2007/10/23

「堂入り」満行

比叡山の荒行「千日回峰」、星野圓道師が「堂入り」達成
(2007年10月21日20時7分  読売新聞)
 比叡山の荒行「千日回峰」のうち、山中の明王堂(みょうおうどう)(大津市)に9日間籠(こ)もる「堂入り」に挑んでいた延暦寺大乗院住職、星野圓道(えんどう)師(32)が21日未明、満行した。

 達成は6年ぶり、戦後12人目。

 

星野師は13日午後から、食事や水を断ち、不眠不休で不動真言を10万回唱え続けた。21日午前2時56分、星野師が両脇を支えられ、堂内からゆっくりとした足どりで姿を現すと、待ちわびた約600人の信者らは、手を合わせて真言を唱和した。

 

「堂入り」は、千日回峰700日終了後の行で、最難関の苦行とされる。満行した行者は生身の不動明王とされ、「当行満阿闍梨(とうぎょうまんあじゃり)」と称される。

Doiri_mangyo_2
[写真①:付き添いの僧に両脇を抱えられ堂を出る星野師(大津市の明王堂で)=代表撮影]

Doiri_mangyo_02 [写真②:難行の「堂入り」を終え、比叡山中の明王堂を出る星野円道さん(中央)Photo By 代表撮影]


(「堂入り」時の記事)

比叡山・千日回峰行で最難関の「堂入り」に 星野圓道師

2007年10月13日 朝日新聞

 比叡山の峰などを1千日間にわたって巡る荒行、千日回峰行を続けている延暦寺の大乗院住職、星野圓道(えんどう)師(32)が13日午後1時、大津市坂本本町の無動寺谷明王堂で最大の難関といわれる「堂入り」の行に入った。21日までの9日間、堂にこもり、断食、断水、不眠、不臥(が)で、不動明王の真言を10万回唱える。堂入りする行者は6年ぶりで戦後12人目。満行すれば「当行満阿闍梨(とうぎょうまんあじゃり)」と称され、生身の不動明王とされる。

写真「堂入り」の行に入る星野圓道師=13日午後1時、大津市の比叡山で(無動寺谷堂入り事務局提供)

 星野師は東京都生まれで、03年3月に千日回峰行に入った。1日に約300カ所を礼拝しながら約30キロ歩く修行をこれまでに700日終えた。堂入りを満行した後は、1日当たりの歩行距離がさらに長くなり、09年に1千日に到達する予定という。

Doiri
[写真:「堂入り」の行に入る星野圓道師=13日午後1時、大津市の比叡山で(無動寺谷堂入り事務局提供)」


千日回峰行

 千日回峰行は、十二年籠山行を終え、百日回峰行を終えた者の中から選ばれたものだけに許される行である。
 行者は途中で行を続けられなくなったときは自害する決まりで、そのために首をつるための紐と短刀を常時携行する。
 頭にはまだ開いていない蓮の華をかたどった笠をかぶり、白装束をまとい、草鞋ばきといういでたちである。回峰行は七年間にわたる行である。

 無動寺谷で勤行のあと、深夜二時に出発。真言を唱えながら東塔、西塔、横川、日吉大社と二百六十箇所で礼拝しながら、約30キロを平均6時間で巡拝する。

 700日目の回峰を終えた日から堂入りが行なわれる。無動寺谷明王堂で足かけ九日間(丸七日半ほど)にわたる断食断水断眠の行に入る。
 入堂前に行者は生き葬式を行ない、不動明王の真言を唱え続ける。

 

出堂すると、行者は生身の不動明王ともいわれる大阿闍梨(だいあじゃり)となり、信者達の合掌で迎えられる。

 

これを機に行者は自分のための自利行(じりぎょう)から、衆生救済の化他行(けたぎょう)に入り、これまでの行程に京都の赤山禅院への往復が加わり、1日約60キロの行程を100日続ける。
 7年目は200日ではじめの100日は全行程84キロにおよぶ京都大回りで、後半100日は比叡山中30キロの行程に戻り、千日を満行する。

 

この行を終えた行者は延暦寺の記録では47人である。
 またこの行を2回終えた者が3人おり、その中には現存の酒井雄哉大阿闍梨も含まれる。

 なお、千日回峰行を終えた者は京都御所への参内が許されるが、その際は土足のまま参内する。
 通常京都御所内は土足厳禁であるが、千日回峰行を終えた者のみ、御所へ土足のまま参内できる。




少し遅くなりましたが、「堂入り」の時から、注目していた話題です。

インターネットや携帯電話、さらに再生医療も現実のものになろうとしている21世紀。

この現代社会で、「荒行中の荒行」と言われる最難関の修行に突き進むところが、すごいと素で敬服してしまいます。

下々の感覚からすると、自殺行為とも言えそうな修行。
いやあ、無事達成されて、本当に良かったです。

お堂から出てくる現場に居合わせたりすると、信者でなくても手を合わせてしまいそうです。

もうひとつ、下々の人間から言わせてもらうと、ネットもなく、携帯も手元にない状態。

私も含めて、耐え切れない人がウジャウジャいてます。

そこで浮かんだ疑問。








人間とは、なんぞや。





| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007/09/06

Pavarotti - Nessun Dorma

3大テノールのパバロッティさん死去  9月6日13時57分配信 産経新聞

 AP通信によると、3大テノールとして知られるイタリアのオペラ歌手、ルチアーノ・パバロッティさんが6日、死去した。71歳だった。パバロッティさんのマネージャーの話として伝えた。
 パバロッティさんは2006年7月に、がんの手術をニューヨークの病院で受け退院。昨年、すい臓がんと診断されて7月に膵臓を摘出。手術は成功したが、その後発熱などの症状で再入院となり、8月末に退院してイタリア北部モデナの自宅で療養していた。
 パバロッティさんは1935年、イタリアのモデナ生まれ。オペラ好きの父の影響を受け、幼少期を教会などで歌って過ごしたのち、61年にレッジョ・エミーリアのコンクールで1位を獲得しデビュー。その後はウィーン国立歌劇場、コヴェントガーデン王立歌劇場、ミラノ・スカラ座などに次々と出演した。
 ドミンゴ、カレーラスと並ぶ「3大テノール」の実力に加え、イタリア人らしい茶目っ気あるステージは人気が高く、アリーナ・コンサートでも数万人の聴衆を集めた。また2002年には横浜市で開かれた日韓共催サッカー・ワールドカップ(W杯)記念コンサートに共演、06年のトリノ冬季五輪開会式では「トゥーランドット」のアリア「誰も寝てはならぬ」を熱唱した。


| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007/05/08

アートな酒池肉林?

メキシコで1万8000人が集団ヌード撮影(asahi.com)

[メキシコ市 6日 ロイター] 米国の写真家スペンサー・チューニック氏が6日、当地のソカロ広場で1万8000人の集団ヌード撮影を行った。集団ヌード撮影で有名な同氏は2003年にも、スペインのバルセロナで7000人のヌード撮影を行っている。今回の撮影は、それを大きく上回る過去最大規模となった。

撮影にボーイフレンドと一緒に参加した30歳の女性大学教授は「もはや我々の社会がそれほど保守的でないことをイベントは証明した。われわれはタブーから自分自身を解き放ちつつある」と語った。

Asahi_mexico_nude

asahi.comの写真では、どこがヌードなのか、よくわからん(怒)

なので、アメリカのYahooで探してみました。

Mexico_nude_01

Mexico_nude_02

Mexico_nude_03

Mexico_nude_04

Mexico_nude_05

Mexico_nude_06

Mexico_nude_07

Mexico_nude_08

Mexico_nude_09

Mexico_nude_10

Mexico_nude_11

Mexico_nude_12

ということで、目をこらしてみても、肝心なところは、よく見えません(^^;

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006/07/06

だまされてみますか?

日本語で解説があるところを見ると、これを作ったのは日本人でしょうか。

ドラゴンの人形。

右から見ても、左から見ても、上から見ても、下から見ても、こちらを睨んでいます。

最後は、これです。

単なるギャグですが^^;

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/04/23

在阪オーケストラの統合

Asahi_20060404

少し乗り遅れ気味ですが、関経連の秋山会長が在阪オーケストラ統合の「提言」とやらをしたそうです。

昨日、投稿された方のコメントで、いろいろ調べてみたところ、この「提言」は、いろいろなブログで取り上げられていました。

在阪オーケストラの各楽団がどのような演奏をしていたのかを知らないのですが、ブログで言われていたことを自分なりに考えてみると、こういうことなのかもしれません。

ローリングストーンズ、レッド・ゼッペリン、ディープパープル、キング・クリムゾン。これらの4つのバンドに対して、統合しなさい、と。


関経連の秋山会長は、これに等しい感覚の持ち主なのかもしれません。


毎日新聞に載っていたオーケストラ統合提言に対するオピニオン

| | コメント (15) | トラックバック (1)

2006/04/15

上方浮世絵

もう1年以上前のことですが、『上方浮世絵の世界』という本を買って、斜め読みしました。

浮世絵は、日本の文化として今でも国内で注目されています。
僕も、春画から興味を持ちましたが、その多くは江戸浮世絵です。
そんななかで「上方浮世絵」という響きに新鮮さを感じてこの本を買ってみました。

上方浮世絵は、Osaka Printsと呼ばれて海外でも注目されているそうです。
(ちなみに、googleで、osaka printsを検索すると45万件以上ヒットします)

上方浮世絵の特徴は、役者絵が中心で、女形の役者を美化せずに写実的に描くところだそうです。

昨年、大阪歴史博物館で「日英交流 大坂歌舞伎展 -上方役者絵と都市文化-」が開かれました。
この展示は、the British Museum(大英博物館)でも、「Kabuki heros on the Osaka stage」として開催されたようです。

0005

これは、江戸時代の上方浮世絵師、長谷川貞信が描いた、にわか花魁の図。大坂歌舞伎展で販売されていた図録に掲載されていたものです。

吉原の花魁に扮して、豪華な衣装で「にわか」を演じているのは、大坂の町人の「男性」。
役者絵ではありませんが、女装した男性として写実的に描いているところがよくわかります。

上方浮世絵には、長谷川貞信のほかに、流光斎や松光斎、芦国、北洲、芦ゆき、よし国がおり、時代を遡れば、西川祐信、大岡春ト、耳鳥斎や翠釜亭などがいます。

『上方浮世絵の世界』の中には、五代目長谷川貞信さんと著者の対談があります。

この五代目は、江戸時代から父子相伝で受け継がれている方で、なんと女性であり、今も日本画を描いているようなのです。

昨年、歌舞伎役者の中村鴈治郎が230年ぶりに、上方歌舞伎の祖といわれる四代目坂田藤十郎を襲名しました。

今も大阪(上方)には、長谷川貞信という浮世絵師がいるのであれば、襲名の模様や坂田藤十郎としての役者姿を浮世絵として残しておいてもよかったのでは、と思いました。



■今日の阪神タイガース

7対0でタイガースが勝利(^^)

◇井川、通算1000奪三振を達成!
◇初回に5連打で3点。4回にシーツが3ラン、6回に金本がタイムリー!!!

ヒーローインタビューで場内に音声が流れなかった時の阪神ファンの怒号は、すごかったー

そらそうよ。その場にいてたら僕も怒鳴り散らしとったやろなー^^;


| | コメント (7) | トラックバック (0)