« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/05

劇的!? ビフォーアフター

小笠原が巨人入り ひげそって会見臨む

 巨人は4日、日本ハムからフリーエージェント(FA)宣言した小笠原道大内野手(33)の入団を発表した。4年契約で、来季は年俸3億8000万円に出来高が付く。背番号は本人の希望で日本ハム時代と同じ「2」に決まった。
 同内野手はこの日の入団会見に備え、巨人では好ましくないとされるひげをそった。トレードマークをなくすことで新天地に懸ける決意を示し「ゼロからのスタート。男のけじめとしてきれいにした。最後まであきらめない、最高のプレーをお見せしたい」と話した。
 原監督は、正三塁手に据え、中軸を任せると明言。「言葉は多くないが、プレーに息遣いを感じる選手。先頭に立って戦ってくれると信じている」と期待を寄せた。
 小笠原はNTT関東から1997年にドラフト3位で日本ハム入り。2002年から2年連続で首位打者を獲得。今季は32本塁打と100打点で2冠となり、最優秀選手に輝いた。通算打率は歴代2位(4000打数以上)の3割1分9厘7毛。
 今季、背番号2の小坂は6に変更となった。(金額は推定)
(了)

[ 共同通信社 2006年12月4日 19:03 ]


ヒゲあり
Before


ヒゲなし
After



誰や、コイツは???





上の方が、さわやかに見えるんやけどねえ・・・

| | コメント (24) | トラックバック (1)

2006/12/04

ギター遍歴

最近、楽器メーカーのサイトを見るようになりました。

僕が触ったことのある楽器は、ギター、ピアノ、ベース、ドラムぐらいですが、メーカーのサイトを見ていると、やはり欲しくなってきます。


初めて買ったギターは、2万7千円ぐらいのもので、無名メーカーでしたが、フェンダーのストラトキャスターのような形をしたものでした。
フェンダーのサイトでよく似たのを探してみたら、これでした。
Stratocaster
(実は、このギターは、エリック・クラプトンのモデルで、\234,000)


次に手に入れたのが、フェンダー・ジャパンのテレキャスターでした。
日本製で、約45,000円程度のものです。
Telecaster
(このテレキャスターは、アメリカ製で248,000円)


次は、今でも手元にある、Grecoのギター。
一見すると、Gibsonのレスポール・カスタムのように見えます。
Guitar
(これは、ライブの時の写真です。なんか弾いてます(^^;)


ストラトキャスターやテレキャスターは、軽いのですが、このレスポールタイプのギターは、結構重い。

グレコのギターは、約40,000円程度。
今では、いくつか部品が壊れ、ホコリをかぶってます。
他のギターは、友人に譲ったりしましたが、このギターだけは、手放す気になりません。


とはいえ、やっぱり本物が欲しい。

そう思ってGibson USAのサイトを見ていたら、面白いのを見つけました。

レス・ポールをカスタマイズして遊べるGibson Customというサイト。


自分がほしいレス・ポールを、早速、作ってみたところ、こんな風になりました。

Custom_gibson_1


フェンダーのギターもいいけど、やっぱりこのフォルムは、美しいなあ、と思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »