2006/07/15

このからくりは、どうなってんの!?

欽ちゃんの仮装大賞







ドッキリテレビ?



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/24

食中毒にご用心

この季節、食中毒には、注意しましょう。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006/03/09

東京五輪の招致

<都議会>16年夏季五輪招致決議を可決 全会一致ならず

 東京都議会は8日の本会議で、2016年夏季五輪の東京招致を求める決議を賛成多数で可決した。1964年の東京五輪に向けた52年の決議は全会一致だったが、今回は自民、公明が賛成する一方、共産などが「都財政への影響」などを理由に反対した。民主からも2人の退席者が出た。
 決議は「再び東京で五輪を開催することは、平和を希求する意思を世界にアピールするとともに、環境にやさしく豊かで安全な成熟した都市東京を実現する契機となる」と訴えている。
 共産は「大型開発が都民と都財政に深刻な影響を及ぼす」と反対を表明。賛成の民主も「財政的な見通しを示すべきだ」と条件を付けた。本会議終了後、石原慎太郎知事は「今の段階で100%の設計図はできない。反対の人たちとも議論を重ねたい」と述べた。
 招致にあたり都は、都心10キロ圏内に競技施設の8割以上を配置する「世界一コンパクトな大会」の構想を練る。神宮外苑にメーンスタジアム▽臨海副都心に選手村▽築地市場(中央区)移転後の跡地にメディアセンターを設置する案が有力だ。
 今後、4月28日までに、日本オリンピック委員会(JOC)に立候補意思表明書と招致決議書を提出する。福岡市も名乗りを上げており、同市議会は昨年9月、賛成多数で招致決議を可決している。【大槻英二】
(毎日新聞) - 3月8日22時56分更新


全会一致とか、賛成多数とかよりも、

大阪のときも、今回の東京でも思っていることなんですが、

正直、自分がスポーツ選手だったら、東京や大阪の都心のような空気の汚いところで、

スポーツなんかしたくないなー。

光化学スモッグが出たり、ヒートアイランド現象の異常なクソ暑いさなか、

排気ガスが蔓延した都心でトレーニングをしたり、競技する。

マラソンなんて、思い切り都心の空気を吸い込むわけですが、

考えただけで、病気になりそうです。

以前、皇居の周りを、グルグル、ジョギングしている人がいましたが、

その横でタクシーやバス、トラックが渋滞してました。

余計なお世話かもしれませんが、

その光景を見て、皇居の周りをジョギングすることは、

本当に健康になるのかな、と考え込みました。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/02

必勝

bikini01

必 勝



















bikini03

必 勝!

 



g-string-bikini-heart





g-string-bikini-5








必 勝!!









bikini02













必 勝!!!



SPsan















必 勝!!!!!!!















































SPさん、お借りしました^^

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/02/21

嫁さんを殴るだんな

つい先ほど、家の前でやっていた若い夫婦喧嘩を止めにいってきました。
夫婦喧嘩というよりも、だんなが嫁さんに一方的に殴る蹴るの暴行を加えていたので、我慢できずに止めに入ったのでした。

最初は、夫婦喧嘩とは思いませんでした。外で自転車が倒れる音がしたあと、男のどなり声が聞こえ、「ガキのクセしてなめとんのか!」と言っていました。

道路を挟んだ向かい側の歩道は、180センチほどの幅があります。せまくはないのですが、夜中になると酔っ払いが大声で叫んだりすることもあり、自転車で通りがかった若者と酔っ払いが接触したのかと思いました。

「また、喧嘩か」と思い、窓から見ていると、若い男が女性を殴り、膝蹴りを入れています。

いてもたっても居られなくなり、止めにいかなければと思いました。

ただ急に近づくのはマズイと思い、玄関のドアを開けて様子を見ていました。
若い男は、ちょっとヤンキー系でした。
こちらに気がついたのか、男が「なに、見とんねん!」と怒鳴りました。

