« 頑張れよ! 喜田!! | トップページ | かみ付き女 »

2007/05/22

この投球フォーム。なんか変!?

今日からパ・リーグとの交流戦が始まり、ソフトバンク相手に阪神は、1対2で負けました。
いつもお世話になっている共同通信の記事。
句読点をいれても、たった105字しかありません(悲)

ソフトB、逃げ切る ソ2-神1

ソフトバンクが逃げ切った。(13字)
2回に森本の適時二塁打で先制し、7回には本多の適時打で2点目。(31字)
8回途中まで無失点の杉内は5連勝で7勝目を挙げた。(25字)
阪神は9回に金本のソロで追い上げたものの一歩届かず、連勝は3で止まった。(36字)

[ 共同通信社 2007年5月22日 20:59 ]

しかし、9回表、金本が馬原から打ったHRは、すごかったなぁ。
明日のリベンジに期待しましょう。

井川 手応えのマイナー初登板

不調でマイナーに降格したヤンキース・井川慶投手(27)が19日(日本時間20日)、傘下1Aタンパの試合に先発し、4回3安打2失点(自責点0)だった。

15日ぶりの実戦マウンド。立ち上がりは、上げた右足を降ろす位置と、左手の一連の動きに注意した新しいフォームで投げた。
ただ、最速で134キロ。1回18球を投げ終え、首をかしげる井川に、パターソン巡回コーチが「4割変えてきたものを、2割に減らす。それでも右足を上げた時に上体が反る点などは直してほしい」と指示した。

新フォームには「いいところも、修正できていないところもあった」と反省しながら、「球の勢いはなかったけど、低めにいけばゴロで打ち取れることが分かった」と手応えも口にした。

メジャーで先発したラズナーが骨折し、緊急昇格の可能性もあったが、井川本人は「コーチとは(試合後も)フォームの話をしたんで、それはないと思います」と、さらにタンパに残留する。一歩ずつ前進していくつもりだ。

Igawa_kei


新しいフォームって、これなんでしょうか?
こんなんで、ええんかなぁ?
向こうのコーチの指導は、大丈夫なんかな?

なんか、井川のようで、井川でないような・・・。

|

« 頑張れよ! 喜田!! | トップページ | かみ付き女 »

阪神タイガース」カテゴリの記事

コメント

イガワノヨウデイガワデナイ・・・べんべん

イガーノヨウデイガーデナイ・・・べんべん

ソレハナニカトタズネタラ・・・・

あ、Eger、あ、Eger・・・いいじゃ あ~りませんか社長さん♪
(ナンノコッチャ(笑))

とりあえず・・・・頑張れ~。

投稿: ありゃま | 2007/05/23 00:41

え、えへん。

で、井川投手ですが
「ひとをなめとんのかこのぉ」というようなフォームだとSNSで言われていました。
自分のやりたいことを、やりたいようにやるために
メジャーに行きたかったんじゃないのかな、と疑問。
髪を切り、ニコニコ記者にたっぷり答え、フォーム改造もする。
そーかー阪神がそんなに嫌だったんかーと
深深深読みしたくなりますよ。

ところでありゃまさん、↑これのオリジナルはどなたでしょう?
私は小学生のころ「鉛筆の芯が10本入った筆記用具」のCMで
♪一本のようで一本でない べんべん
♪十本のようで十本でない べんべん
それは何かと尋ねたら あ テンシル テンシル テンテン
と、聞いて覚えていますが。

投稿: 老婆心 | 2007/05/23 09:24


投球フォームって そんなに簡単に

身に付くものなのでしょうか??

それでなくても、不器用な井川ちゃんなのに(^_^;

頑固に自分のスタイルを

貫き通してほしいなぁ〜

投稿: SP | 2007/05/23 18:22

to ありゃまさん
えーと・・・
なんと返事しようか15分ぐらい考えましたが・・・

すんません。
やっぱり、どう反応したらええのか、わかりましぇーん(^^;


to 老婆心さん
ゴ、ゴホン。
なるほどぉ、そういう深読みもあるんですねぇ
でも、井川は、阪神がイヤと思っていないと思いますよ。
阪神よりも、大リーグでプレーすることに魅力があったんでしょうね。
まあ、それはそれで、受け止め方によっては、人それぞれですが(^^;
井川本来の投球ができれば、十分活躍できると考えてますので、まあ、あたたかく見守ってあげましょう。
しかし、井川への指導が破壊にならないかが、心配です。


to SPさん
投球フォームなんて、そんな簡単には修正できません。
上体が反るから、フォームを変えるという方針は、納得しづらいところがあります。

球に勢いのない、軟投派の井川なんて、井川じゃないと思いませんか?

投稿: 新猛虎道 | 2007/05/24 22:49

老婆心さんへ(新猛虎道さんごめん)

これはですねぇ、むかぁ~し、まだ小染が生きてた頃、明石屋さんまがまだデビューする前、関西でヤングオーオーっていう公開録画番組をやってたんですよ。 司会が笑福亭仁鶴と桂三枝やったかな?

これに出てた 月亭八方、桂きん枝、桂文珍、林家小染の四人で、ザ・パンダっていうグループを当時結成してたんですよね。

その時の持ちネタやったと思う。

ちなみに ヤングおーおー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%8A%E3%83%BC!%E3%81%8A%E3%83%BC!

投稿: ありゃま | 2007/05/24 23:06


今朝、おは朝で井川ちゃんの独占インタビューやってました

本人曰く、メジャー流の調整方法が

合わなかったそうです(走り込み&投げ込みできない)

あと、いつも見てくれてたコーチ(久保さん&中西さん)

がいないので 修正できないし、

ひとりぼっちなのだ とも・・・

でも、自分を信じて、自分が がんばるしかないですよね


記事には関係ないのですが

もこみちさんは、鳥谷くんの1番 & あの変なバッティングフォーム

どう思わはりますか??

是非、お聞かせください^^

投稿: SP | 2007/05/25 15:21

to ありゃまさん
この曲は、おもろいですよね。
知ってましたが、歴史までは、知りませんでした(^^;
林家小染って、なつかしいです。

to SPさん
久保コーチや中西コーチのような、ええ時の井川のピッチングを分かっている人がヤンキースにいないのかもしれません。
確かに、自分でがんばるしかありませんが、投球フォームをひとりで調整していくは、結構しんどいかもしれませんね。
メジャーのコーチは、選手の指導をどういうふうにやってんのかなぁ?
走り込みはともかく、投げ込みができないと、かなり戸惑いそうですね。
メジャーのピッチャーは、どうやって肩を作ってるんやろ?

投稿: 新猛虎道 | 2007/05/26 02:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この投球フォーム。なんか変!?:

« 頑張れよ! 喜田!! | トップページ | かみ付き女 »