でメンバーが全員死にまして・・・
代表曲はブルースブラザースもやっている「ソウル・フィンガー」です

ルーファスは割と最近亡くなりました。大往生です。
日比谷野音のブルースカーニバルに、一度だけライブを観に行きました

投稿: ochichan | 2006/11/05 01:57

すごいね、ブルース。よく判らんですが、知ってる曲も何曲かありますねぇ。オーチスレディングくらいかなぁ、アーティストで知ってるのは。

おちちゃんはこういうのめちゃ詳しいですね。

飛行機事故でメンバー全員亡くなったって言えば、思い出すのは「チェイス」ですわぁ。わし。

チェイスといえば黒い炎がむちゃくちゃメジャーで、いろんな所で演奏されてますが、YOUTUBEにあったのはこんなんしか無かったです。
http://www.youtube.com/watch?v=FWuwND4a94Y

投稿: ありゃま | 2006/11/05 13:58


ちょっと、ちょっと〜〜

誰の芸風、真似してるんですか〜〜??^^

「グリーン・オニオン」 聞いたことありました

HOLD ON, I´M COMIN´ も、なんか、知ってましたね


なんといっても、Sitting On The Dock Of Bay

有名すぎです^^

でも、たいていそうなのですが

聞いたことはあるけど

どんな人が演奏しているのかまでは

知りません

この年代のYouTubeが、いつまでも 残っていますように☆

そう願っています^^

投稿: SP | 2006/11/05 23:26

to ochichan

A・キング、深く聴きたくなってきました。
バーケイズは、昨日の晩にここで聴いていました(^^;
The Bar-Kays - Soul Finger
http://www.youtube.com/watch?v=ittUqr0GduY
なんかファンキーな感じを受けましたねぇ^^

ブルースは、いいですねえ。
とくに、ライブのビデオをYoutubeで見ると、顔が自然とニヤけてきます(^^

投稿: 新猛虎道 | 2006/11/05 23:37

to ありゃまさん

リンク先、見ましたぁ^^
チェイスって、僕、初めてでした。

リンク先は、ブラスバンドの演奏なので、今度、いろいろ調べて聴いてみます。

それと、フェイセズ、めちゃ良かったです!
昨日は、バーケイズのほかに、フェイセズのビデオを発見しました。
テツさんがベースをしているビデオがあって、感激しました!

投稿: 新猛虎道 | 2006/11/05 23:42

to SPさん

お帰りなさい^^

うわぁー、叱られてもたぁ(^^;

普通、そうですよ。
このMG'sも、たくさんのボーカルのバックバンドですから、ボーカルが注目されますからね^^

ほんと、見たくても、日本では、なかなか見れない動画は、Youtubeに残しておいてほしいです。

投稿: 新猛虎道 | 2006/11/06 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Booker T &The MG´s:

« 今年でチームを去る人たち(2006年10月末現在) | トップページ | The Faces キース・リチャーズと共演した日本人 »