僕は、ゆっくり二人の方に近づき、できるだけ落ち着いた声で「怪我したら、あかんやろ。やめときいや」と静かに言いました。
すると、男は「おれら、夫婦や! この近くに住んどるんや! 寝てるとこ、迷惑かけてごめんな」と、さも苛立った様子で言ってきました。

にわかには信じられなかったのですが、様子を見ていると、どうやら本当に夫婦のようでした。
ヤンキー系の男は、「人に迷惑かけてるやろ! さっさと家に帰ってこんかい!」と怒鳴り、女性の髪をつかんで引き連れていこうとします。
すると、女性は「帰りたくない」と反抗すると、男は、「お前、なめとんのか!」といって、また女性を殴り、膝蹴りを入れていました。

あまりの暴力に体を割って止めにかかろうとしましたが、なんとか気持ちを抑え、ゆっくりと男に近寄り、「怪我したら、どうすんねん。やめとけって」と最初と同じようにできるだけ抑えた声でその男に向かって言いました。

すると、男は「おれら、夫婦や! お前、関係ないやろ!」といって、睨みながら顔を近づけてきました。

僕が「そうや、関係ないけどな。関係ないけど、怪我したらどうすんねん。あぶないやろ」と言うと、男は「警察呼ぶんやったら、呼べや!」と言い返します。

警察沙汰になって、一番困るのが誰なのか、その男はわかっていないと考え、「警察なんか、呼ぶ気ないから。それより怪我したら、どうすんのや」とその男に言いました。

その後は、男が女性を殴ったり、お腹を蹴ったりする度に、僕は同じことを言い、男も同じことを言っていました。

女性は、本当に帰りたくないのか、ダダをこねているのか、わかりませんでした。
ただ、しょっちゅう男に殴られているようなことを少し口走っていたようです。

女性が何かをしゃべると、男は、また殴り始めます。しまいには、羽交い絞めにして女性をアスファルトにねじ伏せようとし始めました。

僕は、あわてて「やめとけって。ほんまに怪我したら、どうすんねん。あぶないから、やめとけって」と言いました。

男が「警察呼ぶんやったら、警察呼べや!」と言いました。

僕が「ほんまに呼んでええんか」というと「おう、呼べや!」と男が言いました。

その時、僕は、携帯電話を持っていませんでした。

これ以上殴ったり蹴ったりしてると、女性が本当に怪我をしてしまうと思いました。

周りのマンションの窓を見上げながら、大声で「誰か、警察呼んでくれ!!!」と叫びました。

男は「やっぱり警察呼ぶんかい。お前、関係ないやろ」と今度は、こっちに向かってきました。

僕は「怪我したら、あぶないやろ」を繰り返しました。

それから、男は警察が来ると感じたのでしょう。女性も警察に来られては困ると考えたのか、「帰る」と言いだしました。

男は、「迷惑かけて、ごめんな」と言い、女性も渋々転がっていた自転車を起こして、帰り始めました。

僕は、自分の家に戻り、様子を見ていました。途中、男が自転車を蹴飛ばしたりして、苛立っていましたが、どうやら家に帰りそうな雰囲気でした。

しばらくすると、サイレンが聞こえはじめ、2台のパトカーがやってきました。誰かが、警察を呼んでくれたのでした。

パトカーは、夫婦が喧嘩していたところに止まりましたが、僕は出て行きませんでした。

自分の家に戻って、ようやく落ち着いてから、あの夫婦が家に帰ってどうなるのか、気になりだしました。

あの女性は、助けてほしいと思っていたのでしょうか。

女性が殴られないように助けるために、力づくで止めに入ればよかったのでしょうか。

それとも警察が来るまで、その場に夫婦を引き止めておけばよかったのでしょうか。

二人がなぜ喧嘩することになったのか、その理由も知らずに・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/02/14

動物学のススメ

panda01












なるほどー


panda02


























正面から見ると、なかなかの迫力!

pig01













へえーーーー

tigers01













むむっ!

tigers02















やはり、終わってからのフォローが大切なようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)